白癬性毛瘡

出典: meddic

tinea sycosis, sycosis trichophytica
真菌性毛瘡 mycotic sycosis須毛白癬 ringworm of beard tinea barbae
尋常性毛瘡毛瘡
[show details]




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Arthroderma vanbreuseghemii の分子型を示したTrichophyton mentagrophytesによる白癬性毛瘡の1例 (特集 真菌症)
  • 竹之下 秀雄,望月 隆
  • 皮膚科の臨床 49(13), 1545-1548, 2007-12
  • NAID 40015748776
  • 放射線照射部位に一致して白癬性毛瘡と体部白癬を生じた1例

関連リンク

白癬菌性毛瘡は表在性の環状病変として出現するが,毛包炎に似た深部の感染が 生じることもある。白癬菌性毛瘡は炎症症状を伴った禿瘡として生じることもあり(後述の 「頭部白癬」参照),その場合は瘢痕性脱毛を残す ...

関連画像

にきび(ニキビ)股におこる白癬 (股部白癬)では、当院での にきび Tinea barbae is a cutaneous fungal This case of tinea barbae (a fungal


★リンクテーブル★
先読み尋常性毛瘡
リンク元須毛白癬」「mycotic sycosis」「ringworm of beard」「tinea barbae
関連記事白癬

尋常性毛瘡」

  [★]

sycosis vulgaris, sycosis simplex, sycosis non-parasitaria
須毛包炎、sycosis staphylogenes, folliculitis barbae


須毛白癬」

  [★]

ringworm of beard
白癬性毛瘡

mycotic sycosis」

  [★] 白癬性毛瘡真菌性毛瘡

ringworm of beard」

  [★] 白癬性毛瘡須毛白癬


tinea barbae」

  [★] 白癬性毛瘡須毛白癬

白癬」

  [★]

ringworm
tinea, trichophytia
真菌表在性真菌症皮膚糸状菌症、みずむし(水虫)


起因菌

感染部位

  • 表皮角層、毛、毛包

生存部位による区分

  • 浅在性白癬 tinea superficialis
  • 深在性白癬 tinea profunda

体部位による名称の違い




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡