王水

出典: meddic

aqua regia
王酸

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/11/07 21:11:35」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 近年の宋代文学研究の回顧と再考 (南宋の隠れたベストセラー 『夷堅志』の世界) -- (魅力ある南宋の文人たち)
  • 王 水照,原田 愛 [訳]
  • アジア遊学 (181), 146-154, 2015-04
  • NAID 40020470367
  • 実験の広場 5分間デモ実験 王水で金箔を溶かす
  • 高木 春光
  • 化学と教育 62(4), 194-195,図巻頭1p, 2014
  • NAID 40020068178
  • なぜ希硝酸を混合した海水中に純金は溶解するのか?
  • 北條 正司
  • 分析化学 63(9), 715-726, 2014
  • … (k/s-1)値はそれぞれ-4.15,-3.77,-3.45及び-3.14へと上昇した.ずっと濃度の低い硝酸(0.1~1.0 mol dm-3)を用いると金線の全溶解時間は著しく長くなった.純金の溶解は,硝酸及び塩酸濃度の低い「希王水」,例えば,1.0 mol dm-3 HNO3と1.0 mol dm-3 HClの溶液中でも起こる.50 mL海水と2.0 mol dm-3 HNO3の1 : 1混合液中に,金線5本(0.10 mg)を100℃ において約17時間で完全溶解させることに成功した[log (k/s-1)=-4.52] …
  • NAID 130004693885

関連リンク

【ベストアンサー】王水が何でも溶かすというのは、金属をイオン化させる働きがきわめて強いからです。つまり、あくまでも金属に対してです。たとえば理科の実験で王水を入れる容器に使う ...
王水(おうすい、aqua regia)は、濃塩酸と濃硝酸とを3:1の体積比で混合してできる橙赤色の液体。CAS登録番号は8007-56-5。 塩化アンモニウムと硝酸アンモニウムとを目分量1:3の混合比としたものは「固体王水」とよばれ、粉末試験法に ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元王酸

王酸」

  [★]

aqua regia
王水




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡