甲状軟骨

出典: meddic

thyroid cartilage (Z)
cartilago thyroidea
喉頭喉頭軟骨


  • 図:N.59,73
  • 甲状軟骨喉頭隆起はC5の高さにある」らしい (KL.613 N.59)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 術前評価で発見不能であった下顎隆起による挿管困難の1症例
  • 鈴木 沙理,日野 博文,王子 盛嘉 [他]
  • 麻酔 61(8), 844-846, 2012-08
  • NAID 40019403586
  • BIOPEX注入術
  • 荒木 幸仁,冨藤 雅之,鈴木 洋,塩谷 彰浩
  • 音声言語医学 53(3), 187-193, 2012-07-20
  • … 注入が可能となる.注入後は硬化まで鉗子にて固定し,確実な披裂軟骨内転効果を得ることができる.治療成績も良好で,最大発声持続時間・平均呼気流率で有意な改善を認めている.また披裂軟骨内転効果を生かし,両側声門BIOPEX注入による声門閉鎖術を考案し,良好な経過をたどった症例を紹介する.BIOPEX声帯内注入術は経口的な甲状軟骨形成術I型と披裂軟骨内転術の要素を併せもった術式であると考えている. …
  • NAID 10030784899

関連リンク

百科事典マイペディア 甲状軟骨の用語解説 - 喉頭(こうとう)の外郭をつくる軟骨。楯(たて)状なのでこの名がある。その前面は成人男子では首の正中の皮下に突出し喉頭隆起といい,〈のどぼとけ〉または〈アダムのリンゴ〉と呼ばれている。
甲状腺をちょっと勉強! 甲状腺はどこにあるのでしょうか? 甲状腺は首の中央の「のどぼとけ(甲状軟骨)」の下に位置し、ハートあるいは蝶のような 形をした内分泌腺です。 (この図はメルクマニュアル医学百科より引用 ...
... 輪状甲状軟骨接近術(一色の甲状軟骨形成4型) 実際、高い声を出す時は輪状甲状筋が収縮して、輪状軟骨と甲状軟骨が接近し、その結果、声帯は引っ張られ緊張します。手術でもこの筋の働きをまねて二つの軟骨を糸と人工組織で ...

関連画像

画像を等倍で表示しますこの図はメルクマニュアル 御礼&祝①甲状軟骨の大きさⅰ)横幅 講談社ブルーバックス Kanji & Images


★リンクテーブル★
国試過去問105H003
リンク元気管切開術」「鰓弓」「喉頭」「内喉頭筋」「上喉頭神経
拡張検索甲状軟骨板」「輪状甲状軟骨切開術」「輪状軟骨甲状軟骨間切開術
関連記事軟骨」「

105H003」

  [★]

  • 甲状腺の診察について正しいのはどれか。
  • a 甲状軟骨の前面にある。
  • b 触知すれば異常である。
  • c 高齢者ほど頭側に位置する。
  • d 正常では嚥下で移動しない。
  • e 側面からの視診も有用である。


[正答]


※国試ナビ4※ 105H002]←[国試_105]→[105H004

気管切開術」

  [★]

tracheostomy, tracheotomy
(国試)気管切開気管切開法
輪状軟骨甲状軟骨輪状甲状靭帯気管開口術輪状甲状切開術 喉頭切開術気管カニューレ抜去困難症 気管套管抜去困難症 difficulty in decanulation after tracheostomy
  • tracheotomy :一時的な開口
  • tracheostomy:永続的な開口


概念

  • 前頚部で気管軟骨を切開し気管を開口すること。

適応

(1)

  • (1)気管挿管が不可能な場合や(2)2週間以上の長期挿管が必要となる場合
  • 例:上気道閉塞(口腔咽頭領域の腫脹や腫瘍など)、頭頚部手術症例(術後出血の可能性を有する症例、呼吸管理が必要となる症例)、人工呼吸管理が必要な症例(重症肺炎、筋神経疾患など)などがあげられる。絶対禁忌となる症例はないが、出血傾向や凝固異常がある症例ではできる限りその改善を待って行うべき。

 

  • 1. 遷延性意識障害患者の気道確保
  • 2. 長期人工呼吸
  • 3. 頻回の気道の吸引・洗浄が必要な場合
  • 4. 上気道狭窄・閉塞(外傷、炎症、腫瘍、異物など)
  • 5. 誤飲、誤嚥の予防、
  • 6. 心肺蘇生時
  • 7. 頭頚部悪性腫瘍などの手術時

SOTO.593

1. 気道閉塞

  • 目的:気道閉塞の防止
  • 適応:喉頭狭窄、口腔・喉頭の炎症性主張、顔面・頭頚部外傷あるいは新生物による閉塞、両側舌下神経麻痺、両側反回神経麻痺(声帯正中位固定症)、甲状腺・気管周囲リンパ節腫脹による気管の圧迫性閉塞、上気道領域の手術後一時的処置、咽頭・喉頭手術の前処置

2. 下部気道における分泌物貯留の処置と予防

  • 目的:頻回の気道吸引、誤嚥防止
  • 適応:延髄球麻痺、重症筋無力症、各種の原因による意識障害、頭頚部外傷など。特に経口的気管挿管による管理がが1週間以上の長期に及ぶ場合(声門の保護)。

3. 呼吸不全

  • 目的:死腔の減少(50%減少)、気流抵抗(声門による)の減少、人工呼吸器による加圧呼吸
  • 適応:中枢性・末梢性神経機能不全による呼吸不全、慢性呼吸器疾患、重症胸部外傷

4. その他

  • 気道異物の摘出(下気管支鏡)
  • 経口挿管不能例
  • 閉塞型睡眠時無呼吸症候群の永続的な治療

術式(1)

時期による分類(1)

  • 緊急気管切開術/救急気道切開
  • 気管挿管が困難な例、気管挿管が不可能な例
  • 待機的気管切開術

部位による分類(1)

  • 上気管切開術
  • 甲状腺の峡部を下方に圧排し、甲状腺の上方で気管切開を行う。
  • 成人の気管切開では原則上気管切開である。
  • 欠点:気道狭窄の原因となることがある。
  • 中気管切開術
  • 甲状腺の峡部を切断した上で気管切開する。
  • 利点:安全で確実な方法
  • 欠点:甲状腺切断部の止血が必須
  • 下気管切開術
  • 甲状腺を上に圧排し、甲状腺の下方で気管切開
  • 欠点:肥満で短頚の患者では難しいことがある

気管切開による合併症

SOTO.598
  • 呼吸困難
  • 出血
  • 呼吸障害
  • 皮下気腫、縦隔気腫、気胸
  • 術後肺合併症
  • 軟骨膜炎・咽頭狭窄  ← 晩期合併症
  • 気管カニューレ抜去困難症

手順

  • 1. 可能なら気管挿管し、局所麻酔 or 全身麻酔する。(緊急時には無麻酔もありうる)
  • 2. 皮膚横切開。(横切開でも縦切開でもokだが、前者の方が術後の瘢痕が残りにくい)
  • 輪状軟骨の下縁約2-3cmで5cmの皮膚を横切開する(SOTO.595)。
  • 輪状軟骨の下縁から約2-5cmの皮膚を縦切開する(SOTO.595)。
  • 3. 軟部組織を鈍的剥離(剥離は縦方向に行う)
  • 4. 舌骨下筋群を左右に分ける。
  • 5. 必要があれば、甲状腺峡部を結紮し切離。
  • 6.十分な止血
  • 7. 気管切開
  • 通常、2-3気管軟骨部で行う。2-4気管輪の高さ(SOTO.596)とする資料もある。
  • 切開法:縦切開、十字切開、逆U字切開など
  • 8. 気道内チューブの挿入
  • 低圧カフ付きのプラスチックカニューレ、金属カニューレ
  • 9. カニューレ口に当てたガーゼ片が呼気時に翻転することによりカニューレの適切な挿入を確認(SOTO.596)。
  • 10. 皮膚縫合
  • 皮下気腫防止のために皮膚縫合は密に行わないようにする(SOTO.596)
  • 11. 創部に約24時間軟膏ガーゼを詰める。
  • 止血と気腫防止のため(SOTO.596)

参考文献

  • 1. イラスト手術手技のコツ : 耳鼻咽喉科・頭頸部外科 飯沼壽孝 東京医学社


鰓弓」

  [★]

branchial arch
咽頭弓 pharyngeal arch
鰓嚢咽頭嚢


first aid step1 2006 p.122
  • 鰓弓由来の構造とその神経支配.xls
# 鰓弓 神経 骨格 動脈*
1 顎弓(上顎隆起下顎隆起) CN V
三叉神経: 上顎枝、下顎枝(第一鰓弓の筋を支配)
咀嚼筋(側頭筋咬筋内側翼突筋外側翼突筋)、顎舌骨筋顎二腹筋前腹、口蓋帆張筋鼓膜張筋 上顎突起(顎前骨上顎骨頬骨側頭骨の一部)、メッケル軟骨(下顎骨キヌタ骨ツチ骨、前ツチ骨靱帯、蝶下顎靱帯) 消失し一部残存(顎動脈)
2 舌骨弓 CN VII
顔面神経
顔面表情筋(頬筋耳介筋前頭筋広頚筋口輪筋および眼輪筋)、顎二腹筋後腹、茎突舌骨筋アブミ骨筋 アブミ骨茎状突起、茎突舌骨靱帯、舌骨小角と舌骨体の上部 消失し一部残存(舌骨動脈、アブミ骨動脈)
3   CN IX
舌咽神経
茎突咽頭筋 舌骨大角と舌骨体の下部 総頚動脈、内頚動脈の基部。外頚動脈が出芽
4   CN X
迷走神経
輪状甲状筋口蓋帆挙筋 喉頭軟骨(甲状軟骨輪状軟骨披裂軟骨小角軟骨、および楔状軟骨 大動脈弓の一部
5 上喉頭神経(第四鰓弓支配神経) 咽頭収縮筋 消失
6 反回神経(下喉頭神経)(第六鰓弓支配神経) 喉頭内の筋 動脈管と肺動脈の基部





喉頭」

  [★]

larynx (KL,K)
咽頭

解剖

  • 第4~6頚椎の高さにある。約5cm (KL.612) <→ C3-C6椎体の高さにある(M.571)

組織

呼吸器の上皮の移行

リンパ

  • 声帯上:
  • 上喉頭動静脈に沿って舌骨甲状膜を貫通 → 上内頚静脈リンパ節中内頚静脈リンパ節
  • 喉頭粘膜のリンパ網は、仮声帯、喉頭入口部でよく発達。喉頭蓋基部の小孔を通じて喉頭蓋前間隙のリンパ組織に連絡し、さらに内深頚リンパ節につらなっている。このため声帯上部癌のリンパ節転移率は喉頭癌のうち最も高率(SOTO. 560)
  • 声帯下:
  • 下喉頭動静脈に沿って喉頭前リンパ節・気管リンパ節 → 下内頚静脈リンパ節
  • 喉頭前リンパ節、気管周囲リンパ節につながっている(SOTO. 560)

機能

  • 発声
  • 嚥下の際の気道保護

喉頭の固有筋→喉頭筋

臨床関連

  • 喉頭先天性疾患
  • 喉頭外傷
  • 喉頭異物
  • 喉頭炎症
  • 喉頭非腫瘍性病変
  • 喉頭ポリープ(声帯ポリープ):声帯縁にに好発する広基性、有茎性の浮腫性腫瘤。声帯前1/3に好発。一側性が多い。表面平滑、色調は声帯と異なる。種々の嗄声を示す。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • 声帯結節:声帯の前1/3に好発。両側性が多い。女性に多く、声を酷使する職業に多い。幼児・学童では男性に多い。表面の色調は声帯と変わらない。嗄声をしめし、気息性嗄声が主。保存療法(沈黙療法)で軽快しなければ手術的に切除。
  • ポリープ様声帯
  • 喉頭肉芽腫
  • 喉頭嚢胞
  • 喉頭角化症/喉頭白色病変/喉頭白色病変/喉頭白板症
  • 喉頭癌




内喉頭筋」

  [★]

instrinsic muscle
喉頭喉頭筋外喉頭筋
  • 咽頭内にある固有の筋肉
起始 停止 神経支配 主な作用 別名
輪状甲状筋 輪状軟骨の前外側面 甲状軟骨の下縁と下角 上喉頭神経の外枝 声帯ヒダを引っ張り緊張させる 声門緊張筋
後輪状披裂筋 輪状軟骨板の後面 披裂軟骨の筋突起 反回神経 声帯ヒダを外転 声門開大筋
外側輪状披裂筋 輪状軟骨披裂軟骨の筋突起 声帯ヒダを内転 声門閉鎖筋
甲状披裂筋 甲状軟骨の後面 披裂軟骨の筋突起 声帯ヒダを弛緩 声帯弛緩筋?
 声帯筋 甲状軟骨の後面 披裂軟骨の声帯突起
声帯靱帯
声帯ヒダを弛緩
声帯ヒダを内転
声帯弛緩筋?
声帯閉鎖筋
横披裂筋 披裂軟骨 対側の披裂軟骨 声門裂の靱帯間部を閉じる 声門閉鎖筋
斜披裂筋


上喉頭神経」

  [★]

superior laryngeal nerve (N)
nervus laryngeus superior
喉頭迷走神経
  • 図:N.67(側面),71(背面)

由来

支配

  • 運動性の外枝:輪状甲状筋
  • 知覚性の内枝:声帯ヒダまでの喉頭の粘膜の近く

走行

参考:N.67(側面),71(背面)





甲状軟骨板」

  [★]

lamina of thyroid cartilage
lamina cartilaginis thyroideae


輪状甲状軟骨切開術」

  [★] 輪状甲状膜切開術


輪状軟骨甲状軟骨間切開術」

  [★] 輪状甲状膜切開術


軟骨」

  [★]

cartilage (M)
軟骨組織
[[]]


分類


骨」

  [★]

bone
os
骨格






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡