皮膚電気抵抗

出典: meddic

electric skin resistance ESR, electric impedance of the skin


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 「心身個人テンポ」からみた映像テンポの心身への影響
  • 佐藤 和彦,鈴木 はる江,藤田 紘一郎
  • 心身健康科学 6(2), 110-118, 2010-09
  • NAID 40017437697
  • 周期的点滅光が心拍変動および良導絡皮膚電気反応に与える影響(研究発表,第25回生命情報科学シンポジウム)
  • 青木 孝志,足達 義則,北出 利勝,鈴木 昭二
  • Journal of International Society of Life Information Science 26(1), 89-98, 2008-03-01
  • … また本刺激により良導絡の皮膚電気抵抗は刺激中および刺激後に増加したが、これも交感神経活動の抑制が起こることを示唆している。 … LE/HFおよび皮膚電気抵抗の変化は、それぞれ、刺激後4分および8分間刺激効果が持続することを示した。 …
  • NAID 110006632600

関連リンク

嘘をつく事で緊張し、呼吸の増進・脈拍数の増加・発汗により皮膚電気抵抗の低下が見 られるという理論に基いていると一般的には信じられているが、この説明は誤りである。 この誤った説明が一人歩きして、「嘘発見器」という名称が一般的になってしまったので ...
2008年5月27日 ... 中央労働災害防止協会発行の、低圧電気取扱安全必携によりますと・・・ P-11 4.人体 抵抗 人体抵抗は、皮膚の抵抗と、人体内部の抵抗に分けられる。皮膚の抵抗は、印加 電圧の大きさ、接触面の濡れ具合などによって変化し、印加電圧 ...

関連画像

体に溜まった電磁波を徹底除去 耳ツボを刺激するには、皮下へ 皮膚抵抗探索器 皮膚の導電性(電気抵抗)と 皮膚 電気抵抗 を 測定 する 皮膚電気抵抗値(EAV)で測定


★リンクテーブル★
先読みESR
関連記事抵抗」「電気抵抗」「皮膚」「電気」「

ESR」

  [★]



抵抗」

  [★]

resistanceresiststandwithstandresistant
位置群落静置耐性耐える立つ抵抗性スタンド抵抗力



電気抵抗」

  [★]

electrical resistanceelectric resistance
インピーダンス生体インピーダンス電気インピーダンス


皮膚」

  [★]

skin
cutis
皮膚の構造




電気」

  [★]

electricityelectroelectric
エレクトロ電気的


抗」

  [★]

anti
アンチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3