用手的気道確保

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 人工呼吸,エアウェイの使用法 (特集 内科医に必要な基本的診療手技のノウハウ)
  • 田中 敏春,広瀬 保夫
  • 診断と治療 99(4), 568-571, 2011-04
  • NAID 40018792181

関連リンク

救急現場においてはCPA症例のみならず、舌根沈下や唾液、血液などの口腔内貯留、 気道内異物など救急隊が傷病者の気道を確保しなければならないケースがある。 今回 は気道を確保するための手技と注意点、少々のコツについて述べる。 A.用手で気道を ...
用手的な気道確保については、頭部後屈顎先挙上法又は下顎挙上法を行う。 (3)呼吸 及び循環(脈)の確認. 呼吸があるか、脈拍を確実に触知できるかを、気道確保を含めて 10 秒以内に確認する。 (4)反応の確認から呼吸、脈拍の確認までは複数の救急 ...

関連画像

気道確保のイメージです。Airway management and ventilation)DAMシミュレータ トレーニング 驚くほど鮮明でリアルな写真


★リンクテーブル★
関連記事気道」「確保」「気道確保

気道」

  [★]

respiratory tract, airway






確保」

  [★]

reserve
準備蓄え貯蔵貯蔵型保留予備予約余裕量

気道確保」

  [★]

airway management
気管内チューブ




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡