発癌実験

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • チャーガ(カバノアナタケ)のマウス皮膚二段階発癌実験の腫瘍抑制効果
  • 秋田 綾子,安川 憲
  • 日本補完代替医療学会誌 8(1), 29-32, 2011
  • チャーガ(Inonotus obliquus の菌核)は,ロシア,ポーランド,バルト海の数ヵ国で癌,心血管疾患,糖尿病の治療に民間療法として広く使われてきた.本研究では,チャーガの内服が,7,12-dimethylbenz[a]anthracene でイニシエーションをし 12-O-tetradecanoylphorbol-13-acetate でプロモートするマウス皮膚二段階発癌を抑制することが …
  • NAID 130000654940

関連リンク

19世紀において、発がんの機構はデンマークのフィビガーの提唱する寄生虫発がん説と ドイツの病理学者ウィルヒョウの提唱するがん刺激説が対立していたが、1915年に日本 の病理学者である山極勝三郎と市川厚一が、ウサギを用いた実験において、コール ...

関連画像

実験開始5週間後、実験各群の 他にも、セシウム137を500日間 作業員の発癌率も、原爆の実験 実験医学:発癌と転移・浸潤の


★リンクテーブル★
関連記事実験」「発癌

実験」

  [★]

experimentexperimental
経験的実験的実験上実験用


発癌」

  [★]

carcinogenesis, oncogenesis
発癌物質


-carcinogenesis





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡