発熱反応

出典: meddic

febrile reaction, thermal response
発熱

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/26 04:47:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • NEセレクション パワー半導体(最終回)RAF法をガス結晶成長法で高速化 低価格なSiCウエハーの実現へ
  • 恩田 正一
  • 日経エレクトロニクス (1125), 82-86, 2014-01-06
  • … SiC合成は発熱反応であるため、成長を維持するためには成長した結晶を通して種結晶側に熱輸送し、冷却する必要がある。 …
  • NAID 40019929752
  • マグネタイトによる砒素吸着平衡におよぼすイオン強度,温度の影響および吸着速度
  • 大榮 薫,大島 達也,馬場 由成
  • 化学工学論文集 40(2), 90-97, 2014
  • … .As(V)は低pHで高い吸着量を示し,pHの上昇に伴い吸着量は低下した.高pH領域ではイオン強度の増加による吸着率の増加が示され,As(V)の吸着後,等電点は低pH側へ大きくシフトした.As(V)の吸着は発熱反応および正のエントロピー変化を示し,内圏錯体と外圏錯体の形成反応による吸着機構が考えられる.As(III)およびAs(V)の吸着速度解析の結果,As(III)およびAs(V)の吸着は粒内拡散が律速段階である …
  • NAID 130003392462
  • 「温度と熱」の科学的定義に基づいた中学校理科単元「化学変化と熱」における授業実践
  • 渡部 康弘,園山 裕之,西山 桂
  • 島根大学教育臨床総合研究 12, 53-65, 2013-08-20
  • NAID 110009614837

関連リンク

発熱反応・吸熱反応 - やまぐち総合教育支援センター
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 発熱反応の用語解説 - (1) 熱量の発生を伴う化学反応。化合物が発熱して化学反応を起すもののなかには,酸と塩基の中和反応,金属と酸との反応,水と化合する水和反応などがある。また酸素 ...

関連画像

図1 発熱反応と吸熱反応発生する化学反応を 発熱反応 発熱反応では反応物のもつ A6 紐を引っ張ると生石灰の発熱剤 発熱反応、吸熱反応 発熱反応 中学3年理科 化学変化とその


★リンクテーブル★
リンク元febrile reaction」「exothermic reaction
関連記事発熱」「反応

febrile reaction」

  [★]

  • 発熱反応
exothermic reaction

exothermic reaction」

  [★]

  • 発熱反応
febrile reaction


発熱」

  [★]

pyrexia
fever, thermogenesis
熱型、≠高体温(体温調節機構の破綻による)、不明熱
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9

概念

  • 体温中枢のセットポイント上昇による

分類

  • 微熱:37.5℃以上 37.0~37.9℃(YN.)
  • 発熱:38.0℃以上
ジェネラリスト診療が上手になる本 p.9


小児

  • 37.5℃以上

病態生理

  • 発熱サイトカイン(IL-1, TNF)が視床下部に作用してPGE2の産生を亢進し、PGE2により体温調節中枢を司る細胞内のcAMP濃度が上昇することでの体温セットポイントがあがる。

熱源の精査

  • 咽頭、肺、胆道系、泌尿器系、皮膚・軟部組織(蜂窩織炎、褥瘡)

疾患と発熱

膠原病と発熱

発熱40℃(PMID 8107744)

発熱の後に関節炎(PMID 8107744)

原因不明の熱の鑑別

  • 感染症
  • 腫瘍
  • 膠原病
  • 薬剤熱 → 比較的元気、比較的徐脈、比較的CRP

発熱と心拍数の関係

  • 体温1℃上昇に付き心拍数20上がる。これ以上の上昇が見られる場合、敗血症を疑う。  ←  1℃に付き10上がるという資料もあり(比較的徐脈)

発熱を伴う内科的緊急疾患

内科レジデントの鉄則 第2版 p.6

院内における発熱の鑑別疾患

  • 感染性 :肺、泌尿器、褥瘡、クロストリジウム・ディフィシル感染症、カテーテル関連感染症
  • 非感染性:薬剤熱、偽痛風、深部静脈血栓症

小児科における発熱の原因

年齢 原因
乳児(生後3ヶ月未満) 敗血症、細菌性髄膜炎、尿路感染症、肺炎、B群溶連菌感染、グラム陰性桿菌
乳児(生後3ヶ月以降) ウィルス感染(突発性発疹などの発疹性疾患)、中耳炎尿路感染症、消化器・呼吸器疾患、川崎病
幼児、学童期 溶連菌感染症、伝染性単核球症、膠原病、factitious fever(詐病)、学校での感染症の流行
  • 乳児における中耳炎、尿路感染症は症状が発熱であることが多く原因が追及しづらい。鼓膜を観察したり、尿の培養をすることが重要かもしれない。

小児における発熱

SPE.63

新生児・乳児における発熱

see also step beyond resident 2 救急で必ず出会う疾患編 p.20
3ヶ月未満は免疫力が弱く重症細菌感染症にかかりやすい。
生後   :対処
0-1ヶ月 :入院。血液検査・各種培養検査を。
2-3ヶ月 :外来で小児科医が診察し、血液検査で細菌感染が疑われれば入院
4-6ヶ月 :外来で小児科医が診察し、発熱以外に所見がなければ、十分な水分摂取を指示し、翌日再診を。
6ヶ月以降:食欲・機嫌がよければ、翌日再診を。

漢方医学

[show details]




反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡