癌性腹膜炎

出典: meddic

peritonitis carcinomatosa
腹膜癌症 腹膜癌腫症 peritoneal carcinomatosis
腹膜播種シュニッツラー転移

概念

  • 癌の腹腔内への播種により多数の結節を腹膜に生じ、漿液性/血性腹水を貯留した病態

治療

  • 対症療法

予後

  • 予後不良


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-19-20 卵巣癌癌性腹膜炎モデルに対するmTOR阻害剤を用いた至適併用化学療法の探索(Group111 悪性卵巣腫瘍・基礎2,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 板持 広明,野中 道子,佐藤 誠也,上垣 憲雅,浪花 潤,佐藤 慎也,島田 宗昭,大石 徹郎,寺川 直樹,原田 省,紀川 純三
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 826, 2011-02-01
  • NAID 110008509900
  • 臨床の実際 大量腹水を伴う癌性イレウスに対して空腸瘻が有効であった一例
  • 小泉 範明,足立 哲夫,福島 正信 [他]
  • 外科治療 104(6), 955-957, 2011-06
  • NAID 40018870434
  • 症例 腹腔鏡で確定診断した結核性腹膜炎の1例
  • 田上 修司,山本 育男,高尾 信行 [他]
  • 外科 73(6), 637-641, 2011-06
  • NAID 40018847908

関連リンク

癌性腹膜炎に対する標準治療の限界とは… 癌性腹膜炎は、発見された時点でがんが進行・転移していることが多く、積極的に治療を行うことができません。 延命のためには、腹水を抜いた後、抗がん剤を投与し、腹水が再び溜まるの ...
家庭医学館 - がん性腹膜炎の用語解説 - [どんな病気か] 腹腔(ふくくう)内の消化器がんや婦人科のがんが進行して末期になると、腫瘍(しゅよう)からがん細胞が脱落したり、転移したリンパ節が大きくなり、腹膜の全面にわたって ...
胃がんが進行すると、胃壁の表面から裏側へとしみこみ、ついには漿膜を破って腹腔内へこぼれ落ちる。このこぼれ落ちたがん細胞は腹腔内で様々な炎症をひき起こし、がん性腹膜炎となる。がん性腹膜炎になると、治療の手がな ...

関連画像

約 2 ヵ月 後 3 回 目 治療 時腹膜転移(癌性腹膜炎)癌性腹膜炎 (がんせいふく c さんが、がん性腹膜炎で死去癌性腹膜炎


★リンクテーブル★
先読み腹膜播種」「シュニッツラー転移
国試過去問095G030」「102D041」「096A028」「103D050」「097D029」「099C023」「101B095
リンク元腹水
関連記事腹膜炎」「腹膜」「」「癌性

腹膜播種」

  [★]

peritoneal dissemination
腹膜転移 peritoneal metastasis播種


シュニッツラー転移」

  [★]

Schnitzler metastasis
Schnitzler転移



095G030」

  [★]

  • 35歳の男性。1週前から腹部膨満感が出現したため来院した。3か月前から時々黒色便があったが放置していた。2か月で3kgの体重減少がある。身長165cm、体重50kg。眼瞼結膜に貧血を認める。左鎖骨上窩に小指頭大の硬いリンパ節を触知るする。肺肝境界の上昇と波動のある腹部膨隆とを認める。腹腔穿刺をしたところ腹水が採取された。この腹水について予想されるのはどれか。
  • (1) 血性である
  • (2) 蛋白は少ない
  • (3) 糖は低値である
  • (4) 細胞成分は少ない
  • (5) 利尿薬に反応しにくい
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095G029]←[国試_095]→[095G031

102D041」

  [★]

  • 54歳の男性。腹痛と発熱とを主訴に来院した。1週前から体重の増加と腹部膨満とを認める。5年前から肝硬変で経過観察中である。眼球結膜に黄染を認める。腹部に波動を認め、腹部全体に軽度の圧痛を認める。腹水所見:淡黄色、比重1.012、蛋白2.1g/dl、アミラーゼ300IU/l、白血球950/μl(好中球多数)。腹部エックス線単純写真立位像で異常を認めない。
  • 最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102D040]←[国試_102]→[102D042

096A028」

  [★]

  • 54歳の男性。1週前から体重の増加と腹部膨満とを認め、腹痛と発熱とが出現したため来院した。5年前から肝硬変として経過観察中である。眼球結膜は黄染し、腹部に波動を認め、腹部全体に軽度の圧痛を認める。腹水所見:淡黄色、蛋白濃度低値、アミラーゼ低値、好中球多数。立位腹部エックス線単純写真で異常を認めない。最も考えられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096A027]←[国試_096]→[096A029

103D050」

  [★]

  • 42歳の女性。腹部膨満感を主訴に来院した。10か月前に胃全摘術を受けた。皮膚はやや乾燥し蒼白である。腹部は全体に膨隆し、上腹部正中に手術瘢痕を認める。10か月前に摘出された胃の標本の肉眼像、H-E染色標本及び今回来院時の腹部単純CTを以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 103D049]←[国試_103]→[103D051

097D029」

  [★]

  • 42歳の女性。腹部膨満感を主訴に来院した。10か月前に胃全摘術を受けている。皮膚はやや乾燥し蒼白である。腹部は全体に膨隆し、上腹部正中に手術瘢痕を認める。10か月前に摘出された胃の標本の肉眼像、H-E染色標本および今回来院時の腹部単純CT、写真を以下に示す。
  • 考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097D028]←[国試_097]→[097D030

099C023」

  [★]

  • 67歳の女性。2年前に胃癌に対して胃全摘術を受けた。6か月前に両側肺、縦隔リンパ節および腹膜に転移病変を認めた。1か月前から胸水の貯留が認められ増加してきている。3日前から、縦隔リンパ節転移による食道の狭窄が強くなり入院した。
  • この患者に最も適した栄養ルートはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099C022]←[国試_099]→[099C024

101B095」

  [★]

  • 腹水の性状と疾患の組合せで誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101B094]←[国試_101]→[101B096

腹水」

  [★]

ascites, abdominal dropsy, hydroperitonia
腹腔内貯留液 intraperitoneal fluid
波動


概念

  • 腹腔内液体貯留

分類

  滲出性 漏出性
外観 混濁 清明
蛋白質濃度(g/dl) >4.0 >2.5
Rivalta反応
比重 >1.018 <1.015 
疾患 癌性腹膜炎 肝硬変
化膿性腹膜炎 心疾患
結核性腹膜炎 ネフローゼ
  Budd-Chiari症候群
血清蛋白質濃度は6.5-8.0g/dLが正常範囲

腹水の性状

比重、蛋白濃度による分類

  • 漏出性腹水
  • 滲出性腹水

病因

  • 1. 門脈圧・静脈圧亢進
  • 2. 膠質浸透圧の低下
  • 3. リンパ液のうっ滞
  • 4. 血管透過性の亢進

病態生理

肝硬変における腹水 HIM.1978

  • 肝硬変→門脈高血圧→内臓の血管拡張→
  • 1. →内臓の血管内圧の上昇→腹水
  • 2. →動脈血の減少→血管収縮機構と抗ナトリウム利尿機構の亢進→ナトリウム保持→血漿量の増加→腹水

貯留しやすい部位(QB.Q-205)

検査

  • 500ml以上の貯留があれば、腹部超音波検査、腹部CT、腹部MRIで検出できる。

腹部単純X線写真

治療

HIM.1978

  • 軽度の腹水:食事療法でナトリウム制限を行う。
  • 中等度の腹水:利尿薬で治療を行う。スピロノラクトン、さらに必要があればフロセミドを重ねる。
  • refractory ascites:利尿薬と食事療法でコントロールできない腹水。この場合、LPV(large volume paracentesis)やTIPS(transjugular intrahepatic portosystemic shunt)を考慮する。



腹膜炎」

  [★]

peritonitis
腹膜
  sensitivity(%) specificity(%) positive likehood ratio
garding 13~69 56~97 2.6
rigidity 6~31 96~100 5.1
rebound tenderness 40~95 20~89 2.1
rectal tenderness 20~53 41~96 n.s.
positive abdominal wall tenderness test 1~5 32~72 0.1

国試




腹膜」

  [★]

peritoneum (Z) < peritonaion < peritonos < peri-'around'+-tonos'stretched' ; perineumと勘違いしないように
漿膜




炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症


癌性」

  [★]

cancerouscarcinomatous
がんがん性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡