生気論

出典: meddic


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/11 00:00:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 光と水と霊 : トマス・ヴォーンの錬金術的世界像
  • 岡田 典之
  • 龍谷紀要 34(2), 1-20, 2013-03-15
  • … ヴォーンはまた、宇宙の構造や自然の究極の要素についても思索し、伝統的な四元素の名称を用いつつも、霊的な原理と物質的な原質が様々な仲介物を通して緊密に結びつく、有機的、生気論的でダイナミックな宇宙論を構想した。 …
  • NAID 110009556980
  • FORUM AYUMI ESSAY パリから見えるこの世界(Vol.3)モンペリエの生気論者ポール・ジョゼフ・バルテ,あるいは過去が漂う世界

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 生気論の用語解説 - 活力論ともいう。有機体の生について,これを無機物と同じ扱いをする機械論を退け,生命力 vis vitalisを原理としてその特殊性を守ろうとする立場 (物活論のように無機物を ...
生気論(せいきろん、vitalism)は、「生命に非生物にはない特別な力を認める」仮説である。生気説、活力説、活力論とも呼ばれる。 生命 現象には物理学及び化学の法則だけでは説明できない独特の原理があるとする説 [1]。

関連画像

生気論 - Vitalism - JapaneseClass.jp イ研究所 ISHE: 5-SHE 「生気論科学の先―現代生気論生気論の歴史と理論/ハンス  イ研究所 ISHE: 5-SHE 「生気論 イ研究所 ISHE: 5-SHE 「生気論



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡