疾患名一覧

出典: meddic

呼吸器

循環器

心臓

  • 非チアノーゼ性疾患
  • チアノーゼ性疾患










脈管


皮膚

良性腫瘍

表皮系腫瘍

消化器系

消化管

胆肝膵

代謝・栄養

内分泌

血液・造血器

腎・尿路・電解質


腎の奇形

腎盂・尿管の奇形


腎・尿路損傷

電解質

酸分泌異常

Na関連トランスポーター異常

Na取り込み低下
Na取り込み亢進
  • リドル症候群:ENaC異常。アミロライド系利尿薬の標的チャネルが亢進している状態。Na↑、K↓、代謝性アルカローシス、HT、renin↓, aldo↓

内分泌

電解質(全身)

神経

網膜の疾患 SOP.131

  • 網膜色素変性と類縁疾患

頭頚・耳鼻咽喉




関連リンク

部位別 病名・疾患名一覧 現在、内容説明が掲載されているのは、色塗りされている枠内の疾患です。 なお、各疾患ページは印刷用ページ(印刷ポタン)をご用意しております。ご利用下さい。※現在、印刷ページの内容は、修正前の内容 ...
アレックス・メディカル・グループがお届けする整形外科基礎知識です。 病名・疾患名一覧 00015671 Yesterday: 24 Today: 7 Copyright(c)AR-Ex Medical Group 2006 All Rights Reserved.
はせがわ鍼灸院は兵庫県姫路市の駅から徒歩8分にあり、交通の便もよく、日本一清潔な鍼灸院とマスコミにも取り上げられた治療院です。眼科疾患をはじめ長期にわたる腰痛、肩こり、さらに「心の病」などの難病治療に重点をおいた治療 ...

関連画像

41MSTE49EPL._SL500_AA300_.jpg単純 レントゲン 撮影 の 他 に 疾患 名 を クリック する と 中国 昆明 市民 病院 に て ヒザ 東洋医学 に 活かす 臨床 疾患 病名 疾患 名 一覧 copyright 治療 研究 対象 疾患 一覧 疾患  厚生 労働省 疾患 名 一覧 全て


★リンクテーブル★
先読みかぜ症候群」「インフルエンザ
リンク元ピックアップ
関連記事疾患

かぜ症候群」

  [★]

cold syndrome, common cold syndrome
上気道症候群 upper airway syndrome急性上気道炎 acute upper respiratory tract infection


概念

  • 上気道粘膜の急性カタル性炎症(急性カタル性上気道炎)の総称
  • 急性鼻炎や咽頭炎を呈し、全身症状は軽微。
  • 予後良好、2-5日で軽快し予後は良好。

病因

  • ウイルス:ほとんど
  • 特殊な細菌&細菌
  • 環境要因:個体条件(アレルギー、免疫不全、脱水、疲労、飲酒など)、物理化学的刺激(乾燥、寒冷)

疫学

  • 多くの人が1年に1回以上罹患。冬期に多い。
  • 小児において罹患回数が多い → 成人になると記憶T細胞、記憶B細胞が増加するため、なんとなくウイルスに対して抵抗性が付与される、はず。

病理

  • ウイルスの場合、上気道粘膜に付着して、粘膜上皮を冒す。上気道線毛円柱上皮(呼吸上皮)に付着し、上皮細胞は変性・脱落・壊死する。上皮を失った部位から細菌が侵入しやすくなる。

病型

症状

  • 鼻かぜ:鼻汁、鼻閉などの鼻症状が主体
  • のどかぜ:咽頭痛、嗄声など咽頭症状が主体
  • 気管支かぜ:咳、痰などの気管支症状が主体

共通の症状

  • まず、鼻炎症状が緩徐に発現し、鼻咽頭不快感・乾燥感、くしゃみ、鼻閉、水様鼻汁を呈する。

病原体に特異的な症状

診断

  • 臨床的診断
  • 検査はほとんどの場合行わないが、インフルエンザ、溶連菌などを鑑別する場合には迅速診断キットを使う。 → つかえる迅速診断キットがあればのはなし

検査

  • 血液検査:ウイルス感染の場合、WBCやCRPは動かないが、細菌感染があれば上昇する。
  • ウイルス分離は一般臨床では行われない。 → 高コストだし、培養している内に治癒する。
  • 血清抗体価測定ではペア血清で 4 倍以上の上昇で陽性とする。 → 高コストだし、ペア血清を取った時点で治癒する。
  • 細菌感染を疑ったら、喀痰検査(培養は時間がかかるので検鏡でしょう?)、血液検査(血算)のちに、培養して薬物感受性検査を行う(けど時間がどのくらいかかるのやら)

治療

  • 一般療法(安静、保温・保湿、栄養補給、脱水予防、入浴制限)
  • 対症療法:解熱・鎮痛薬、非ステロイド性抗炎症薬、蛋白分解酵素製剤、含嗽薬、鎮咳去痰薬、抗ヒスタミン薬
  • 細菌感染が疑われるときのみ、抗生物質を使用する。予防的に使うのはいかがな最中

予後

  • 良好。数日-1週間で軽快

予防

  • RSウイルス:適応が限られるが、ワクチンを使うことができる。


インフルエンザ」

  [★]

influenza, Flu, flu
流行性感冒epidemic catarrh
インフルエンザウイルス


概念

病原体

潜伏期間

  • 1-5日

感染経路

疫学

  • 冬期に流行

症状

合併症

  • 細菌性肺炎
気道粘膜の抵抗性低下、貪食細胞の機能低下による。
起炎菌:黄色ブドウ球菌、肺炎連鎖菌、インフルエンザ桿菌。
  • ライ症侯群
中枢神経合併症で小児に見られる。インフルエンザ及び水痘感染に際してみられる重篤な合併症。新形態射精疾患(急性非炎症性脳炎、脂肪肝から肝機能障害も起こす)。解熱剤として使われたアスピリンとの因果関係がある、らしい。このため、インフルエンザの解熱、とりわけ小児についてはアセトアミノフェンを使うこととなっている。
  • 中枢神経症状
A型インフルエンザウイルスによる上気道炎回復後2-3週間に発症。脳炎タイプは一過性で予後はよい。脳症タイプは予後が悪い。

経過

  • 全身症状(発熱、頭痛、悪寒、筋肉痛)→局所症状(咳、咽頭痛)→鼻汁、結膜充血、流涙→局所症状の始まりから2-3日で回復

治療

治療薬

検査

  • ウイルス分離:MDCK細胞に接種しCPEの観察。発育鶏卵を利用した羊膜amniotic cavity内接種。尿膜allantoic cavity内培養
  • ウイルス粒子検出:PCR
  • 血清診断:ペア血清を用いて、赤血球凝集抑制試験補体結合反応中和試験で診断

予防

香港A型、ソ連A型、およびB型のウイルスが含まれる
精製ウイルスからエーテル処理により脂質を除去したもの
→表面抗原に対する抗体は誘導されない→感染時に症状を軽減する効果

法令


ピックアップ」

  [★]

クオリティが高いと思われる記事のピックアップです。
薬理 薬物ウイルス一覧難病リスト疾患名一覧難病抗不整脈薬化膿性髄膜炎原虫子宮体癌膠原病脂質異常症全身性エリテマトーデス糖質コルチコイド消毒薬非ステロイド性抗炎症薬蠕虫細菌肺癌心不全結節性多発動脈炎常位胎盤早期剥離血糖降下薬重症筋無力症ホルモンリポ蛋白人口脳神経イソプロテレノール下垂体腺腫関節リウマチ尿沈渣アドレナリン受容体アミノ酸低ナトリウム血症神経性食思不振症降圧薬妊娠シェーグレン症候群免疫グロブリンフォン・ギールケ病感染症法クローン病文献の略号細菌の鑑別呼吸器の上皮の移行原発性胆汁性肝硬変心音クッシング症候群バーター症候群気管支喘息食中毒菌利尿薬ワクチン敗血症性ショック消化器系アミロイドーシス下肢の筋トキソプラズマ症僧帽弁閉鎖不全症慢性リンパ性白血病アレルギー真菌サイトカイン抗てんかん薬全身性強皮症アカラシア

疾患」

  [★]

disease, disorder, disturbance, illness, sickness, malady
疾病病気
疾病障害乱れ無秩序病害病気病弊





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡