白血球数

出典: meddic

white blood cell countleukocyte countWBC countwhite cell countnumber of leukocyteleukocyte numberWBC
白血球


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 全身状態,白血球数(D-index)を考慮した侵襲性アスペルギローシスの診断
  • 木村 俊一,神田 善伸
  • 血液内科 65(6), 858-866, 2012-12
  • NAID 40019555281
  • 小児急性白血病治療中に発症した急性虫垂炎4例の外科治療経験と本邦文献報告例の検討
  • 田中 めぐみ,高橋 篤,大竹 紗弥香,奥野 はるな,金澤 崇,桑野 博行
  • 日本小児外科学会雑誌 48(6), 919-925, 2012-10-20
  • … み,うち1例は虫垂周囲の癒着のために開腹手術に移行したが,他の2例は腹腔鏡手術を完遂出来た.全例術後合併症は認めなかった.文献報告例は自験4例を含め11例が集計された.平均手術時年齢は10.4歳.診断時の白血球数とCRP値は低値を呈する場合が多く,診断の遅れた例を8例中3例に認めた.確定診断にはCTが10例中8例に有用であった.保存的治療後の待機手術が自験2例を含め3例に行われた.術後合併症は11例中1例のみに認めら …
  • NAID 110009544278

関連リンク

白血球数を調べることで細菌感染による炎症(扁桃炎、肺炎など)を起こしているか どうかの判定に役立ちます。また、白血球を作っている造血器の病気を調べる手がかり にもなります。
白血球数(WBC) 単位:個/μl(1マイクロリットル中に含まれる白血球の個数です). 4000 ~8000, 正常値. 10000~50000 (軽度~中等度の増加), 感染症(細菌、ウイルス)、 自己免疫疾患(リウマ チ熱、膠原病など)、物理的(寒冷、出血など)、 心理的ストレス、重症 の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読みWBC
国試過去問105B057」「100I007」「108A055」「104D042」「100D009」「103H022」「103D058」「096B023」「097B029」「103I028」「101F034」「096E027」「098G049
リンク元WBC count」「leukocyte number」「white cell count」「number of leukocyte
拡張検索総白血球数」「白血球数増加
関連記事白血球」「血球」「」「血球数

WBC」

  [★] 白血球 white blood cell WBCs white blood cell count


105B057」

  [★]

  • 次の文を読み、 56-58の問いに答えよ。
  • 75歳の男性。不穏状態のため家族に伴われて来院した。
  • 現病歴   3年前からParkinson病の診断で内服治療中であった。 1週前から水様下痢微熱とがあり、食欲がなく水分摂取も不十分であった。 3日前から内服をすべて中断している。昨日から39℃台の発熱が出現し、身体が硬くなって起き上がることができなくなった。眼前に小さな虫がいると言い、振り払うような動作を繰り返し、徐々に不穏状態となってきた。
  • 既往歴   5年前から脂質異常症で内服治療中。
  • 生活歴   72歳の妻との2人暮らし。喫煙は20歳から20本/日を30年間。飲酒は週に1回、日本酒2台程度。
  • 家族歴   特記すべきことはない。
  • 現 症  意識レベルはJCS II-20。身長164cm、体重52kg。体温39.2℃。脈拍124/分、整。血圧86/60mmHg。口腔内は乾燥している。四肢に強い筋強剛があり、右上肢に静止時振戦を認める。腱反射は正常である。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 508万、Hb 14.8g/dl、Ht 48%、白血球 9,500、血小板 22万。血液生化学所見:血糖 86mg/dl、HbA1c 5.1%(基準4.3-5.8)、総蛋白 7.2g/dl、アルブミン 3.8g/dl、尿素窒素 56mg/dl、クレアチニン 1.4mg/dl、尿酸 8.9mg/dl、総コレステロール 160mg/dl、トリグリセリド 156mg/dl、総ビリルビン 1.0mg/dl、 AST 86IU/l, ALT 40IU/l、 LD 420IU/l(基準176-353)、ALP 180IU/l(基準115-359)、CK 820IU/l(基準60-196)、Na 147mEq/l、K 4.2mEq/l、Cl 101mEq/l、Ca 9.2mg/dl。CRP 1.2mg/dl。胸部エックス線写真に異常を認めない。
  • 今後、急激に上昇する可能性があるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105B056]←[国試_105]→[105B058

100I007」

  [★]

  • 35歳の男性。事業所においてエックス線発生装置使用中に誤操作で全身被曝して3時間後に来院した。被曝線量は1.8Gy程度と推定された。悪心、嘔吐などの自覚症状はない。眼瞼結膜、瞳孔、口腔粘膜および皮膚に異常はみられない。尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球450万、Hb 14.6g/dl、白血球6,000、血小板25万。血清生化学所見:総蛋白7.2g/dl、蛋自分画(Alb68%、α1-グロブリン3%、α2-グロブリン6%、β-グロブリン8%、γ-グロブリン15%)、総ビリルビン0.9mg/dl、AST20単位、ALT25単位、LDH200単位(基準176~353)。
  • 今後、この患者のエックス線被曝による早期障害を評価するために有用な検査はどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 100I006]←[国試_100]→[100I008

108A055」

  [★]

  • 12歳の女児。 7日前からの発熱と全身の倦怠感とを主訴に来院した。生来健康であった。 2週前から活気のないことに家族が気付いていた。 7日前から発熱し、自宅近くの診療所で抗菌薬を投与されたが改善しなかった。顔色は不良である。腹部では肝臓を右季肋下に 4 cm、脾臓を左季肋下に 2 cm触知する。血液所見:赤血球 316万、 Hb 6.4 g/dl、Ht 27%、白血球 32,000(異常細胞 65% )、血小板 2.3万。 LD3,015 IU/l(基準 176~353)。骨髄穿刺所見:細胞数 60万/mm3(基準 10万~ 25万 )(異常細胞 98% )、異常細胞のペルオキシダーゼ染色は陰性、表面抗原検査は CD10とCD19は陽性、 CD3と CD13は陰性。
  • この疾患の予後に影響する因子はどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 108A054]←[国試_108]→[108A056

104D042」

  [★]

  • 24歳の女性。下痢体重減少とを主訴に来院した。半年前から1日2,3回の下痢が始まり、体重が減少してきた。階段を昇るときに動悸を感じるようになった。身長162cm、体重48kg。体温37.2℃。脈拍112/分、整。血圧128/58mmHg。皮膚は湿潤。血液所見:赤血球 410万、白血球 3,500。血液生化学所見:空腹時血糖 98mg/dl、総コレステロール 128 mg/dl、ALP 410IU/dl(基準115-359)。内服治療開始後の臨床指標で重要なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 104D041]←[国試_104]→[104D043

100D009」

  [★]

  • 72歳の女性。昨日から38℃の発熱があり、呼吸困難を主訴に来院した。高血圧のため、降圧薬を服用中である。意識は清明。身長155cm、体重48kg。体温37.5℃。呼吸数32/分。脈拍100/分、整。血圧120/80mmHg。胸部聴診上、右背部にcoarse cracklesを聴取する。血液所見:Hb13.0g/dl、白血球9,000。血清生化学所見:血糖125mg/dl、Na135mEq/l、K4.0mEq/l、Cl98mEq/l。CRP11.0mg/dl。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.48、PaO2 76Torr、PaCO2 32Torr、HCO3 - 20mEq/l。胸部エックス線写真で右下肺野に浸潤影を認める。
  • この患者の入院適応の判断で最も重要なのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100D008]←[国試_100]→[100D010

103H022」

  [★]

  • 29歳の女性。妊娠34週時に転居のため紹介され来院した。体温36.7℃。脈拍104/分、整。血圧148/94mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。
  • 尿所見:蛋白(-)、糖(-)。血液所見:赤血球366万、Hb 11.3g/dl、Ht35%、白血球 10,800、血小板 19万。血液生化学所見:血糖 104mg/dl、HbA1C 5.2%、総蛋白7.2g/dl、アルブミン 4.8g/dl、尿素窒素 16.6 mg/dl、クレアチニン 0.7 mg/dl、総ビリルビン0.9mg/dl、直接ビリルビン 0.2mg /dl、AST 30IU/l、ALT 32IU/l、LD288IU/l(基準176~353)、ALP386IU/l(基準115~359)、Na 143mEq/l、K 4.0mEq/l、Cl 106mEq/l。経過観察で注意するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103H021]←[国試_103]→[103H023

103D058」

  [★]

  • 60歳の男性。1時間以上持続する胸痛を主訴に来院した。10年前から高血圧症にて内服治療中である。胸部エックス線写真で異常を認めない。心電図を以下に示す。
  • 障害を起こしている臓器に最も特異性の高い血液検査はどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103D057]←[国試_103]→[103D059

096B023」

  [★]

  • 放射線業務従事者の定期検査の対象となるのはどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 096B022]←[国試_096]→[096B024

097B029」

  [★]

  • C型肝炎のインターフェロン治療の効果予測に有用なのはどれか。
  • a. 白血球数
  • b. 血清アルブミン値
  • c. 血清ALT値
  • d. 肝内脂肪沈着
  • e. 肝線維化の程度
[正答]


※国試ナビ4※ 097B028]←[国試_097]→[097B030

103I028」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 103I027]←[国試_103]→[103I029

101F034」

  [★]

  • 肝硬変が進展すると低下するのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 101F033]←[国試_101]→[101F035

096E027」

  [★]

  • 赤沈に影響するのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096E026]←[国試_096]→[096E028

098G049」

  [★]

  • 産褥3日目の発熱患者で有用性の低い検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G048]←[国試_098]→[098G050

WBC count」

  [★]

  • 白血球数
leukocyte countleukocyte numbernumber of leukocytewhite blood cell countwhite cell count


leukocyte number」

  [★]

  • 白血球数
leukocyte countnumber of leukocyteWBC countwhite blood cell countwhite cell count

white cell count」

  [★]

  • 白血球数
leukocyte countleukocyte numbernumber of leukocyteWBC countwhite blood cell count

number of leukocyte」

  [★]

  • 白血球数
leukocyte countleukocyte numberWBC countwhite blood cell countwhite cell count

総白血球数」

  [★]

total white blood cell count

白血球数増加」

  [★]

increased white cell count

白血球」

  [★]

leukocyte, leucocyte (Z), white blood cell (Z), WBC, white corpuscle, white cell
赤血球血球血液

白血球

基準値

  • 4000-9000 (/μl) (2007前期解剖学授業プリント)
異常値の出るメカニズム第5版
  • 5000- 8400 (/μl) (健常者の2/3)
  • 4500-11000 (/μl) (95%範囲)

年齢との関連

生理的な変動

  • 精神的ストレス↑  → 交感神経の刺激により好中球の血管壁遊離が促進されるため
  • 午前↓、午後↑

基準値

  07解 異メ 流マ HIM.A-1
顆粒球 好中球 桿状核球 40~70 44~66 40~60 4~14 0~5
分葉核球 43~59 40~70
好酸球 2~4 0~ 4 2~4 0~6
好塩基球 0~2 0~0.5 0~2 0~2
無顆粒球 リンパ球 25~40 30~38 26~40 20~50
単球 3~6 0~ 5 3~6 4~8
  • 07解: 2007前期解剖学授業プリント
  • 異メ: 異常値の出るメカニズム第5版 p.91
  • 流マ: 流れが分かる実践検査マニュアル上巻 p.10

血管外滲出 extravasation (SMB.37 BPT.37)

(margination)

  • 1. 赤血球は軽く早く流れるので血管の中央をながれ、白血球は血管のへりを流れている

(rolling)

  • 2. IL-1, TNFで血管内皮細胞が活性化し、血管内腔にE-selectinを発現する
  • 3. P-selectinヒスタミントロンビンの働きにより、血管内腔に発現する
  • 4. 白血球と血管内皮細胞の接着分子で接着することで、白血球がrollingを始める
  • 3. 次第にselectinによる接着はdown regulateされる

(adheresion & arrested)

(transmigration)

  • 6. 白血球と血管内皮細胞に発現しているPECAM-1(CD31)がお互い接着し、白血球が血管内皮細胞の間隙を通って細胞外マトリックスに入る
血管内皮細胞   白血球
Rolling
E-selectin 糖鎖(SLex)
P-selectin 糖鎖
糖鎖(GlyCAM-1)(=CD34) L-selectin
Adhestion
ICAM-1 LFA-1 integlin(CD11a/CD18), Mac-1 integlin(CD11b/CD18)
VCAM-1 VLA-1 integlin
transmigration
PECAM-1(CD31) PECAM-1(CD31)

白血球の染色

  • 好酸性:赤く染まる→ヘモグロビン
  • 好塩基性:青く染まる→リボソーム、核内のヒストン蛋白
  • 好酸性でも好塩基性でもない:淡いピンクに染まる
  • MPOをもつ:顆粒球(前骨髄球~分葉核球)、単球(前単球~単球)
  • MPOをもたない:リンパ球系細胞
  • 好中球:長鎖エステルを分解
  • 単球:短鎖エステルを分解

関節液

  •   炎症 感染
  • 200 2000 20000
  • 500 5000 50000

臨床関連

白血球のインテグリンが欠損または減少する先天性疾患
反復性の細菌皮膚感染
  • SIRSの診断基準:<4,000/ul or >12,000/ul




血球」

  [★]

hemocyte, blood corpuscle, hematocyte
hemocytus
血液細胞 blood cell
血液



血球の割合

  • 下図の値から算出。
  個数(/ul)   個数(/ul) 個数(%)
赤血球 男:500万
女:450万
  5000000 95.1
白血球
 
5000-10000   7500 0.1
血小板
 
15万-35万   250000 4.8
血球 直径(μm)
前赤芽球 14~19
好塩基性赤芽球 12~17
多染性赤芽球 10~15
正染性赤芽球 8~12
赤血球 7~8.5
骨髄芽球 12~20
前骨髄球 16~23
骨髄球 12~20
後骨髄球 12~18
杆状核(好中球) 10~18
分節核(好中球) 10~16
分節核(好酸球) 13~18
分節核(好塩基球) 12~16
リンパ芽球 11~18
リンパ球 7~16
形質球 10~20
異形リンパ球 15~30
単球 13~21
巨核球(骨髄巨核球) 35~160
血小板 2~4

寿命

  • 赤血球:120日
  • 好中球:6-8時間
  • 血小板:10日
  • 形質細胞:1-3日
  • メモリー細胞:数年

血球の特徴

 
赤血球 単球 好酸球 好中球 好塩基球 リンパ球
大きさ 7~8μm 12~20μm 10~15μm 10~13μm 9~12μm 7~15μm
赤血球と比べた大きさ ------ かなり大きい 2倍以上 約2倍 2倍弱 小リンパ球は同じ程度
細胞質   アズール顆粒。
広く不規則な突起
橙赤色の粗大円形顆粒 暗紫色に染まる微細な顆粒
アズール顆粒
赤紫色の大小不同の顆粒 狭く淡い青色
  くびれ有り 2葉、眼鏡型 桿状好中球
分葉好中球
格の上にも顆粒あり 球形


  • 核小体

  • クロマチン

  • 細胞質

  • 顆粒


数」

  [★]

numbercountnumeral
ナンバー数値数えるカウント番号をつける数字数詞


血球数」

  [★]

blood cell countblood countblood cell number
血算全血球計算値




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡