疼痛性障害

出典: meddic

pain disorder
身体化障害身体表現性障害疼痛障害
-持続性身体表現性疼痛障害



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 8.塩酸モルヒネを投与されていた仙骨部痛を主訴とした身体表現性疼痛性障害の1例(一般演題,第68回日本心身医学会東北地方会演題抄録)
  • 青木 勲,相模 泰宏,佐藤 康弘,田村 太作,庄司 知隆,遠藤 由香,本郷 道夫
  • 心身医学 51(11), 1046, 2011-11-01
  • NAID 110008750165
  • 5.三環系抗うつ薬が有効であった多彩な病状を呈した疼痛性障害の1例(一般演題,第47回日本心身医学会近畿地方会演題抄録)
  • 貫名 英之,北澤 勇人,下荒神 武,佐々木 順子
  • 心身医学 51(10), 940, 2011-10-01
  • NAID 110008722838

関連リンク

トラムセットとパニック障害-トラムセットは過去ログでも触れているが、穏和な抗うつ作用がある。 疼痛性障害では、時に過呼吸症候群やパニック障害を伴う人がいる。このような人は疼痛だけでなく、解
1)私は疼痛性障害(慢性疼痛・心因性疼痛・身体表現性障害)です。緩解しています。ブログを、同じ病気の人の役にも立つよう改良中です。治療については固有名詞は避けています。治療の詳細について知りたい方は直接メールを ...
疼痛性障害では、時に過呼吸症候群やパニック障害を伴う人がいる。このような人は疼痛だけでなく、解離なども伴っていたりと症状が複雑である。 トラムセットは、直接(一次的)にパニックを抑えているようには見えないが ...

関連画像

Kinokuniya Privilege Card member price : S テーマ】神経障害性疼痛に対 Q2 神経障害性疼痛の病因は?07623C72-561C-11E2-9A96-ACDCFEDA975F_l.jpgThe role of RNA editingof the serotonin 神経障害性疼痛に包括される


★リンクテーブル★
リンク元神経症性障害」「身体表現性障害」「身体化障害」「疼痛障害
関連記事疼痛」「障害」「」「性障害

神経症性障害」

  [★]

neurotic disorder, neurotic disorders

分類

ICD-10

  • F40 - F48 Neurotic, stress-related and somatoform disorders

比較

PSY.197
古典的分類 ICD-10 DSM-IV
恐怖症 恐怖症性不安障害   不安障害 広場恐怖症
パニック障害
社会恐怖
不安神経症 他の不安障害 パニック障害
全般性不安障害
不安障害 パニック発作
全般性不安障害
強迫神経症 強迫性障害   不安障害 強迫性障害
ヒステリー神経症 解離性障害, 転換性障害   解離性障害  
身体表現性障害 転換性障害
身体表現性障害 身体化障害 身体表現性障害 身体化障害
心気神経症 身体表現性障害 心気障害
身体表現性自律神経機能不全
持続性身体表現性疼痛障害
身体表現性障害 転換性障害
心気症
疼痛性障害
離人神経症 他の神経症性障害 離人・現実感喪失症候群 解離性障害 離人症性障害

教科書的分類


身体表現性障害」

  [★]

somatoform disorder, somatoform disorders
ICD-10
F45
疼痛性障害身体化障害身体化神経性障害 neurotic disorders
解離性障害(F44.-)、抜毛(F98.4)、舌たらず(F80.0)、舌もつれ(F80.8)、爪かみ(F98.8)、他に分類される障害あるいは疾患と関連した心理的あるいは行動的要因(F54)、指しゃぶり(F98.8)、チック障害(F95.-)、トゥレット症候群(F95.2)、抜毛症(F63.3)
  • 診察や検査所見は繰り返し陰性で症状には身体基盤はないという医師の保証にもかかわらず、さらなる医学的検索を執拗に要求すると共に繰り返し身体症状を訴えるもの。


F45.0

身体化障害

F45.1

鑑別不能型[分類困難な]身体表現性障害

F45.2

心気障害

F45.3

身体表現性自律神経機能不全

F45.30

  • 心臓および心血管系

F45.31

  • 上部消化管

F45.32

  • 下部消化管

F45.33

  • 呼吸器系

F45.34

  • 泌尿生殖器系

F45.38

  • 他の器官あるいは系

F45.4

持続性身体表現性疼痛障害

F45.8

他の身体表現性障害

F45.9

身体表現性障害,特定不能のもの


身体化障害」

  [★]

somatization disorder
疼痛性障害身体表現性障害



疼痛障害」

  [★]

pain disorder
疼痛性障害

疼痛」

  [★]

pain, dolor
痛み
痛覚 pain sensation

疼痛

疼痛の伝達

  • Aδ線維
  • C線維

疼痛の調節

  • ゲートコントロール:Aδ線維とC線維による痛みはAβ線維による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系:下行性疼痛抑制系神経系による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系は中脳水道周辺灰白質からの脊髄への入力からなる。具体的には大縫線核(セロトニン作動性)、巨大細胞網様核・傍巨大細胞網様核(ノルアドレナリン作動性)がの2系統が起点となる。抗うつ薬はこれらの神経伝達物質の再吸収を妨げ鎮痛作用を発揮する。




障害」

  [★]

disorderimpairmentdysfunctiondamagedifficulty、(妨げ)barrierimpedimentobstacledisturbancefoe、(化学)hindrancedisorderimpairlesion
妨げ撹乱関門機能障害機能不全困難傷害障壁損なう損傷ダメージ破壊破損バリヤー病変不安妨害乱れ無秩序機能異常症疾患バリアバリアー機能異常機能不全症


害」

  [★] harmhazardinjure

危険損傷ハザード傷害を与える害する

性障害」

  [★]

sexual disorder, sexual and gender disorder




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡