甲状腺ペルオキシダーゼ

出典: meddic

thyroid peroxidase, TPO
甲状腺甲状腺ホルモン橋本病抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/07/18 22:45:30」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 甲状腺疾患 (特集 ここまでわかっている自己抗体と自己免疫疾患)
  • 抗マイクロゾーム抗体,抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体 (広範囲 血液・尿化学検査 免疫学的検査(第7版・4)その数値をどう読むか) -- (内分泌学的検査 甲状腺・副甲状腺関係)
  • 森村 匡志,村上 正巳
  • 日本臨床 68(-) (982), 313-316, 2010-07
  • NAID 40017200748

関連リンク

自己免疫性甲状腺疾患であるバセドウ病や橋本病の患者血清中に多く存在する抗 マイクロゾーム抗体は、甲状腺マイクロゾーム分画の甲状腺ペルオキシダーゼ(TPO: thyroid peroxidase)に対する抗体であることがわかり、抗TPO抗体と称するようになっ た。
甲状腺ホルモンの合成チログロブリンを合成・分泌する濾胞上皮細胞は血中のヨードを 取り込み、チログロブリンのチロシン残基をヨウ素化させる。これは、甲状腺 ペルオキシダーゼによって起こる。 甲状腺ホルモンの作用甲状腺は基礎代謝の亢進、 発育の促進、 ...

関連画像

甲状腺の作られる過程のなかで 検査のフローチャート甲状腺ペルオキシダーゼ 甲状腺機能低下症の主な症状


★リンクテーブル★
先読み甲状腺ホルモン」「橋本病
リンク元ペンドレッド症候群」「TPO」「thyroid peroxidase
拡張検索抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体」「甲状腺ペルオキシダーゼ自己抗体
関連記事甲状腺」「ペルオキシダーゼ」「」「ペルオキシ」「シダ

甲状腺ホルモン」

  [★]

thyroid hormone, thyroid hormones
甲状腺サイログロブリンカルシトニン甲状腺ホルモン製剤
胎児の発育・新生児の生理と適応


  • SP.915-

種類

分類

性状

  • 疎水性アミノ酸

産生組織

標的組織

受容体

  • 核内甲状腺受容体(甲状腺ホルモン受容体ファミリー)
ステロイドレセプタースーパーファミリーに属する → 核内受容体スーパーファミリー

作用

代謝系別

  • 1. 熱産生
  • 脳、脾臓、睾丸をのぞくすべての組織で酸素消費を高める ← 甲状腺クリーゼによる発熱の原因
  • 2. 自律神経系
  • カテコラミンの作用を増強する
  • 心筋細胞のカテコールアミン受容体を増加 ←証明されていない?
  • 3. 内分泌
→甲状腺ホルモンの投与によりコルチゾールが減少し副腎クリーゼを誘発
  • 4. 呼吸器系
  • 5. 造血器系
  • エリスロポエチン産生促進 → 赤血球増加
  • ヘモグロビンからの酸素解離を促進 → 末梢組織での酸素利用↑
  • 6. 骨格筋系作用
  • 骨代謝回転を高め、骨形成・骨吸収を促進 (閉経後女性で甲状腺ホルモン多 → 骨塩量減少 → 骨粗鬆症
  • グレーブス病では筋肉蛋白の代謝亢進、筋肉量の減少、筋力低下、筋脱力、四肢麻痺
  • 7. 糖代謝
  • 糖代謝の亢進
  • 8. 脂質代謝
  • 肝臓におけるコレステロール産生を促進
  • 肝臓のトリグリセリドリパーゼ活性を亢進し、コレステロールの代謝を促進
コレステロールが減少 ← 総じて分解系の法が作用が強い
  • 9. その他

薬理学的作用 (SPC.321)

  • 成長と発育
全ての生体の活動に関わる-(不足)→成長停止、身体的・精神的発育停止
  • 熱産生と体温調整
組織の酸素消費を高め、基礎代謝を亢進させる。Na+,K+-ATApaseの活性刺激や、核内クロマチンに作用してDNA転写を促進する作用による
  • 代謝亢進作用
上記の通り
  • TSH分泌抑制
ネガティブフィードバック

分泌の調節

  • 分泌の制御系
視床下部--(甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン)-→下垂体前葉--(甲状腺刺激ホルモン)-→甲状腺濾胞細胞-→T3, T4-→T3, T4下垂体前葉・視床下部に作用し甲状腺刺激ホルモンの分泌を抑制

分子機構

臨床関連

過多

欠乏

  • 甲状腺機能検査値の異常を来す病態。ほとんどの場合TSHは正常
  • free T3↓、rT3↑(重症ではT4↓、TSH
  • 低栄養、外傷、感染症、手術、腎不全、肝不全、心不全、悪性腫瘍
  • エネルギー消費を減らすための適応かもしれない
以上2007後期生理学授業プリント内分泌(3)

生合成 (SP.916)

橋本病」

  [★]

Hashimoto disease
橋本病甲状腺炎 Hashimoto thyroiditis, (ほぼ同義)慢性甲状腺炎

病理

  • 肉眼像
  • 硬く瀰漫性に腫大、割面ではコロイド光沢を欠く、20-30gのものから100g以上のものまである。ゴム様硬
  • 組織像
  • ①甲状腺濾胞の変性、委縮、崩壊が瀰漫性に起きていることが必要②リンパ球や形質細胞の浸潤、リンパ濾胞の形成(必発)。胚中心形成。③線維化
  • 腫大した濾胞上皮:好酸性細胞oxyphililic cell (H ürthle cell、機能低下型細胞、胞体が好酸性顆粒状となる、電顕では多数のミトコンドリア、橋本病で観察されるが特異的なものではない)。C細胞は保たれる。

亜型

  • a)線維亜型 fibrous variant:腫大しつつ線維化を伴う。riedel thyroiditisと鑑別必要
  • b)萎縮性甲状腺炎 atrophic thyroiditis:濾胞が消失し、線維に置換される。数グラム程度に委縮

検査

70-80%の症例で甲状腺機能は正常 (YN.D-39)

合併症

参考

  • 1. [charged] 橋本病(慢性自己免疫性甲状腺炎)の病因 - uptodate [1]

国試



ペンドレッド症候群」

  [★]

Pendred syndrome
Pendred症候群甲状腺腫聾唖症候群 goiter-deaf mutism syndrome

概念

  • 甲状腺腫、高度感音難聴、過塩素酸塩放出試験陽性を三徴とする常染色体劣性遺伝疾患
  • 先天性難聴の最も多い原因疾患の一つで、遺伝性聾(heredidary deafness)の約10%を占める。(1)

歴史

  • 1896年ペンドレッド(Vaughan Pendred、1869-1946, 外科, 英)が聾唖と甲状腺腫を合併する姉妹例を報告。

疫学

  • 2-3人/10万人

遺伝形式

病因

  • SLC26A4遺伝子(PDS, perdin)の変異(SOTO.191)
  • locus:はDFNB4 locus(7q11-2)に存在
  • 発現部位:甲状腺、内耳、腎臓で発現(1)
  • 腎臓では皮質集合管でchloride-bicarbonate exchangerとして機能しているが、病的な意義は不明。(2)
  • 内耳:内リンパ液の組成の調整に関わっている。難聴との関わりは不明。(2)
  • 機能:chloride-iodine co-transporter(2)。perdinが無くてもヨードを甲状腺濾胞細胞に輸送できるが、効率が低下する(2)。perdinの変異により、ヨードの取り込みが低下し、ヨードの有機化が低下する(2)。
  • SLC26A4は前庭水管の拡張と関連しており、片側性/両側性、いずれのばあいもありうる(NEL.2621)。
  • 聴力の低下:原因不明

症状

感音性難聴

  • 出生時からの両側性の難聴。(SOTO.191)
  • 高音域で難聴は高度。低音域では難聴の程度は様々。(NEL.2621)
  • 出生児から難聴が出現するが、話し言葉習得後、後天的、進行性に難聴が出現することも普通にある。(NEL.2621)

甲状腺

  • 甲状腺腫大
  • ヨウ素の有機化障害により生ずる
  • ヨードの摂取量に依存しており、十分に摂取されている場合には症状が出ない(ex. Japan)。
  • 甲状腺機能:正常 or 軽度の甲状腺機能低下

その他

  • 知能指数は正常。発育障害はない。
  • 甲状腺内のペルオキシダーゼ活性の減少はない。

診断・検査

  • 三徴:甲状腺腫、高度感音難聴、過塩素酸塩放出試験陽性(SOTO.191)
  • 診察
  • 感音性難聴、甲状腺腫
  • 画像検査
  • CT (図:NEL.2622)
  • CTによる前庭水管の拡張(SOTO.191)。両側性(NEL.2621)に拡張が見られる。蝸牛の低形成はある場合も、無い場合もある(NEL.2621)。
  • 蝸牛の奇形を伴っていることがある(Mondini cochlea)。普通は蝸牛は2.5回転するが、Mondini cochleaでは1.5回転しかしない。(1)

甲状腺機能

  • 過塩素酸による無機ヨード放出試験
  • 甲状腺ペルオキシダーゼ活性:正常
  • 過酸化水素産生能:正常

治療

  • 甲状腺腫に対して、ヨードカリウムの投与
  • 過剰量のヨードが甲状腺でのヨードの不足を補償する。(2)

参考

文献

  • 1. Pearce JM. et al., Pendred's syndrome., Eur Neurol. 2007;58(3):189-90
PMID 17622729
  • 2 Arwert LI et al., Goitre and hearing impairment in a patient with Pendred syndrome, Neth J Med. 2008 Mar;66(3):118-20
PMID 18349467


URL

[display]http://en.wikipedia.org/wiki/Pendred_syndrome
[display]http://www.nidcd.nih.gov/health/hearing/pendred.asp


TPO」

  [★]


thyroid peroxidase」

  [★] 甲状腺ペルオキシダーゼ TPO

抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体」

  [★]

antithyroid peroxidase antibody, TPOAb
TPO抗体 TPO antibody甲状腺ペルオキシダーゼ自己抗体 thyroid peroxidase autoantibody thyroperoxidase autoantibody抗TPO抗体
甲状腺ペルオキシダーゼ TPO

概念


甲状腺ペルオキシダーゼ自己抗体」

  [★]

thyroid peroxidase autoantibody
抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体


甲状腺」

  [★]

thyroid gland
glandula thyroidea
甲状腺ホルモン副甲状腺(上皮小体)
喉頭
  • 図:N.24(全面の筋),25(全面の筋),70(血管),71(血管)

解剖学

部位

性状

  • 成人の正常重量15-25g、女性の方が少し重い。妊娠中や性周期で重量が変化する。分泌期初期(early secretary phase排卵後2-5日目)には50%も重量が増加する。

大きさ

よくわかる甲状腺疾患のすべて 永井書店 (2004/01) ISBN 481591673X
単位はmm?
  n 峡部 横断厚 横径 縦経(右) 縦経(左)
男性 34 1.8±0.6 18±3.0 48±4.8 49±3.7 49±3.8
女性 16 1.3±0.8 16±2.2 46±3.6 45±6.0 46±3.0

血管

動脈

静脈

神経

声帯を支配する神経が甲状腺の裏側を通過 N.71

画像

  • 超音波検査
  • (高エコー)筋肉>甲状腺>気道(低エコー)  ← 要確認

組織学

濾胞上皮細胞 follicular cell

  • 甲状腺ホルモンを産生、分泌。

C細胞 C cell

  • 成人甲状腺全体の0.1%を占める
  • カルシトニン産生細胞、HEでは判別困難。
  • 銀染色(Glimerius)、免疫組織化学(chromogranin A、synaprophysin, carcitoninなど)により明らかとなる。
  • 電顕では、electron dense な顆粒を有する(神経内分泌顆粒)。

機能

発生

神経支配

  • 上頚部交感神経節、中頚部交感神経節。交感神経神経線維は濾胞近傍に終末し、分泌に影響を及ぼす。

臨床関連

非腫瘍性疾患

  • 1. 遺伝疾患、発達傷害
  • mynocyclineによるblack thyroid:消耗性色素リポフスチンと他の物質(lipid-drug complexによりlysosomeに色素が沈着する)。
  • 4. 感染
  • 5. 自己免疫性甲状腺疾患

腫瘍性疾患 (甲状腺腫瘍)

  • 1. 良性腫瘍
  • a) 濾胞腺腫 follicular adenoma
  • 2. 悪性腫瘍 悪性腫瘍中の頻度)
  • a) 乳頭癌 papillary carcinoma 88%
  • b) 濾胞癌 follicular carcinoma 4.2% 甲状腺濾胞癌 thyroid follicular carcinoma
  • c) 低分化癌 poorly differentiated carcinoma
  • d) 未分化癌 undifferentiated carcinoma 1.5%
  • e) 髄様癌(C細胞癌) medullary carcinoma, C-cell carcinoma 1.4%
  • f) 悪性リンパ腫 malignant lymphoma 3.5%


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.

分類






ペルオキシダーゼ」

  [★]

peroxidase Poase PO


  • 過酸化水素を分解する酸化還元酵素。


腺」

  [★]

gland
glandula
腺細胞分泌



ペルオキシ」

  [★]

peroxylperoxy
過酸化パーオキシ

シダ」

  [★]

fern
シダ植物




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡