痙攣性疾患

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Neuropsychiatric systemic lupus erythematosusにおける髄液IL-6の有用性に関する臨床的検討
  • 当院の小児救急外来における痙攣性疾患の現状
  • 徳島赤十字病院医学雑誌 = Tokushima Red Cross Hospital Medical Journal 12(1), 31-34, 2007-03-01
  • NAID 120005273632
  • 小児てんかん, 痙攣性疾患の薬剤選択とTDM
  • 臨床薬理 = JAPANESE JOURNAL OF CLINICAL PHARMACOLOGY AND THERAPEUTICS 37(3), 181-184, 2006-05-31
  • NAID 10019169086

関連リンク

けいれん性疾患では、脳の電気的活動に周期的な異常が生じて、脳の機能が一時的にある程度障害されます。 ... コントロールできないふるえや意識の喪失が起こる場合もありますが、多くの場合は、単に動きが止まるか、または何が ...
概要 痙攣(けいれん)とは、筋肉が急激に不随意(自分の意志とは関係なく)に収縮する発作のことをいい、全身または一部の筋肉に起こります。骨格筋(四肢の筋)に発作的にみられる急激な収縮(てんかん性の痙攣、convulsion)は ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事痙攣」「疾患」「痙攣性

痙攣」

  [★]

痙攣

(脳脊髄性)convulsionseizure、(痛性)cramp、(痙縮)spasmconvulsive
痙攣発作
筋痙攣痙縮痙直痙攣痙攣性スパスムスパズムてんかん癲癇てんかん発作腹痛発作攣縮けいれん性れん縮こむら返り腓返り筋けいれん


分類

部位

  • 全身性
  • 局所性

原因

  • 全身性

アミノ酸代謝異常で痙攣を呈さないもの

乳幼児期の精神発達遅延+痙攣

YN.J-39


参考

  • 1. 小児科診療・2009年・6号 (103)1083 けいれん


国試


疾患」

  [★]

disease, disorder, disturbance, illness, sickness, malady
疾病病気
疾病障害乱れ無秩序病害病気病弊



痙攣性」

  [★]

convulsivespasticspasmodic
痙縮性痙性痙直痙攣けいれん性けいれん



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡