病理検査

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/23 10:47:57」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胸腔鏡で確定診断に至った壁側胸膜再発腎細胞癌の1例
  • 山口 学,三浦 弘之,中嶋 英治,高橋 秀暢,池田 徳彦
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 35(2), 215-219, 2013-03-25
  • … 1週間後胸水の増量とともに呼吸困難が出現し,入院となった.胸腔ドレナージ施行後に複数回胸水細胞診を施行したが確定診断を得られず,全身麻酔下に胸腔鏡下胸膜生検を施行した.術中に胸膜表面に易出血性の結節を認め,病理検査で腎細胞癌の胸膜転移と診断した.結語.特に胸水細胞診で確定診断に至らない症例に対して,胸腔鏡下検査は安全に胸水及び胸壁腫瘍の診断が行え,有用である. …
  • NAID 110009597498
  • 膿胸と鑑別を要した顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)産生悪性胸膜中皮腫の1例
  • 高萩 亮宏,松田 英祐,田尾 裕之,田中 俊樹,佐野 史歩,岡部 和倫
  • 気管支学 : 日本気管支研究会雑誌 35(2), 145-149, 2013-03-25
  • … と発熱で前医を受診し,胸部CT検査で左胸腔内の不整な胸膜肥厚と被包化胸水を認め,当院紹介となった.血液検査や胸水細胞診では悪性腫瘍が否定できなかったため,全身麻酔下の胸腔鏡下胸膜生検を施行し,病理検査で上皮型悪性胸膜中皮腫と診断した.術後も炎症反応が改善しないため血中の顆粒球コロニー刺激因子(G-CSF)測定を行い, 356pg/ml(基準値39.0pg/ml以下)と高値であった.免疫組織化学検査で,腫瘍細胞はG-CSF陽性であ …
  • NAID 110009597485

関連リンク

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問108B016
関連記事検査」「病理

108B016」

  [★]

  • 電子顕微鏡による病理検査の組織固定法で最も適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108B015]←[国試_108]→[108B017

検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


病理」

  [★]

pathologypathologic
症状病態病態学病態的病的病理学病理的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡