病学通論

出典: meddic

和文文献

  • 江戸後期ヨーロッパ系医学書における運動障害認識に関する一考察

関連リンク

代表作「病学通論」 洪庵には代表作と呼ばれる著作がいくつかありますが、この「病学通論」はその中でも特に代表作といわれる3つの著作のうちで、初めて刊本されたものであり、蘭学が圧迫されていた社会背景を考えると、刊行 ...
病学通論 : 3巻. 病学通論 1 著者 緒方洪庵 [訳][他] 出版者 [出版者不明] 出版年月日 〔19--〕 請求記号 W415-34 書誌ID 000002065231 公開範囲 インターネット公開(保護期間満了) 詳細表示 資料種別 (materialType) Book 病学 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡