疼痛コントロール

出典: meddic

pain control
疼痛管理疼痛管理法

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 入院がん患者に占める在宅医療へ移行可能な患者の割合の推定
  • 小倉 千恵,外山 比南子
  • 日本医療マネジメント学会雑誌 16(1), 22-27, 2015-05
  • NAID 40020469863
  • 痛みの評価 新たなレスキュー薬で、疼痛コントロールの選択肢も増加 いかに上手く痛みを表現できるかで質の高い疼痛治療が受けられるかが決まる! (緩和ケア特集)
  • 診断期から治療期における肺がん患者の苦痛とその対処行動の実際
  • 熊谷 知子,満身 美弥子,天尾 カオル [他]
  • インターナショナルnursing care research 14(1), 141-148, 2015-04
  • NAID 40020465031

関連リンク

4 Ⅱ.がん疼痛フローチャート -疼痛コントロール開始時にアセスメント表導入- P.6 コントロール不十分 (麻薬導入による除痛) オピオイドローテーション 経口困難時 オプソ内服液(5mg/包) オキノーム散0.5%(2.5mg/包)
病院をご利用の方へ、疼痛コントロールマニュアルのご案内。四国がんセンター ... 四国がんセンター:病院をご利用の方へ 受診・入院・お見舞いにあたって:外来案内:緩和ケアセンター 疼痛コントロールマニュアル

関連画像

後期研修(麻酔科)→麻酔標榜 疼痛コントロールの基本]疼痛コントロールのABC  疼痛コントロールのABC」よりby Tokyo小池 at 15:53やはり疼痛コントロールは


★リンクテーブル★
先読みpain control
国試過去問106C031」「108D039」「107H029
リンク元疼痛管理」「疼痛管理法
関連記事疼痛」「コントロール」「

pain control」

  [★]

Analgesia(s); specific agents


106C031」

  [★]

次の文を読み、 30、 31の問いに答えよ。

  • 62歳の女性。持続性の腹痛を主訴に来院した。
  • 現病歴: 6か月前に食欲不振と全身倦怠感とを主訴に受診し、精査の結果、肺癌とその肝転移であると診断された。抗癌化学療法などの積極的な治療を希望せず、外来通院することとなった。 2週前から右上腹部に持続性の疼痛が出現し、次第に増強した。疼痛は体動によって増悪した。外来で非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)が投与され、一時的に疼痛は軽減したが、 1週前から再び増悪したため来院した。
  • 2週前までは日中は車椅子で生活できていたが、最近は疼痛のために室内の移動も困難となり、 1日中ベッドに横になっていることが多かったという。
  • 既往歴:特記すべきことはない。
  • 生活歴:娘夫婦と同居。喫煙歴はない。飲酒は機会飲酒。
  • 家族歴:父親が大腸癌のため72歳で死亡。
  • 現 症:意識は清明。身長152cm、体重42kg。体温36.2℃。脈拍76/分、整。血圧118/76mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、肝を鎖骨中線上で6cm触知する。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、潜血(-)、沈渣に異常を認めない。
  • 血液所見:赤血球382万、 Hb10.6g/dl、 Ht36%、白血球5,300、血小板17万。
  • 血液生化学所見:血糖98mg/dl、総蛋白6.1g/dl、アルブミン2.9g/dl、尿素窒素32mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総ビリルビン1.2mg/dl、 AST78IU/l、 ALT66IU/l、 LD 477IU/l(基準176-353)、 ALP483IU/l(基準115-359)、 γ-GTP 132IU/l(基準8-50)、 Na139mEq/l、 K4.4mEq/l、 Cl97mEq/l。
  • 入院後2週が経過し、疼痛コントロールが安定した。患者は退院して自宅で生活することを希望している。
  • 在宅ケアを導入するにあたり、医師が病状観察と服薬管理とを依頼する職種として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106C030]←[国試_106]→[106D001

108D039」

  [★]

  • 46歳の男性。腰痛と食欲不振とを主訴に来院した。 2年前に肺扁平上皮癌のため手術を受けた。 8か月前に両側の肺と肝臓とにそれぞれ多発転移を認めた。 3か月にわたり抗癌化学療法を受け、腫瘍はいずれも著明に縮小した。 2か月前に腰痛を自覚し、 CTにて第 2腰椎への転移を認めた。非ステロイド性抗炎症薬の投与と腰椎への放射線治療を行ったところ良好な疼痛コントロールが得られた。しかし 2週前から腰痛が強くなり、同時に全身倦怠感と食欲低下もあり、日中の半分以上を臥床して過ごすようになった。特に最近数日間は腰痛がひどく、内服薬と水分しか摂れなくなった。意識は清明。身長 168 cm、体重 49 kg。体温 36.9℃。脈拍 92/分、整。血圧 110/72 mmHg。呼吸数 18/分。 SpO2 96% ( room air)。るいそうを認める。胸部に異常を認めない。腹部では右季肋部から心窩部にかけて固い腫瘤を触知する。下腿に浮腫を認める。全身精査を行ったところ、肺、肝臓、骨それぞれの転移巣はいずれも以前と比べて増大していた。血液所見:赤血球 240万、 Hb 7.9g/dl、Ht 23%、白血球 8,800、血小板 25万。血液生化学所見:総蛋白 6.4 g/dl、アルブミン 2.4g/dl、総ビリルビン 0.9 mg/dl、AST 38 IU/l、ALT 40 IU/l、LD 826 IU/l(基準 176.353)、尿素窒素 15 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、Na 130 mEq/l、K 4.5 mEq/l、Cl110 mEq/l。CRP 3.3 mg/dl。
  • 対応として適切なのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 108D038]←[国試_108]→[108D040

107H029」

  [★]

  • 70歳の女性。舌の疼痛を主訴に来院した。舌に白色病変を認める。病変部から採取した白色物質の苛性カリ(KOH)直接鏡検法の写真(別冊No.8)を別に示す。
  • 治療として適切なのはどれか。
  • a 抗真菌薬を塗布する。
  • b 抗菌薬を経口投与する。
  • c 白色病変部の舌を部分切除する。
  • d オピオイド疼痛コントロールを行う。
  • e 副腎皮質ステロイド含有軟膏を塗布する。



[正答]


※国試ナビ4※ 107H028]←[国試_107]→[107H030

疼痛管理」

  [★]

pain controlpain management
疼痛対策疼痛管理法疼痛コントロールPCA


疼痛管理法」

  [★]

pain controlpain management
疼痛管理疼痛対策疼痛コントロール


疼痛」

  [★]

pain, dolor
痛み
痛覚 pain sensation

疼痛

疼痛の伝達

  • Aδ線維
  • C線維

疼痛の調節

  • ゲートコントロール:Aδ線維とC線維による痛みはAβ線維による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系:下行性疼痛抑制系神経系による入力で中枢伝達細胞のレベルで抑制される。
  • 下行性疼痛抑制系神経系は中脳水道周辺灰白質からの脊髄への入力からなる。具体的には大縫線核(セロトニン作動性)、巨大細胞網様核・傍巨大細胞網様核(ノルアドレナリン作動性)がの2系統が起点となる。抗うつ薬はこれらの神経伝達物質の再吸収を妨げ鎮痛作用を発揮する。

痛みと異常知覚の命名法

Adams and s Principles of Neurology, Ninth Edition Allan Ropper. table 8-2より抜粋
  • dysesthesia : Any abnormal sensation described as unpleasant by the patient.
  • hyperalgesia : Exaggerated pain response from a normally painful stimulus; usually includes aspects of summation with repeated stimulus of constant intensity and aftersensation.
  • hyperpathia : Abnormally painful and exaggerated reaction to a painful stimulus; related to hyperalgesia.
  • hyperesthesia (hypesthesia) : Exaggerated perception of touch stimulus.
  • allodynia : Abnormal perception of pain from a normally nonpainful mechanical or thermal stimulus; usually has elements of delay in perception and of aftersensation.
  • hypoalgesia (hypalgesia) : Decreased sensitivity and raised threshoid to painful stimuli.
  • anesthesia : Reduced perception of all sensation, mainly touch.
  • pallanesthesia : Loss of perception of vibration.
  • analgesia : Reduced perception of pain stimulus.
  • paresthesia : Mainly spontaneous abnormal sensation that is not unpleasant; usually described as "pins and needles".
  • causalgia : Buming pain in the distribution of one or more peripheral nerves.




コントロール」

  [★]

controlcontrol
規制管理支配制御対照調節


痛」

  [★]

pain
痛み疼痛




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1交叉感作性+薬剤20
2坊功婁カテーテルキット14
3ダーゼン+添付文書14
4篩状 面皰状 低乳頭 類臓器型13
5アイソボログラム13
6嘔吐 噴水12
7SHEEP BLEEDING PULLEY mail12
8小刻み歩行+原因11
9股関節外転装具+装着方法10
10グレー症候群+小児8
11白脾髄8
12下壁梗塞8
13メタロプロテイナーゼ8
14鶏卵大+大きさ7
15エストロゲン インスリン グリコーゲン7
16プロステーシス+整形外科6
17+白衣を着る理由 看護師 原著6
18セリンプロテイナーゼ6
19体幹ギプス固定 画像6
20brom+tech+心臓6

昨日の人気記事
 タイトル表示
1白脾髄6
2SHEEP BLEEDING PULLEY mail6
3Cod Eel Flatfish Flounder Herring Mackerel Salmon Sardine Shark Sturgeon mail5
4Swordfish Tilapia Trout Tuna Whitebait mail4
5Knee+arthrosis+膝4
6エルレンマイヤーフラスコ変形3
7+351 copper sulphate .pt mail3
8腹腔動脈3
9user/password3
10Barium Sulphate Barium Hydroxide mail3
11妊娠時胆汁うっ滞3
12gray+platelet症候群3
13CATTLE SKIN DEHIDER mail3
14クラフォラン+世代2
15@HE Sultan Ahmed bin Sulayem.ae mail2
16甲状腺中毒性+ミオパシー2
17ヨウ素+過敏症2
18atraumatic+needle2
19ローザーネラトン線とは2
20胎盤娩出+自然+シュルツェ式2