産論

出典: meddic

和文文献

  • 転換期の日本,山田盛太郎・戦後日本資本主義分析の射程 : 外生的再生産循環構造の基盤=「執拗低音」「土着思想」としての土地所有 (小澤光利教授退職記念号)
  • ピエール・ブルデュー 教育社会学論 : 科学論 再生産論
  • 山梨学院大学現代ビジネス研究 第8号, 5-21, 2015-02-01
  • NAID 120005602145

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 《産論》の用語解説 - その師承・学統は不明であるが,古医方派の医学を学んだものと思われる。薬物療法の及ばない難産に鉄鉤を用いる手術療法を導入して母体を救い,1765年(明和2)66歳のとき,それまでの ...
内容(「BOOK」データベースより) 賀川玄悦と玄迪の『産論・産論翼』は、明治の学制改革以前の産科の必読書で、現代でも助産の手

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡