発揚期

出典: meddic

和文文献

  • 腦循環ニ及ボス藥物ノ影響ニ就テ : 第一編 麻醉藥,鎭痛催眠藥並ニ局所麻醉藥ノ影響
  • 町田 昌直
  • 京都府立医科大学雑誌 5B(4/5/6), A273-A316, 1931
  • 腦血行ニ關スル從來ノ知見ヲ顧ルニ,腦血管ハ何等血管運動神經ノ支配ヲ受ケズ,從テ腦血行ハ全ク一般全身血壓ニ從屬シ,之ニ從テ消長スルモノナリト云ハレ,或ハ腦血管ハ固有ノ血管神經中樞ヲ有シ,一種特有ナル循環状態ヲ呈スルモノナリト唱ヘラレ,又他方腦血管ハ一般血管ト同樣ニ延髓ニ於ケル一般血管神經中樞ニヨリ支配セラルルモノニシテ,其ノ循環状態ハ一般他臟器ト何等異ナル所ナシトスル説等アリテ歸一スル所ナシ.最近本 …
  • NAID 110007106583

関連リンク

中枢抑制作用を持つ麻酔とは異なり、エタノールの場合、早期には(低レベルの血中 濃度では)抑制系神経に対して神経抑制効果が掛かるために結果として興奮が助長 される(アルコール作用の発揚期)。 血中濃度が上昇するにつれて、運動器や意識を 司る ...
アルコールは麻酔作用を持つが、発揚期(上位中枢の抑制系が先に抑制された見かけ 上の興奮状態:誘導期(導入期)と麻酔期の間に現れる)が長く、これがいわゆる酩酊 状態である。発揚期は血中濃度0.06%程度(体重60kgのうち60%=36kgが水分と 仮定 ...

関連画像

寝酒」も度が過ぎると2007/7/19 ジョージ・W・ブッシュ 日露戦争後に更なる国威発揚 金正恩が芸能出身の妻を連れて



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡