田代三喜

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/02/15 04:44:37」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 医者も知りたい【医者のはなし】(第59回)医聖・田代三喜(1465~1544)
  • 木村 專太郎
  • 臨床整形外科 48(10), 1042-1045, 2013-10
  • NAID 40019814908
  • 田代三喜『當流能毒集』
  • 53)田代三喜の察証弁治における刻と牛八の意義(一般口演,一般演題抄録,第41回日本歯科医史学会・第114回日本医史学会合同総会および学術大会)

関連リンク

田代 三喜(たしろ さんき、寛正6年4月8日(1465年 5月3日)-天文13年4月15日(1544年 5月6日))は、室町・戦国時代の日本の医師。後世派医学の開祖であり、広く「医聖」と称された。曲直瀬道三・永田徳本などと並んで日本医学 ...
朝日日本歴史人物事典 田代三喜の用語解説 - 室町後期の医者。武蔵国越生(埼玉県越生町)生まれ。父は兼綱。長享1(1487)年明に渡り,金・元時代に興った李東垣,朱丹渓らの新医学に接し,日本人留学僧医の月湖に学んだ。明応7(1498 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡