生物学的偽陽性

出典: meddic

biological false positive biological false positive reaction BFP
生物学的偽陽性反応 biological false positive reaction
梅毒血清反応

  • STS検査における擬陽性
  • 原因:感染症、自己免疫性疾患、妊婦


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 梅毒血清反応生物学的偽陽性にて発見された抗リン脂質抗体症候群の1症例 : 日本循環器学会第73回近畿地方会
  • 平位 秀世,馬本 郁男,松原 欣也,後藤 武近,田邊 進一,宇野 雅史,原田 佳明
  • Japanese circulation journal 58(SupplementII), 645, 1994-04-20
  • NAID 110002639009
  • 老年者の血清蛋白ならびに免疫反応-5-梅毒血清反応における生物学的偽陽性
  • 篠原 恒樹 [他]
  • 浴風会調査研究紀要 (57), 9-16, 1973-07
  • NAID 40018643666

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 生物学的偽陽性の用語解説 - 牛の心臓の脂質であるカルジオリピンを抗原とする方法(脂質抗原法,STSともいう)にはガラス板法,RPR法,凝集法,緒方法など,梅毒トレポネマを抗原とする方法にはTPHA法,FTA ...
これを生物学的偽陽性(BFP)といいます。 BFP を呈する代表的な疾患としては、膠原病、慢性肝疾患、結核やHIV 感染症などをあ げることができます。さらには、妊婦や高齢者などでも偽陽性となることがあります。 梅毒と臨床検査 ...

関連画像

自家蛍光分離による偽陽性集団 女性の10%は、膣内にカンジ 表4 抗リン脂質抗体症候群の 陽性と偽陽性|イル ボスコ meneki10-1.jpg


★リンクテーブル★
先読み梅毒血清反応」「BFP
関連記事偽陽性」「生物」「生物学」「生物学的」「陽性

梅毒血清反応」

  [★]

serological test for syphilis, STS
梅毒血清試験血清梅毒反応
梅毒


概念


BFP」

  [★]



偽陽性」

  [★]

false-positive, false positive
擬陽性真陽性偽陰性偽陽性真陰性


  • 偽陽性率が高いと:cost financially and emotionally
  • さらなる検査が必要であり、疾病発見の費用がむしろ高くなる可能性(検査の侵襲性が高くなる可能性)
  • 疾病があるのでは?という不安に駆られる(例え、それ以外の検査が陰性であっても)


生物」

  [★]

果肉生物学生物学的生物体生物学上肉体生命体生物的


生物学」

  [★]

biologybiologicalbiologicbiol
生物学的生物生物学上バイオロジー


生物学的」

  [★]

biologicalbiologicbiologically
生物学生物生物学上


陽性」

  [★]

positivitypositivepositively
ポジティブ積極的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1ミタゾラム 効果 16
2pud 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
51,1024,768,24 HTTP/1.1 10
6多毛日本 9
7ハントコスニック 8
81,320,568,24 HTTP/1.1 8
9日常生活自立度 7
10prolapse of uterus 7
11血友病C 7
12user/register 6
13ルリッシュ症候群 5
14Salivary glands 5
15脳卒中リハ 阻害因子 5
16 HTTP/1.1">"> HTTP/1.1 5
17サイズの原理 筋電図 5
18viraldeath解剖 5
19角化棘細胞腫 5
20vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
2ルリッシュ症候群 5
3vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
4ノンスロン 作用 3
5上腕骨 肘頭窩 2
61〜2才 推定エネルギー必要 2
7気管支原生嚢胞 疼痛 2
8Trigeminal nerve 2
9気管支廉縮 2
10SVPC 2
11山崎邦正のペロニー病をなおした病院 2
12ヘーリング反対色説 2
131,1024,768,24 HTTP/1.1 1
14dungeon 1
15ピトレシン 投与量 1
16ギプスシーネ 1
17重炭酸ナトリウム 経口投与 1
18下額呼吸 1
19ジメチルイソプロピルアズレン 1
20ケタミン 1