発癌多段階説

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 子宮頸部病変の革命 : 特に頸部異形成に対する再考察
  • 杉下 匡
  • 日本臨床細胞学会雑誌 34(3), 522-530, 1995-05-22
  • NAID 110001228410

関連リンク

多段階発がん説/発がんは30年後 がんにつながる食品・食生活 ファイトケミカルにがん予防効果 食事は偏らずバランスよく 多段階発がん説 図表3 発がんのプロセス がんはある日突然起こるのではなく、最初のきっかけから、何年も何 ...
多段階発ガン がんの成長は遺伝子変異の積み重なったものです。 これを「 多段階発ガン」といいます。 その第一段階「 イニシエーション 」は正常細胞ががん細胞に変化する段階で、発癌性物質がDNAにキズをつけることに起因します。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元悪性転換
関連記事段階」「発癌」「多段」「多段階

悪性転換」

  [★]

malignant transformationmalignant conversion
悪性転化
がん化癌化悪性化悪性形質転換悪性形質発現発癌多段階説



段階」

  [★]

stepstagegradephase
位相局面グレード時期ステージステップ程度類別段階的に実行するフェーズ


発癌」

  [★]

carcinogenesis, oncogenesis
発癌物質


-carcinogenesis


多段」

  [★]

multistepmultistage
多段階

多段階」

  [★]

multistepmultistage
多段




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡