皮質性睡眠薬

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

かな: ヒシツセイサイミンヤク 【英】: cortical hypnotics 本文: 以前は抱水クロラールやパラアルデヒドなどの睡眠薬(催眠薬)の作用点は大脳皮質であると信じられていた.このような薬物を皮質性催眠薬として分類していたが,現在では ...
催眠薬【さいみんやく】 眠り薬,睡眠薬とも。中枢神経系の機能を抑制して睡眠状態を誘発する薬物の総称。作用部位により分類すると,1.大脳皮質を麻痺(まひ)して脳睡眠を誘発するもの(皮質性催眠剤

関連画像

視床下部・下垂体系について ウェイク・スリープ・スイッチ 連合野を除くと、視床との関係 レビー小体型認知症の母 突然


★リンクテーブル★
関連記事睡眠薬」「」「皮質」「皮質性」「睡眠

睡眠薬」

  [★]

hypnotic, hypnotics
催眠薬 somnifacient
睡眠薬理学睡眠障害中枢神経抑制薬
正常な睡眠と同じような中枢作用を示す薬


  • 資料
http://www.gifuyaku.or.jp/fumin.pdf
http://www.tokyo-med.ac.jp/pharmacol/pdf/news_suimin0910.pdf

睡眠薬

  • (1) 薬物依存性が高い、(2) REM睡眠が短縮しやすい、(4) 過量により急性中毒→抗痙攣薬、抗てんかん薬としての適応
  • 非バルビツール酸系薬物

分類

  • 超短期
  • 夜間の追加投与が可能
  • ω2受容体への作用が弱く、転倒リスクが少ない。高齢者の筋弛緩作用に関与。反跳性不眠が比較的少ない。
  • 短期
  • 連用蓄積が少なく使いやすい
  • 中期
  • 持ち越し効果に注意。逆に、抗不安作用を期待して使用することも
  • 長期
  • 日中の抗不安作用を強く示す
  • flutoparazepam
  • fluurazepam
  • rilnazafone


薬」

  [★]

drug, agent
薬物
作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬剤薬物代理人薬品



皮質」

  [★]

cortex (Z)
eloquent area??
  • 脳、胸腺、脾臓、腎臓で使われる (⇔髄質)





皮質性」

  [★]

corticalcortically
皮質皮層
皮質


睡眠」

  [★]

sleep
睡眠段階







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡