発汗過多

出典: meddic

hyperhidrosisexcess sweatinghyperhidrotic
多汗症

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 発汗過多を伴う抑鬱患者に竜骨湯が奏効した3症例
  • 引網 宏彰,関矢 信康,藤本 誠,後藤 博三,柴原 直利,嶋田 豊
  • 漢方の臨床 56(8), 1309-1316, 2009-08-25
  • NAID 10025103541
  • 半夏厚朴湯合苓桂朮甘湯が有効であった多汗症の一例
  • 篁 武郎
  • 日本東洋醫學雜誌 60(1), 69-72, 2009-01-20
  • … 50歳ごろより手掌,足底,背部を主とする全身の発汗過多があり,星状神経節ブロックによる治療を受けたこともあるが効果は無かった。 … 痰飲,気滞,気逆と診断して,半夏厚朴湯合苓桂朮甘湯を処方したところ,発汗過多は軽快して,随伴する咽頭部閉塞感,安静時の動悸,軽動作時の息切れ,残尿感などの症状も軽減した。 …
  • NAID 110007098575
  • 自律神経障害とその機能検査法 発汗・皮膚血管系 (パーキンソン病--基礎・臨床研究のアップデート) -- (検査・診断)

関連リンク

発汗 sweating (汗かき) (汗が出やすい) (冷や汗) ... 汗が出る原因は、運動などで 体温が上がって起きる「温熱性発汗」と、会議や試験などで緊張やストレスを感じたとき の「精神性発汗」の2タイプに分けられる。 ... 副作用で発汗過多になる医薬品) ...
多汗症は、交感神経が失調し、体温上昇とは関係なくエクリン腺より汗が過剰に放出 される疾患である。頭部・手・脇に多く見られる。緊張や不安、気持ちの持ち方などの 精神的な原因による発汗ではなく、身体機能の失調により引き起こされる病的な発汗を 指す。

関連画像

img_fd1120295304a09f3b78ec2825047c18526970 天氣炎熱,BB容易因排汗過多 套裝 2: 雙妹棉布袋、花露水和 血清中ランレオチド濃度の推移 身體3個部位出汗是健康警訊 組 ウニモグベースの消防車両で


★リンクテーブル★
先読みhyperhidrosis」「hyperhidrotic
国試過去問108B054」「097A052」「095G015」「107I068」「098B017」「095E016
リンク元5H」「多汗症」「excess sweating
関連記事発汗」「過多」「

hyperhidrosis」

  [★] 多汗症

WordNet   license wordnet

「excessive and profuse perspiration」
hyperidrosis, polyhidrosis


hyperhidrotic」

  [★]

  • adj.
  • 多汗症の、発汗過多の
excess sweatinghyperhidrosis


108B054」

  [★]

  • 次の文を読み、 53~ 55の問いに答えよ。
  • 74歳の女性。意欲低下と全身倦怠感とを主訴に来院した。
  • 現病歴: 3年前に夫を亡くし、そのころから意欲低下を自覚するようになったが誰にも相談しなかった。 3か月前から意欲低下がこれまでより増悪し、全身倦怠感も徐々に出現した。一昨日、転倒して尻もちをついた。昨日、腰痛も自覚したためかかりつけ医を受診し、カルシトニンの筋肉注射を受け、さらに精査のため紹介されて受診した。
  • 既往歴: 68歳で脂質異常症と骨粗鬆症とを指摘され、 HMG-CoA還元酵素阻害薬と活性型ビタミン Dとを服用中である。
  • 生活歴: 3年前から一人暮らし。喫煙歴と飲酒歴とはない。
  • 家族歴:夫が心筋梗塞のため 75歳で死亡。妹が脂質異常症で治療中。
  • 現症:意識は清明。身長 153 cm、体重 58 kg。体温 35.8 ℃。脈拍 52/分、整。血圧 116/64 mmHg。甲状腺はびまん性に腫大し硬い。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝・脾を触知しない。
  • 検査所見:血液所見:赤血球 408万、 Hb 12.0 g/dl、Ht 38%、白血球 5,300、血小板 17万。血液生化学所見:総蛋白 7.0 g/dl、アルブミン 3.7 g/dl、AST 62 IU/l、ALT 42 IU/l、LD 484 IU/l(基準 176~353)、 ALP 275 IU/l(基準 115~359)、 γ -GTP 3 3IU/l(基準 8~50)、 CK 682 IU/l(基準 30~140)、 CK-MB 15 IU/l(基準 20以下 )、尿素窒素 16 mg/dl、クレアチニン 0.9 mg/dl、尿酸 7.2 mg/dl、血糖 98 mg/dl、総コレステロール 216 mg/dl、トリグリセリド 130 mg/dl、HDLコレステロール 45 mg/dl、Na137 mEq/l、K 4.5 mEq/l、Cl 102 mEq/l、Ca 9.5 mg/dl、TSH 56.3 μU/ml(基準 0.2~4.0)、 FT3 0.8 pg/ml(基準 2.5~4.5)、 FT4 0.2 ng/dl(基準 0.8~2.2)。 CRP 1.0 mg/dl。心電図で肢誘導の低電位を認める。胸部エックス線写真で心胸郭比 54%。
  • この患者で他に予想される症候はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B053]←[国試_108]→[108B055

097A052」

  [★]

  • 53歳の男性。発汗過多頭痛および体重減少のため来院した。数年来、発作性高血圧と起立性低血圧とのため近医で投薬を受けているが血圧の調節は不良である。糖尿病も2年前に指摘された。血圧は普段は正常であるが、発作時250/150mmHgに上昇する。尿中アドレナリンは正常で、尿中ノルアドレナリンVMAとが高値である。腹部CTで両側の副腎には特記すべき異常所見を認めない。次に施行すべき検査はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A051]←[国試_097]→[097A053

095G015」

  [★]

  • 65歳の男性。1か月前から軽度の喀痰とを自覚したので来院した。6か月前から右背部痛が出現し、湿布薬を使用して様子をみていた。最近、右上肢の疼痛も出現してきた。喫煙歴は20歳時から20~30本/日である。胸部エックス線写真、胸部MRIのT1強調冠状断像および肺生検組織H-E染色標本と細胞診Papanicolaou染色標本を以下に示す。
  • この患者でみられないのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 095G014]←[国試_095]→[095G016

107I068」

  [★]

  • 25歳の女性。高血圧の精査のため来院した。6か月前に胃腸炎症状で自宅近くの診療所を受診し高血圧を指摘された。3か月前から食欲が亢進し体重が4kg増加した。身長154cm、体重64kg。脈拍76/分、整。血圧156/100mmHg。顔面は赤ら顔で丸く、ざ瘡を認める。尿所見:糖1+。
  • 所見として予想されるのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107I067]←[国試_107]→[107I069

098B017」

  [★]

  • 62歳の男性。顔と手足とのむくみを主訴に来院した。26歳の時にBasedow病に罹患し、放射性ヨード治療を受けた。数年前から脱毛が目立つようになった。血清生化学検査では遊離トリヨードサイロニン(freeT3)1.0pg/ml(基準2.3~4.3)、遊離サイロキシン(freeT4)0.3ng/dl(基準0.9~1.7)である。
  • この患者でみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098B016]←[国試_098]→[098B018

095E016」

  [★]

  • 症候と疾患の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 095E015]←[国試_095]→[095E017

5H」

  [★]


褐色細胞腫

症状の語呂合わせ
hypertension 高血圧
hyperglycemia 高血糖
headache 頭痛
hypermetabolism 代謝亢進
hyperhidrosis 発汗過多

多汗症」

  [★]

hyperphidrosis, hyperhidrosis, hyperidrosis, polyhidrosis, polyidrosis, hidrosis
発汗過多症
発汗過多多汗症、(国試)多汗



excess sweating」

  [★]

  • 発汗過多
hyperhidrosishyperhidrotic


発汗」

  [★]

diaphoresis, sweating, perspiration, sudation, sensible perspiration
有感蒸散 sensible perspiration
多汗



過多」

  [★]

excessrepletionoversupply
過剰超過過度過剰量

多」

  [★]

polymulti
ポリマルチ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡