白色ブドウ球菌性膿痂疹

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 白色ブドウ球菌性膿痂疹(土肥)の臨床細菌学的知見補遺
  • 石渡 忠太郎 [他]
  • 臨床皮膚泌尿器科 12(11), ????, 1958-11
  • NAID 40018623594

関連リンク

百科事典マイペディア 膿痂疹の用語解説 - 膿疱(のうほう)と痂皮(かひ)(かさぶた)を主症状とする皮膚病の総称。白色ブドウ球菌による伝染性膿痂疹(とびひ)と連鎖球菌性膿痂疹に大別される。後者は顔面,手足などの露出部に ...
膿痂疹(のうかしん)とは、黄色ブドウ球菌、化膿レンサ球菌、あるいはこの両方によって引き起こされる皮膚感染症で、かさぶたと黄色い痂皮(かひ)を伴ったただれができます。黄色い液体の詰まった小水疱ができることも ...

関連画像

最も考えられるのはどれか。那珂川町 小児科 江副 水疱 性 膿痂疹 痂皮 性 膿痂疹 9784895902410-and-1.png


★リンクテーブル★
関連記事膿痂疹」「ブドウ」「白色」「球菌

膿痂疹」

  [★]

のうかしん
impetigo



ブドウ」

  [★]

grapegrapevine
Vitis vinifera
ブドウ属ブドウ科


白色」

  [★]

white
白人白い

球菌」

  [★]

coccus
細菌




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡