癌性疼痛

出典: meddic

cancer pain, terminal cancer pain
末期癌の疼痛癌疼痛がん疼痛
ブロンプトンカクテルWHO方式癌疼痛治療


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/09/03 08:29:45」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床経験 神経障害性癌性疼痛に対するプレガバリンの使用経験
  • P-0270 癌性疼痛に対し積極的に処方支援しオピオイド併用を行った胆道癌の1症例(一般演題 ポスター発表,がん薬物療法(緩和ケア),Enjoy Pharmacists' Lifestyles)
  • 平賀 一貴,山本 博史
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 21, 226, 2011-09-09
  • NAID 110008909738

関連リンク

癌性疼痛は、癌の患者さまが抱える深刻な症状の一つであり、痛みのために日常生 ... て、癌性疼痛対策は極めて大切であり、そのための方法に習熟しておくことが必要で. す 。 癌性疼痛対策に必要なことは、痛みの原因と現状評価(アセスメント)、生活上の目 ...

関連画像

オピオイド製剤 癌性疼痛  癌性疼痛癌性疼痛 (FOR PROFESSIONAL 癌性疼痛影像癌性疼痛 癌性疼痛


★リンクテーブル★
先読みWHO方式癌疼痛治療
国試過去問096E041」「105G027
リンク元鎮痛補助薬」「癌疼痛」「がん疼痛」「cancer pain
拡張検索WHOの癌性疼痛治療法
関連記事疼痛」「癌性」「

WHO方式癌疼痛治療」

  [★]

WHO method for relief of cancer pain
WHO式癌疼痛治療法 WHO Cancer Pain Relief ProgrammeWHO3段階除痛ラダー WHO three-stepanalgesic ladder、3段階ラダー


WHOの基本5原則

  • 1. WHOのラダーに沿って
  • 2. できるかぎり内服で、
  • 3. 少量で始めて疼痛が消える量へと漸増し、
  • 4. 定時投与とし、     ← 頓用ではない
  • 5. 必要に応じて鎮痛補助薬の併用も考慮



鎮痛補助薬 SAN.410

参考

  • 1. WHO方式癌疼痛治療ガイドライン
[display]http://www.geocities.jp/study_nasubi/l/l13.html

国試

  • 106C030:吐き気はオピオイド服用開始に出現しやすいので、開始時から制吐薬を開始する。副作用に対してはオピオイドの減量ではなく、制吐薬・緩下薬などを利用し、オピオイドの減量は避ける、だったっけ?


096E041」

  [★]

  • 誤っている組合せはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096E040]←[国試_096]→[096E042

105G027」

  [★]

  • 癌性疼痛緩和のための薬物療法の原則について正しいのはどれか。
  • a 静注薬から開始する。
  • b 時刻を決めて授与する。
  • c 弱オピオイドから開始する。
  • d 原発巣を確定する前には開始しない。
  • e オピオイド鎮痛薬との併用は避ける。
[正答]


※国試ナビ4※ 105G026]←[国試_105]→[105G028

鎮痛補助薬」

  [★]

癌性疼痛
see WHO方式癌疼痛治療#鎮痛補助薬 SAN.410

癌疼痛」

  [★]

cancer pain
癌性疼痛がん疼痛

がん疼痛」

  [★]

cancer pain
癌疼痛癌性疼痛

cancer pain」

  [★]


WHOの癌性疼痛治療法」

  [★] WHO方式癌疼痛治療


疼痛」

  [★]

pain, dolor
痛み
痛覚 pain sensation

疼痛

疼痛の伝達

  • Aδ線維
  • C線維

疼痛の調節

  • ゲートコントロール:Aδ線維とC線維による痛みはAβ線維による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系:下行性疼痛抑制系神経系による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系は中脳水道周辺灰白質からの脊髄への入力からなる。具体的には大縫線核(セロトニン作動性)、巨大細胞網様核・傍巨大細胞網様核(ノルアドレナリン作動性)がの2系統が起点となる。抗うつ薬はこれらの神経伝達物質の再吸収を妨げ鎮痛作用を発揮する。




癌性」

  [★]

cancerouscarcinomatous
がんがん性


痛」

  [★]

pain
痛み疼痛



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡