痂皮

出典: meddic

crustscabcrustal
かさぶた
瘡蓋外被膿疱発疹



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/12/01 00:03:24」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 犬と猫の皮疹ノート(第8回)痂皮
  • 放射線照射後のラットにおける酸化反応物測定値と皮膚障害の関係
  • 金子 崇,後藤 準,野宮 琢磨,根本 建二
  • 山形大学紀要. 医学 : 山形医学 29(1), 19-28, 2011-02-15
  • … がん治療において放射線は日常的に用いられているが、正常な皮膚にも脱毛・痂皮・潰瘍といった副作用を生じる。 …
  • NAID 110008576605

関連リンク

... 目立ちやすい。動物の生体保護現象の一つで、主に傷口の出血を止める目的の過程 で発現する。 医学領域では痂皮(かひ)という用語が用いられる。 本項では以後、 平仮名でかさぶたと表記する。また便宜上、説明では人間のケースを前提にする事と する。
2002年12月24日 ... 以前,「痂皮は切除してから被覆した方がいい」と書いたが,一部訂正し,痂皮について の取り扱いをまとめてみた。 なお用語をまとめると,通常「カサブタ」と呼ばれている痂皮 は crust であり,これは浸出液が固まったもので,水に溶ける。

関連画像

痂皮のケア方法水疱性痂皮痂皮(かひ)痂皮(かひ)イメージ痂皮性


★リンクテーブル★
先読み発疹」「crustal」「膿疱
国試過去問108A051」「108C018」「096B024」「105G011
リンク元類天疱瘡」「crust」「scab」「外被」「膿痂疹
拡張検索痂皮形成」「痂皮化

発疹」

  [★]

eruption, skin rash, lesion
exanthema
皮疹
皮疹
  • 出現時期、消長、同様のエピソードの有無、周囲での流行、接触、旅行歴、遺伝性疾患の有無、基礎疾患、予防接種状況



crustal」

  [★]

  • 痂皮の
crustscab

WordNet   license wordnet

「of or relating to or characteristic of the crust of the earth or moon」


膿疱」

  [★]

pustule
pustula
水疱


  • 原発疹
  • 原発疹の水疱から続発疹となることもある


108A051」

  [★]

  • 60歳の男性。発熱と全身の皮疹を主訴に来院した。 15日前に山へ山菜採りに行った。 5日前から発熱があり、 3日前から全身に皮疹が出現していた。体温 39.5℃。全身に痒みのない紅色丘疹が多発し、右下腿には黒褐色の痂皮が付着した紅斑を認める。血液所見:赤血球 436万、 Hb 13.6 g/dl、Ht 42%、白血球 6,800、血小板 32万。血液生化学所見: AST 120 IU/l、ALT 110 IU/l。CRP 3.5 mg/dl。胸腹部 (別冊No.24A)と右下腿 (別冊 No.24B)の写真を別に示す。
  • 治療薬として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108A050]←[国試_108]→[108A052

108C018」

  [★]

  • 2歳の男児。発熱と皮疹とに気付いた母親に連れられて来院した。前日の夜から胸部と腹部とに皮疹が出現し、今朝から 38.0℃の発熱がある。同居している祖父が2週前に右.の帯状疱疹に罹患している。体温 38.2℃。直径 2~ 5 mmの紅斑が顔、胸部、腹部および四肢に散在し、一部は水疱を伴っている。
  • この患児が 4日後に再診したときに最も多く見られる皮疹はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108C017]←[国試_108]→[108C019

096B024」

  [★]

  • 死体検案時の外表所見において生活反応と判断できないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096B023]←[国試_096]→[096B025

105G011」

  [★]

  • 褥瘡の治癒に適しているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G010]←[国試_105]→[105G012

類天疱瘡」

  [★]

pemphigoid
水疱症


  • 自己抗体
  • 表皮下水疱 → 緊満性水疱

表皮下水疱症(類天疱瘡群) (NDE.218)

  • 自己免疫性水疱症(後天性水疱症) autoimmuno blistering disease
  • 表皮下水疱症(類天疱瘡群)


代表的な天疱瘡と類天疱瘡の比較

  尋常性天疱瘡 落葉性天疱瘡 水疱性類天疱瘡
年齢 中年~老年 中年 老年(若年もあり)
好発部位 口腔粘膜全身 全身 全身
臨床像 皮膚所見 水疱びらん びらん、葉状落屑、 緊満性水疱、浮腫性紅斑、掻痒
粘膜浸潤 ++ 痂皮
Nikolsky現象  
病理組織像 所見 表皮内水疱
(棘融解)
表皮下水疱
好酸球浸潤
Tzanck試験  
棘融解部位 表皮下層(基底細胞直上) 表皮上層(顆粒層)  
抗原 Dsg3 のみ、
Dsg3 と1 の共存
Dsg1 のみ BP180BP230
ELISA Dsg1(+または-)、Dsg3(+) Dsg1(+)、Dsg3(-)  
蛍光抗体法所見 直接法(病変部皮膚) 表皮細胞間に
IgGC3 陽性
病変部基底膜部に
IgGC3 の線状沈着
間接法(血清中) 抗表皮細胞間物質抗体(IgG)陽性 抗基底膜抗体検出
治療 ステロイド免疫抑制薬血漿交換療法、γ グロブリン療法 ステロイド内服免疫抑制薬DDSなど


crust」

  [★]

  • n.


WordNet   license wordnet

「form a crust or form into a crust; "The bread crusted in the oven"」

WordNet   license wordnet

「the trait of being rude and impertinent; inclined to take liberties」
gall, impertinence, impudence, insolence, cheekiness, freshness

WordNet   license wordnet

「the outer layer of the Earth」
Earth''s crust

WordNet   license wordnet

「a hard outer layer that covers something」
incrustation, encrustation

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「〈C〉〈U〉『パンの皮』,パイの皮;〈C〉堅くなった一切れのパン / 〈C〉〈U〉(物の)堅い表面;(動物の)甲殻(かく);地殻;堅くなった雪面 / 外皮におおわれる《+『over』》」


scab」

  [★]

crustcrustalincrustationslough

WordNet   license wordnet

「form a scab; "the wounds will eventually scab"」

WordNet   license wordnet

「someone who works (or provides workers) during a strike」
strikebreaker, blackleg, rat

WordNet   license wordnet

「the crustlike surface of a healing skin lesion」

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(傷口の)かさぶた / 《話》(労働組合にはいらない)非組合員;スト破り / スト破りをする」

外被」

  [★]

coatenvelopecrustinvestmenttegumentintegumentaryintegumental
エンベロープ痂皮コーティング投資被膜包囲包膜包絡線封筒テグメントコート


膿痂疹」

  [★]

のうかしん
impetigo


  • 膿疱痂皮が混在した状態
  • 皮膚への細菌感染症である細菌性皮膚炎によって見られる


痂皮形成」

  [★]

scabbing
痂皮化 scabbing、か皮形成


痂皮化」

  [★]

scabbing
痂皮形成




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡