症例対照研究

出典: meddic

case-control study
ケース・コントロール研究
患者対照研究
症例対照法アトリビュータブル・リスクコホート研究分析疫学マッチング


特徴

  名称 患者対照研究 コホート研究
時間軸 後向き研究 前向き研究
調査の方法 既往調査、病歴調査 追跡調査
対象 曝露情報の
信頼性
患者の過去の記録やカルテに頼るため 信頼性は低い 現時点での曝露状況が判明しているので信頼性は高い
対象 偏り
バイアス
抽出の段階で、既に患者、対照群とも に偏りが発生している場合が多い 母集団から、要因の有無別に対照群が 抽出されるため、偏りは小さい
対象 まれな要因 評価不能 評価可能
調査 観察期間 なし 長期
調査 費用
労力
患者と対照のみを観察するので、費用・労力が少ない 大きな集団を長期に追跡しなければな らないので、費用・労力が多い
疾患 対照疾患 単一 複数
疾患 診断の正確性 正確性が高い 正確性が低い
→診断基準が必要
疾患 まれな疾患 可能 困難
解析 罹患率 計算不可 算出可能
解析 相対危険度 近似値の算出 算出可能
解析 寄与危険度 計算不可 算出可能


その他の特徴

  • 対照群は母集団を代表しているわけではない →対照は必ずしも健常者でなくともよい(同じ病院の他の疾病の患者が選ばれることが多い)
  • 交絡因子を考慮した調査対象の選択が必要である.
  • 統計学的検定にはカイ二乗検定などが用いられる


参考

  • はじめてケースコントロールシート2.5 Beginners’ Training Sheet for Case-control study
[display]http://spell.umin.jp/BTS_CCS2.5.pdf



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/21 01:32:07」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 携帯電話使用と脳腫瘍の疫学研究における携帯電話使用の側性の妥当性評価
  • 清水 悟/山口 直人
  • 東京女子医科大学雑誌 82(3), 179-184, 2012-06-25
  • … 携帯電話使用と、脳腫瘍及び他疾患のリスク評価を目的とする症例対照研究において、脳腫瘍の位置と頻繁に使われる耳の側性との関係は、その因果関係を解釈する上で重要である。 … 症例対照研究において携帯電話使用時の同側に、見出された脳腫瘍などのリスク増加は、携帯電話使用時の側性の正確さに影響を受けるため、慎重に評価されなければならない。 …
  • NAID 110009423410
  • コホート研究と症例対照研究
  • 杉浦 実
  • 日本食品科学工学会誌 : Nippon shokuhin kagaku kogaku kaishi = Journal of the Japanese Society for Food Science and Technology 58(12), 608-609, 2011-12-15
  • NAID 10030333576
  • 疫学入門 : 理論と解析
  • 本田 靖
  • バイオメカニズム学会誌 = Journal of the Society of Biomechanisms 35(4), 258-261, 2011-11-01
  • NAID 10030038981
  • 聴覚障害児の発話明瞭度について : 感覚器障害戦略研究・症例対照研究における結果から
  • 新谷 朋子,吉野 真代,川端 文,才川 悦子,氷見 徹夫,北川 可恵,笠井 紀夫,福島 邦博
  • Audiology Japan 54(5), 567-568, 2011-09-30
  • NAID 10029742028

関連リンク

ケースコントロール・スタディ ケースコントロール・スタディ(case-control study) 疫学の研究方法(研究デザイン)の一つで、 症例対照研究、あるいは、 後向き研究(retrospective study) とも呼ばれています。 最初に、 既に疾病に ...
(注:このデータは便宜的に作ったもので、実際のデータではない) このデータは過去へ向かって調査している「後ろ向き」な研究なので、ケースコントロール(症例対照研究)である。 ・オッズ比の計算 まず、オッズ比を求める。
> 電磁界について > 調査研究 > 症例-対照研究 の進め方は? 電磁界について 症例-対照研究の進め方は? 例:スウェーデン(カロリンスカ研究所)研究 ※赤字は問題点 注): 表中の症例数、対照数の合計が抽出者数と一致していない ...

関連画像

症例対照研究コホート内症例対照研究 - Study 症例対照研究の画像 - 原寸画像 6.症例対照研究 case-control 記述的研究症例対照研究(ケース 研究 を 症例 対照 研究 と 図4 症例対照研究


★リンクテーブル★
国試過去問103E050」「106H018」「106C012」「107G006」「107C012」「108G005」「105F002」「104G007」「108H007
リンク元根拠に基づく医学」「症例対照法
拡張検索コホート内症例対照研究
関連記事研究」「対照」「症例

103E050」

  [★]

  • 石綿を使用していた工場の周辺住民における中皮腫死亡率の調査を行った。
  • 死亡率は、全国の一般住民と比較して、半径300m未満の男性居住者で14倍、300m~600mで6倍、600m~900mで2倍であった。
  • 正しいのはどれか。2つ選べ。
  • a. 石綿曝露に関する症例対照研究である。
  • b. 石綿曝露による中皮腫の標準化死亡比が算出できる。
  • c. 石綿曝露による中皮腫死亡のオッズ比は7である。
  • d. 石綿曝露による中皮腫死亡の寄与危険度は12である。
  • e. 石綿曝露と中皮腫死亡率との間には量-反応関係が推察される。
[正答]


※国試ナビ4※ 103E049]←[国試_103]→[103E051

106H018」

  [★]

  • a エビデンスが系統的に検索・評価されている。
  • b 患者とのコミュニケーションには利用できない。
  • c 推奨に従わなければ、保険診療の対象とならない。
  • d 症例対照研究の結果は、推奨の根拠として採用されない。
  • e 主に専門医に対するアンケート調査に基づいて作成される。


[正答]


※国試ナビ4※ 106H017]←[国試_106]→[106H019

106C012」

  [★]

  • 症例対照研究について正しいのはどれか。
  • a 結果が出るまでの観察期間が長期にわたる。
  • b 症例群と対照群とに無作為に割り付ける。
  • c 症例群と対照群との情報を収集する。
  • d 交絡因子の影響を受けない。
  • e 寄与危険度を計算できる。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C011]←[国試_106]→[106C013

107G006」

  [★]

  • a 調査期間が短い。
  • b 研究に費用がかからない。
  • c 疾患発生の有無を追跡する。
  • d 寄与危険度が計算できない。
  • e まれな疾患の研究に適する。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G005]←[国試_107]→[107G007

107C012」

  [★]

  • ある研究結果の表を示す。


  • この研究方法はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 107C011]←[国試_107]→[107C013

108G005」

  [★]

  • 症例対照研究について誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108G004]←[国試_108]→[108G006

105F002」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 105F001]←[国試_105]→[105F003

104G007」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 104G006]←[国試_104]→[104G008

108H007」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 108H006]←[国試_108]→[108H008

根拠に基づく医学」

  [★]

evidence-based medicine, EBM

エビデンスレベル

  • Ia
  • Ib
  • IIa
  • 非ランダム化比較試験
  • IIb
  • その他の準実験的研究
  • III
  • IV
  • 専門科委員会や権威者の意見

参考

  • 1. 資料集-EBMミニレクチャースライド
[display]http://spell.umin.jp/EBM_materials_slide.html
  • 2. 資料集-はじめてシート
[display]http://spell.umin.jp/EBM_materials_BTS.html



症例対照法」

  [★]

case-control study
患者対照研究症例対照研究コホート内症例対照研究

コホート内症例対照研究」

  [★]

nested case-control study
症例対照法コホート研究
  • 追跡中のコホート内に発生した患者を症例とし、対照が症例と同じコホートから選択されるが、その選択が症例の発症後に行われる症例対照研究。対照群と症例群の生存時間のバランスがとれるなど、多くの交絡因子が除去される。(http://phi.med.gunma-u.ac.jp/epi-spc/term4.pdf)


研究」

  [★]

調べる治験調査働く検討仕事研究開発作業リサーチ実験研究研究技術研究活動研究優先順位概要報告


対照」

  [★]

contrast, control
規制管理コントロール支配制御調節対比対照をなすコントラスト


症例」

  [★]

case
ケース場合




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡