皮質運動中枢

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 大脳皮質運動中枢の交錯性配列に関する研究
  • 中西 格一
  • 岡山医学会雑誌 67(2), ????, 1955-02
  • After removing the parts of each motor area of fore-limb, hind-limb, both areas of them and mixed area of both-limbs, the degeneration of the nerve fibres was pursued by Marchi staining. There were fo …
  • NAID 120002770290
  • 大脳皮質運動中枢配列に関する組織学的研究
  • 柳川 多喜男
  • 日本外科学会雑誌 54(10), 870-878, 1954-01
  • NAID 40018261440

関連リンク

[編集] 錐体路. 延髄の錐体を通る経路は錐体路(pyramidal tract)または皮質脊髄路( corticospinal tract)と呼ばれ、随意運動の伝導路とされる。錐体路の中枢は大脳皮質 のうち、中心前域と頭頂葉領域にあり、末梢は全身の骨格筋を支配して終わる。
すなわち特定の機能は特定の場所で行われるのであって、このような場所をそれぞれの 機能の中枢という。大脳皮質の諸中枢の主要なものをあげると、つぎのとおりである。 1 ,運動領. これは随意運動の中枢、言い換えると錐体路の起始細胞がある領域である ...

関連画像

E.小脳(Cerebellum)1]大脳皮質20.マカクザルの中枢神経系の 延髄の反射中枢


★リンクテーブル★
関連記事中枢」「皮質

中枢」

  [★]

centercentral
センター中央中心中心性中心的中枢神経性中枢性中枢的中央に置く末梢



皮質」

  [★]

cortex (Z)
eloquent area??
  • 脳、胸腺、脾臓、腎臓で使われる (⇔髄質)







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡