発疹性疾患

出典: meddic

発疹


SPE.63

  • 有熱
  • 無熱

 

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 周生期医学 周産期における小児発疹性疾患の院内感染症対策
  • 平原 史樹,奥田 美加,高橋 恒男
  • 小児科 52(9), 1303-1310, 2011-08-00
  • NAID 40018952263
  • 小児科診療に強くなる!--知ってほしい診断のポイントとコツ ウイルス感染症--発疹性疾患に強くなる
  • 舩越 康智,森内 浩幸
  • 内科 103(4), 755-762, 2009-04-00
  • NAID 40016580710
  • 当直医が知っておきたい小児急性感染症とは (特集 当直医のための小児急性感染症の初期治療のポイント)
  • はしかや風疹など発疹性疾患では「外の風に当てない」方がよいのか? (日常診療での疑問や噂にズバリ答えます!--The Truth of Rumors) -- (生活)

関連リンク

発疹性疾患. 発疹症状と原因菌、特徴、抗体推移について表に示しました。 水疱性発疹, 細菌性. 黄色ブドウ球菌. ウイルス性. 単純ヘルペスウイルス1型、2型(HSV-1、-2) · 水痘・帯状ヘルペスウイルス(VZV). 紅斑・紅丘疹性発疹, 細菌性. A群溶血連鎖球菌 ...
発疹性疾患. 黄色ブドウ球菌. 単純ヘルペスウイルス1型、2型(HSV-1、-2) exfoliative toxinA、B産出株:風邪様症候からはじまり、発熱、頸部リンパ節腫. 脹および口、眼、鼻 穴の周囲に水疱形成が認められます。 ●HSV-1初感染における抗体価推移 ...

関連画像

注1 : HHV-6 とは、Human 突発性発疹-写真6のように、急性期に、発疹 突発性発疹について、その原因 コメントを残す コメントを 突発性発疹-写真3突発性発疹-写真2麻疹(measles)ウイルス性疾患


★リンクテーブル★
リンク元発熱
拡張検索小児発疹性疾患
関連記事発疹」「疾患

発熱」

  [★]

pyrexia
fever, thermogenesis
熱型、≠高体温(体温調節機構の破綻による)、不明熱
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9

概念

  • 体温中枢のセットポイント上昇による

分類

  • 微熱:37.5℃以上 37.0~37.9℃(YN.)
  • 発熱:38.0℃以上
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9


小児

  • 37.5℃以上

病態生理

  • 発熱サイトカイン(IL-1, TNF)が視床下部に作用してPGE2の産生を亢進し、PGE2により体温調節中枢を司る細胞内のcAMP濃度が上昇することでの体温セットポイントがあがる。

熱源の精査

  • 咽頭、肺、胆道系、泌尿器系、皮膚・軟部組織(蜂窩織炎、褥瘡)

疾患と発熱

膠原病と発熱

発熱40℃(PMID 8107744)

発熱の後に関節炎(PMID 8107744)

原因不明の熱の鑑別

  • 感染症
  • 腫瘍
  • 膠原病
  • 薬剤熱 → 比較的元気、比較的徐脈、比較的CRP

発熱と心拍数の関係

  • 体温1℃上昇に付き心拍数20上がる。これ以上の上昇が見られる場合、敗血症を疑う。  ←  1℃に付き10上がるという資料もあり(比較的徐脈)

発熱を伴う内科的緊急疾患

内科レジデントの鉄則 第2版 p.6

院内における発熱の鑑別疾患

  • 感染性 :肺、泌尿器、褥瘡、クロストリジウム・ディフィシル感染症、カテーテル関連感染症
  • 非感染性:薬剤熱、偽痛風、深部静脈血栓症

小児科における発熱の原因

年齢 原因
乳児(生後3ヶ月未満) 敗血症、細菌性髄膜炎、尿路感染症、肺炎、B群溶連菌感染、グラム陰性桿菌
乳児(生後3ヶ月以降) ウィルス感染(突発性発疹などの発疹性疾患)、中耳炎尿路感染症、消化器・呼吸器疾患、川崎病
幼児、学童期 溶連菌感染症、伝染性単核球症、膠原病、factitious fever(詐病)、学校での感染症の流行
  • 乳児における中耳炎、尿路感染症は症状が発熱であることが多く原因が追及しづらい。鼓膜を観察したり、尿の培養をすることが重要かもしれない。

小児における発熱

SPE.63

新生児・乳児における発熱

see also step beyond resident 2 救急で必ず出会う疾患編 p.20
3ヶ月未満は免疫力が弱く重症細菌感染症にかかりやすい。
生後   :対処
0-1ヶ月 :入院。血液検査・各種培養検査を。
2-3ヶ月 :外来で小児科医が診察し、血液検査で細菌感染が疑われれば入院
4-6ヶ月 :外来で小児科医が診察し、発熱以外に所見がなければ、十分な水分摂取を指示し、翌日再診を。
6ヶ月以降:食欲・機嫌がよければ、翌日再診を。

漢方医学

[show details]




小児発疹性疾患」

  [★]

exanthematous diseases in children
発疹性疾患 exanthematous diseases


発疹」

  [★]

eruption, skin rash, lesion
exanthema
皮疹
皮疹
  • 出現時期、消長、同様のエピソードの有無、周囲での流行、接触、旅行歴、遺伝性疾患の有無、基礎疾患、予防接種状況



疾患」

  [★]

disease, disorder, disturbance, illness, sickness, malady
疾病病気
疾病障害乱れ無秩序病害病気病弊





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡