用量効力

出典: meddic

potency
用量反応曲線
  • 最大効力がほぼ同じである場合、用量に対する効果(効力)の大きさを示す
  • 用量効力が大きい→小用量で効力を発揮→用量反応曲線は左にシフト
  • 用量効力が小さい→大用量でないと効力を発揮しない→用量反応曲線は右にシフト

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

用量反応曲線には変動する特性がある(薬力学: 用量反応曲線。図 1: イラスト 参照): 作用強度(投与量軸に沿った曲線の存在位置),最大効力すなわち天井効果(到達し うる最大の反応),勾配(単位用量当たりの反応の変化)。生物学的変動(同じ用量を 与え ...
例えば「生死」のように二者択一的な反応を指標とする場合、致死量、あるいは病気 による死亡を防ぐのに有効な投与量は個体により異なるので、個体群全体の死亡率で 反応を表現する。 用量反応関係を明らかにすることは、医薬品や環境汚染物質等の 効力 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
リンク元用量反応曲線
関連記事」「用量」「効力

用量反応曲線」

  [★]

dose-response curve
最大効力用量効力
  • 薬の用量(一般的には対数値)を横軸、生物系の反応を縦軸にプロットして得られる曲線
  • 薬の用量と反応の関係を知ることができる。


力」

  [★]

powerforcestrengthenergy
エネルギー強制強度、能力、羃乗威力強弱勢い力を与える動力を供給する
ニュートンダイン


用量」

  [★]

dose, dosage
製剤線量投薬量投与量服用量薬用量薬物用量
  • 使用できることができる量 → 使用量、投与量とは区別したいところ。


効力」

  [★]

efficacypotencyeffect
影響、効果、効率作用作用強度有効性力価効能





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡