疼痛性跛行

出典: meddic

painful claudication



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

3.膝関節痛 ・20~30°の屈曲位をとることが多く、患肢はつま先歩行となります。 ○間欠 性跛行(間欠性歩行困難症) ・下肢の動脈硬化による血行障害や、腰部脊柱管狭窄症 によっておこる、疼痛性異常歩行です。 ・痛みは下腿三頭筋の部分に多く生じます。
2011年11月23日 ... ③異常歩行=跛行(はこう):疼痛性跛行は、股関節の痛みにより回避(かばって)歩行を することです。また脚短縮(硬性墜下性歩行)=足が短くなることによる、異常歩行です。 Q:立ち上がり、歩き始めに足の付け根が痛くなったりしませんか?

関連画像

症状 疼痛 随意 性 跛行 運動 什么是间歇性跛行?跛行术前股骨头坏死前期跛行的原因 关节 进行 性 肿大 并 疼痛 3 年


★リンクテーブル★
関連記事疼痛」「跛行

疼痛」

  [★]

pain, dolor
痛み
痛覚 pain sensation

疼痛

疼痛の伝達

  • Aδ線維
  • C線維

疼痛の調節

  • ゲートコントロール:Aδ線維とC線維による痛みはAβ線維による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系:下行性疼痛抑制系神経系による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系は中脳水道周辺灰白質からの脊髄への入力からなる。具体的には大縫線核(セロトニン作動性)、巨大細胞網様核・傍巨大細胞網様核(ノルアドレナリン作動性)がの2系統が起点となる。抗うつ薬はこれらの神経伝達物質の再吸収を妨げ鎮痛作用を発揮する。




跛行」

  [★]

claudication
claudicatio
limp, limping、ひきずり足歩行
歩行

概念

  • 歩容の異常で足を引きずって歩くこと。
  • 易疲労感息切れによる歩行の困難さとは異なる。このような患者では休めばまた歩けるようになると訴えることがある。随伴症状を聞くことが大切。

PHD.357

  • exertional limb fatigue and pain

分類

間欠性跛行






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡