理論値

出典: meddic

theoretical value

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 帯域に応じた位相差判定閾値に基づく音源分離法SAFIAによる機械雑音下音声認識
  • 徳竹 啓佑,川端 豪
  • 情報処理学会研究報告. SLP, 音声言語情報処理 2012-SLP-92(12), 1-6, 2012-07-12
  • … である.しかし,ロボットの厳しい雑音下ではSAFIAは音声の重要な成分を除去してしまう可能性がある.本研究では帯域ごとに位相差を扱うことで,音声の倍音成分を保存する.帯域毎に観測位相差と音声の入射角度から算出した位相差の理論値を比較する.提案手法ではこの値から境界周波数を定め,音声成分の保護を行う帯域を選ぶ.また,コムフィルタにより音声の倍音成分を強調した.実験の結果単語誤り率が約20%改善した. …
  • NAID 110009422509
  • 新米渉外 熊田君の融資メモ(第10回)長期運転資金 経常運転資金の理論値や返済能力を確認

関連リンク

なにぬ さんの書込 (2005/05/08(Sun) 15:35) 高校3年生です. 授業でやった単振り子の実験のレポートを書く際に 疑問に思ったことがあります. 『周期の理論式に振り子の長さLと重力加速度g=9.8を代入し, 周期の理論値を有効数字2桁で ...
実験などで誤差率を求める式は、 |測定値-真値(理論値)|/真値 ですが、この... 実験で出た結果の誤差 私は今化学の実験のレポートを書いているのですが、考察を... 理論値の求め方を教えてください よく音ゲーなどである 理論 ...

関連画像

即死 60 % 理論 値 まで も うす ん ん ん ん ん ん ん ぁ理論値キター準 理論 値 の 大地 の 竜 玉 600Mbps(理論値)対応無線LAN 画像3

添付文書

薬効分類名

  • 電解質補液(開始液)

販売名

リプラス1号輸液 200mL(ポリアル)

組成

  • リプラス1号輸液は1ポリアル(プラスチックボトル)中次の成分・分量を含む無色澄明の水性注射液である。
    塩化ナトリウム(NaCl) 0.828g
    乳酸ナトリウム(C3H5O3Na) 0.448g
    ブドウ糖(C6H12O6) 5.200g
    添加物 pH調節剤

〔電解質濃度〕(理論値)

  • Na 90.8mEq/L
    Cl 70.8mEq/L
    Lact. 20.0mEq/L

〔カロリー〕

  • 104kcal/L

禁忌

  • 高乳酸血症の患者[症状が悪化するおそれがある。]

効能または効果

  • ◇脱水症及び病態不明時の水分・電解質の初期補給
  • ◇手術前後の水分・電解質の補給
  • 通常成人1回500〜1,000mLを点滴静注する。投与速度は通常成人1時間あたり300〜500mL,小児の場合,1時間あたり50〜100mLとする。
    なお,年齢,症状,体重により適宜増減する。

慎重投与

  • 腎疾患に基づく腎不全のある患者[水分,電解質の過剰投与に陥りやすく,症状が悪化するおそれがある。]
  • 心不全のある患者[循環血液量を増すことから心臓に負担をかけ,症状が悪化するおそれがある。]
  • 重篤な肝障害のある患者[水分,電解質代謝異常が悪化するおそれがある。]
  • 閉塞性尿路疾患により尿量が減少している患者[水分,電解質の過負荷となり,症状が悪化するおそれがある。]
  • 糖尿病の患者[高血糖を生じ症状が悪化するおそれがある。]

薬効薬理

  • 種々の原因によって起こる脱水症により,血管内血液量に不足をきたし,その結果循環障害に陥る。その際,病態は十分把握できないが,とりあえず循環不全を改善する目的で使用されるのが初期輸液である。初期輸液として,次の条件が必要とされている1,2)
  • 電解質組成は細胞外液の主成分であるNaとClの補給が基本である。
  • 自由水は比較的少ない方が良いが,逆に自由水の全くない高Na濃度の液を用いると,浮腫と心負荷の危険を伴う。
  • 循環血液量の減少に伴って腎障害が起こり,乏尿・無尿となることがあるのでKを含まない。
  • 本剤は上記の条件を考慮にいれ,さらに脱水症にはアシドーシス傾向を伴うことがあるので,生体の酸塩基平衡維持の目的で乳酸ナトリウム(HCO3の供給源)を添加し2,3),ブドウ糖を加えてほぼ等張にしている。
    本剤の電解質濃度は血漿浸透圧の約2/3に相当する濃度で,生体の安全域内に処方されているため高張,低張いずれの脱水症の場合にも比較的安全に使用できる1)
    しかし,利尿がみられ,臨床検査成績等より脱水状態が明らかになった後は,脱水補給液,維持液等の適切な輸液に切り替えるのが原則とされている。


★リンクテーブル★
関連記事

値」

  [★]

value
価値評価




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡