癌取扱い規約

出典: meddic

General Rules for Clinicaland Pathological Management of Cancers



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/05/26 23:11:31」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 門脈腫瘍塞栓・同時性肝転移を伴う胃癌に対する化学療法と肉眼的根治切除により12年生存をえている1例
  • 西野 裕人,佐々木 勉,浅生 義人,古山 裕章,吉村 玄浩
  • 日本消化器外科学会雑誌 48(4), 297-305, 2015
  • … を開始した.S-1/CDDP療法により肝転移巣は縮小し,門脈腫瘍塞栓は画像検査上消失した.副作用のため化学療法の継続は困難となり,2002年6月に胃全摘(D2郭清),脾摘および肝部分切除術を施行した.胃癌取扱い規約第13版による病理組織学的診断は,粘液癌,pT2(SS),pN0,pH1,pStage IV,組織学的効果判定はGrade 2であった.術後補助化学療法は副作用のため途中で中止したが,術後12年無再発生存中である.門脈腫瘍 …
  • NAID 130005065290
  • 病理学的因子からみたStage III大腸癌の再発危険因子
  • 小山 基,森田 隆幸,橋爪 正,伊藤 卓,村田 暁彦,坂本 義之,諸橋 一,袴田 健一
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 68(2), 68-74, 2015
  • … 大腸癌取扱い規約第8版に準じた病理学的因子からみたStage III大腸癌の再発危険因子を明らかにする.【対象・方法】1994~2003年に多施設から集積された治癒切除Stage IIIの303例を対象として再発危険因子をretrospectiveに解析した.【結果】再発転移は34.7%で,5年無再発生存率は62.7%,5年生存率は71.8%.再発危険因子の多変量解析で壁深達T4,リンパ節転移4個以上(N2-3),神経侵襲あり(PN1),壁外非連続性癌進展病巣 …
  • NAID 130004902108
  • Round Table Discussion 肝癌取扱い規約第6版への展望
  • 國土 典宏 [司会],坂元 亨宇 [出席],阪本 良弘 [出席他]
  • The liver cancer journal : 季刊学術雑誌 6(4), 215-222, 2014-12
  • NAID 40020357304

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事

約」

  [★]

approximatelyaboutaroundapprox.circaca.
およそ、関する、周囲~に関して




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡