痛覚過敏

出典: meddic

hyperalgesia, hyperalgegia
痛覚異常



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 繰り返し寒冷ストレスによる機械痛覚過敏における性差
  • 那須 輝顕,片野坂 公明,水村 和枝
  • 日本生気象学会雑誌 47(3), 32, 2010-09-01
  • NAID 10026721458
  • 高用量レミフェンタニル使用後の痛覚過敏に及ぼすセボフルランとプロポフォールの影響
  • 三木 学,縣 秀栄,湯村 潤子,大坪 有子,小板橋 俊哉
  • 日本歯科麻酔学会雑誌 38(2), 180-186, 2010-04-15
  • NAID 10026405047

関連リンク

痛覚過敏↓, [IASP] An increased response to a stimulus which is normally painful. 通常痛みを感じる刺激によって誘発される反応(感覚)が、通常よりも(痛み ... 痛覚過敏 Hyperalgesia ←→Hyperesthesia/Hyperpathia/Sensitization/ハイパーネーシス ...
この結果、痛覚過敏やアロディニアがおこると考えられており、この機構を末梢性感作 という。実は非ステロイド性抗炎症 ... EP受容体を介する痛覚過敏には有効だが ブラジキニンやヒスタミンを介するものには効かない。またペインコントロールは一度失敗 すると、 ...

関連画像

対症療法 だけ で は 不十分 後角の神経細胞に痛覚神経終末 ポリモーダル受容体(図2)中枢性痛覚過敏(Central 痛覚過敏の患者のストレスを  )→神経が伸びる→痛覚過敏


★リンクテーブル★
リンク元神経因性疼痛」「熱痛覚過敏」「肢端感覚過敏」「hyperalgesia
拡張検索一次性痛覚過敏」「痛覚過敏性偽性血栓静脈炎」「痛覚過敏反応
関連記事痛覚」「過敏

神経因性疼痛」

  [★]

neuropathic pain
神経障害性疼痛神経因性痛
帯状疱疹後神経痛

概念

  • 神経組織の損傷がきっかけとなって発症。神経組織の器質的、機能的変化によるとされる。

神経因性疼痛を来す疾患

SAN.402

病態


熱痛覚過敏」

  [★]

thermal hyperalgesia
痛覚過敏温熱性痛覚過敏二次痛覚過敏一次痛覚過敏

肢端感覚過敏」

  [★]

acroesthesia
痛覚過敏手袋靴下型感覚消失


hyperalgesia」

  [★] 痛覚過敏

hyperalgia


一次性痛覚過敏」

  [★]

primary hyperalgesia
一次痛覚過敏


痛覚過敏性偽性血栓静脈炎」

  [★]

hyperalgesic pseudothrombophlebitis


痛覚過敏反応」

  [★]

hyperalgesic response

痛覚」

  [★]

pain sensation, algesthesia, algesia
痛感覚侵害感覚 nociception
上行性伝導路痛覚の中枢
2007年度後期生理学授業プリント

痛みの分類

  • 鋭痛(Aδ線維)
  • 鈍痛(C線維) 

内因性発痛物質

  • ブラディキニン・ヒスタミン・セロトニン・プロスタグランジン・乳酸・K+

痛覚過敏

痛覚の伝導路



過敏」

  [★]

supersensitivityirritationsupersensitiveirritable
過感受性過感受的刺激作用被刺激性易刺激的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡