異状死体

出典: meddic

unexpected death, unnatural death
異状死監察医制度死体検案死体検案書検案医師法#第21条
  • see SLE.296

定義

  • 異状死体とは犯罪性の有無にかかわらず、全ての外因子、死因が不明な死体、発症や死亡前後の状況に異状のある死体をいう(日本法医学会。異状死ガイドライン)

分類

  • 犯罪死体 :明らかに犯罪に起因した異状死体
  • 非犯罪死体:犯罪とは無関係な異状死体
  • 変死体  :犯罪に起因しているか否かが不明

異状死体に該当する死体

参考1
  • 1. 外因による死亡(診療の有無、診療の期間を問わない)
  • 2. 外因による傷害の続発症、あるいは後遺障害による死亡
  • 3. 上記1.または2.の疑いがあるもの
  • 4. 診療行為に関連した予期しない死亡、およびその疑いがあるもの
  • 5. 死因が明らかでない死亡

異状死体の届け出義務(医師法第21条)

  • 医師は、死体又は妊娠四月以上死産児検案して異状があると認めたときは、二十四時間以内に所轄警察署に届け出なければならない。

参考

  • 1. 異状死ガイドライン - 日本法医学会
[display]http://www.jslm.jp/public/guidelines.html


国試


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/11 08:59:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 講演会記録 死亡診断書マニュアル
  • 加藤 俊哉
  • 県西部浜松医療センター学術誌 4(1), 162-164, 2010
  • NAID 40017656209
  • 異状死への対応 (日常診療に使えるガイドライン特集--より良い診療を目指して) -- (医療システム編)
  • 死亡診断書(死体検案書) (精神科診療に必要な書式マニュアル 改訂版) -- (法務・司法)
  • 的場 梁次,黒木 尚長
  • 臨床精神医学 37(-), 200-207, 2008
  • NAID 40016459807

関連リンク

異状死体とは、医師によって病死であると明確に判断された内因死による死体以外の死体 のこと。具体的には、外因死や医療事故による死亡、不詳の死(病死か外因死か判断が下 せない死)などが相当する。この死に方を異状死と呼び、検視・検案の対象となる。 ...
福島県立大野病院産科医逮捕事件で医師が起訴されたことで医師業界の波紋が広がった際 ...

関連画像

http://www.tokyo.med.or.jp/publications http://img.7netshopping.jp/bks/images/i8 yoshida異状死体検死システムhttp://cdn-ak.f.st-hatena.com/images 異状死体の画像-p1_17-S :13 :


★リンクテーブル★
先読み医師法#第21条」「死体検案書」「検案」「監察医制度
国試過去問098G068」「106E030」「095A068」「105E002」「099D013
リンク元医師法」「解剖」「承諾解剖」「死体検案
関連記事異状死」「死体」「

医師法#第21条」

  [★]

Physicians Law
医師が関与する法律

第一章 総則

第1条

(医師の任務)

  • 医師は、医療及び保健指導を掌ることによつて公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。
医師には国民の健康的な生活を確保する任務がある

第二章 免許

第2条

  • 医師になろうとする者は、医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない。

第3条

(絶対的欠格事項)

第4条

(相対的欠格事項)

  • 次の各号のいずれかに該当する者には、免許を与えないことがある。  ← 禁止ではない
  • 一  心身の障害により医師の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの
  • 二  麻薬、大麻又はあへんの中毒者
  • 三  罰金以上の刑に処せられた者
  • 四  前号に該当する者を除くほか、医事に関し犯罪又は不正の行為のあつた者

第6条

  • 免許は、医師国家試験に合格した者の申請により、医籍に登録することによつて行う。
医師国家試験に合格しただけでは医師免許は得られない → 医療行為はできない
  • 2  厚生労働大臣は、免許を与えたときは、医師免許証を交付する。
  • 3  医師は、厚生労働省令で定める二年ごとの年の十二月三十一日現在における氏名、住所(医業に従事する者については、更にその場所)その他厚生労働省令で定める事項を、当該年の翌年一月十五日までに、その住所地の都道府県知事を経由して厚生労働大臣に届け出なければならない。

第19条

(応召義務・診断書交付義務)

  • 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。
  • 2  診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会つた医師は、診断書若しくは検案書又は出生証明書若しくは死産証書の交付の求があつた場合には、正当の事由がなければ、これを拒んではならない。

第20条

(無診療治療等の禁止)

  • 医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない。
電話で看護師に投薬・注射を指示することはできない。 (cf.保健師助産師看護師法#第37条)

第21条

(異状死体の届け出義務) ← 異状死産児

  • 医師は、死体又は妊娠四月以上死産児検案して異状があると認めたときは、二十四時間以内に所轄警察署に届け出なければならない。

第22条

(処方箋交付義務)

  • 医師は、患者に対し治療上薬剤を調剤して投与する必要があると認めた場合には、患者又は現にその看護に当つている者に対して処方せんを交付しなければならない。ただし、患者又は現にその看護に当つている者が処方せんの交付を必要としない旨を申し出た場合及び次の各号の一に該当する場合においては、この限りでない。

第24条

(診療録の記載及び保有)

  • 医師は、診療をしたときは、遅滞なく診療に関する事項を診療録に記載しなければならない。
  • 2  前項の診療録であつて、病院又は診療所に勤務する医師のした診療に関するものは、その病院又は診療所の管理者において、その他の診療に関するものは、その医師において、五年間これを保存しなければならない。

参考

  • 1.
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO201.html

国試


死体検案書」

  [★]

certificate of death, death certificate
死亡診断書死体検案監察医制度


死亡診断書・死体検案書

SLE. 303-305
  • 人の死を証明する医学的証明書
書類名 発行できる者 条件
死亡診断書 医師歯科医 ・医師が生前その患者を診察治療し、確定診断を付け、その患者が同一診断名で死亡した場合が、病死体となり死亡診断書を交付する。
・「無診察治療などの禁止」の例外:「診察中の患者が受診後24時間以内に死亡した場合に交付する診断書については、この限りでない」。異状がない限り、改めて死語診察をしなくても死亡診断書を交付することを認める。
・(24時間を超えても)診療継続中の患者が、診察にかかる疾患で死亡したことが予期できる場合には、改めて死語診察を行い、生前に診察していた疾病が死因と判定できれば、求めに応じて死亡診断書を発行できる。
死体検案書 医師 上記以外

用途

  • 死亡届、生命保険、自動車損害賠償保険法による支払い請求

国試


検案」

  [★]

postmortem inspection by medical doctor
病死異状死死体検案書
  • 医師の業務
  • 死体に対して医学的判断を下すために行う。


監察医制度」

  [★]

medical examiner system
死体検案


098G068」

  [★]

  • 異状死体の届け出が必要ないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 098G067]←[国試_098]→[098G069

106E030」

  [★]

  • 医師の届出義務と関連する法律の組合せで誤っているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 106E029]←[国試_106]→[106E031

095A068」

  [★]

  • 異状死体に該当しないのはどれか。
  • a. 農薬中毒によると思われる死体
  • b. 他傷後の続発症によると思われる死体
  • c. 異型輸血によると思われる死体
  • d. 処方された薬剤の誤嚥によると思われる死体
  • e. 肺癌患者の喀血によると思われる死体
[正答]


※国試ナビ4※ 095A067]←[国試_095]→[095A069

105E002」

  [★]

  • 医療法に規定されているのはどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 105E001]←[国試_105]→[105E003

099D013」

  [★]

  • 医師法に記載されていないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 099D012]←[国試_099]→[099D014

医師法」

  [★]

Physicians Law
医師が関与する法律

第一章 総則

第1条

(医師の任務)

  • 医師は、医療及び保健指導を掌ることによつて公衆衛生の向上及び増進に寄与し、もつて国民の健康な生活を確保するものとする。
医師には国民の健康的な生活を確保する任務がある

第二章 免許

第2条

  • 医師になろうとする者は、医師国家試験に合格し、厚生労働大臣の免許を受けなければならない。

第3条

(絶対的欠格事項)

第4条

(相対的欠格事項)

  • 次の各号のいずれかに該当する者には、免許を与えないことがある。  ← 禁止ではない
  • 一  心身の障害により医師の業務を適正に行うことができない者として厚生労働省令で定めるもの
  • 二  麻薬、大麻又はあへんの中毒者
  • 三  罰金以上の刑に処せられた者
  • 四  前号に該当する者を除くほか、医事に関し犯罪又は不正の行為のあつた者

第6条

  • 免許は、医師国家試験に合格した者の申請により、医籍に登録することによつて行う。
医師国家試験に合格しただけでは医師免許は得られない → 医療行為はできない
  • 2  厚生労働大臣は、免許を与えたときは、医師免許証を交付する。
  • 3  医師は、厚生労働省令で定める二年ごとの年の十二月三十一日現在における氏名、住所(医業に従事する者については、更にその場所)その他厚生労働省令で定める事項を、当該年の翌年一月十五日までに、その住所地の都道府県知事を経由して厚生労働大臣に届け出なければならない。

第19条

(応召義務・診断書交付義務)

  • 診療に従事する医師は、診察治療の求があつた場合には、正当な事由がなければ、これを拒んではならない。
  • 2  診察若しくは検案をし、又は出産に立ち会つた医師は、診断書若しくは検案書又は出生証明書若しくは死産証書の交付の求があつた場合には、正当の事由がなければ、これを拒んではならない。

第20条

(無診療治療等の禁止)

  • 医師は、自ら診察しないで治療をし、若しくは診断書若しくは処方せんを交付し、自ら出産に立ち会わないで出生証明書若しくは死産証書を交付し、又は自ら検案をしないで検案書を交付してはならない。但し、診療中の患者が受診後二十四時間以内に死亡した場合に交付する死亡診断書については、この限りでない。
電話で看護師に投薬・注射を指示することはできない。 (cf.保健師助産師看護師法#第37条)

第21条

(異状死体の届け出義務) ← 異状死産児

  • 医師は、死体又は妊娠四月以上死産児検案して異状があると認めたときは、二十四時間以内に所轄警察署に届け出なければならない。

第22条

(処方箋交付義務)

  • 医師は、患者に対し治療上薬剤を調剤して投与する必要があると認めた場合には、患者又は現にその看護に当つている者に対して処方せんを交付しなければならない。ただし、患者又は現にその看護に当つている者が処方せんの交付を必要としない旨を申し出た場合及び次の各号の一に該当する場合においては、この限りでない。

第24条

(診療録の記載及び保有)

  • 医師は、診療をしたときは、遅滞なく診療に関する事項を診療録に記載しなければならない。
  • 2  前項の診療録であつて、病院又は診療所に勤務する医師のした診療に関するものは、その病院又は診療所の管理者において、その他の診療に関するものは、その医師において、五年間これを保存しなければならない。

参考

  • 1.
[display]http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO201.html

国試


解剖」

  [★]

dissectionanatomy
解体解剖学解離精査切開分析解剖学的形態郭清ダイセクション

解剖の種類

SUB12.33改変
  依頼 根拠法 解剖する者 目的 死体の性質 遺族の承諾
法医解剖 司法解剖 主に司法当局 刑事訴訟法 学識経験者(法医学医師) 犯罪調査 異状死体のうち犯罪死体、変死体 不要
行政解剖 監察医制度あり 死体解剖保存法 監察医 死因の確定 異状死体のうち非犯罪死体
(解剖中に司法解剖に切り替わることがある)
監察医制度なし(承諾解剖) 警察の嘱託医、法医学教室 必要
病理解剖 臨床医 病理医 内因死による死体
(異状死体であることが分かれば24時間以内に警察に通報
系統解剖 医学及び歯学の教育のための献体に関する法律 解剖学の教育者 教育   生前の本人の意志と家族の承諾


承諾解剖」

  [★]

解剖#解剖の種類篤志解剖
  • 広義には遺族の承諾により行われる解剖であり系統解剖病理解剖・狭義の承諾解剖が含まれる。狭義の承諾解剖とは死体解剖保存法に基づき監察医制度のない地域で行われる行政解剖を指す。
  • 狭義の承諾解剖は司法当局の依頼により死体解剖保存法に基づいて行われる。目的は死因の確定であり、対象となる死体は異状死体であってかつ非犯罪死体である。解剖は警察の委託医、もしくは法医学教室が行う。犯罪性が認められた場合、司法解剖に切り替わることがある。

国試



死体検案」

  [★]

postmortem examination
死体検案書監察医制度検視
  • 異状死体の可能性がある死体について行う医師の検査 → 医師のみが可能
  • 検死(医師が行う場合は検案)によって得られた医学的所見に加え、死亡者の既往歴、死体を取り巻く状況などを検討し、死因、死因の種類、死亡時刻、異状の有無を総合的に判断すること(SUB.38)
  • 死体検案を行った結果、異状死と判断されれば、24時間以内に警察に届け出る義務がある。
  • 死体検案を行った後に死体検案書を交付することになる。

国試


異状死」

  [★]

unnatural death
異状死体死体検案


ケース

094D001

異状死(外因死、または不明)

  • 生後5ヶ月の乳児の保育所での突然死
  • 高所から墜落した患者のショック死
  • 救急来院時の病態不明の心肺停止死
  • 交通事故による植物状態に起因する嚥下性肺炎による死亡  ←  交通事故なので来院時に警察に通報があるはずだが

病死(内因死)

  • 肝硬変で入院した患者の吐血による窒息死

国試


死体」

  [★]

corpsecarcass
屠殺体

死体

  • 病死による死体
  • 異状死体:異状死体とは犯罪性の有無にかかわらず、全ての外因子、死因が不明な死体、発症や死亡前後の状況に異状のある死体をいう(日本法医学会。異状死ガイドライン)
  • 犯罪死体 :明らかに犯罪に起因した異状死体
  • 非犯罪死体:犯罪とは無関係な異状死体
  • 変死体  :犯罪に起因しているか否かが不明


体」

  [★]

body
corpuscorpora
肉体身体本体コーパスボディー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡