狭骨盤

出典: meddic

contracted pelvis
pelvis contracta
児頭骨盤不均衡


定義

G10M.229
  産科的真結合線 入口横径 外結合線
狭骨盤 <9.5cm <10.5cm <18.0cm
比較的狭骨盤 <10.5cm <11.5cm  
正常 10.5~12.5cm 11.5~13.0cm 18.0~20.0cm


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 受傷機転のない新生児頭蓋骨陥没骨折の1例
  • 橋本 佳奈,山村 省吾,冨田 裕之,泉 有希子,川村 洋介,野々垣 比路史
  • 産婦人科の進歩 65(1), 95-99, 2013
  • … 4000~10,000分娩と極めてまれである.今回われわれは,受傷機転の明らかでない妊娠および分娩経過を経て出生した児に,右前頭骨陥没骨折を認めた1症例を経験した.26歳,1経産,身長149cmと低身長であるが狭骨盤や扁平仙骨は認めない.妊娠中の外傷既往はなく,妊娠39週5日に自然陣痛発来し,11時間31分の分娩時間を経て自然経腟分娩に至った.吸引・鉗子分娩やクリステレル圧出は行っていない.新生児は2640gの女 …
  • NAID 130003362659
  • OP-211-7 腹腔鏡下直腸手術における開腹移行症例の検討 : 骨盤Indexによる狭骨盤の把握について(鏡視下手術・直腸,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)
  • 鶴田 淳,池田 博斉,岡部 道雄,河本 和幸,朴 泰範,伊藤 雅,小笠原 敬三
  • 日本外科学会雑誌 111(臨時増刊号_2), 612, 2010-03-05
  • NAID 110007717707
  • OP-211-5 FGS法による腹腔鏡下直腸切除術I-O吻合 : 狭骨盤でもlinear stapler一本で切除(鏡視下手術・直腸,一般口演,第110回日本外科学会定期学術集会)
  • 市原 隆夫,相馬 篤郎,林 伸泰,中野 克俊,村上 雅一,桧垣 直純,林田 博人,菅 和臣,左近 賢人
  • 日本外科学会雑誌 111(臨時増刊号_2), 612, 2010-03-05
  • NAID 110007717705
  • 内視鏡手術 狭骨盤の下部直腸進行癌に対するTARD(transanal rectal dissection:経肛門的直腸切離剥離法) を併用した鏡視下手術
  • 船橋 公彦,小池 淳一,寺本 龍生 [他]
  • 外科治療 101(1), 82-88, 2009-07-00
  • NAID 40016729447

関連リンク

家庭医学館 狭骨盤の用語解説 - [どんな病気か] お母さんの身長が低い(一般には145cm以下)場合や、予定日近くなっても胎児(たいじ)が骨盤の中に降りてこない場合、陣痛(じんつう)があるのにお産が進まない場合などに、骨盤の ...
かぷりこさん 九州 九州 20代 個人 2回 1998.9・2004.9 2004.9.18 狭骨盤の為2度目の帝王切開にて長男を出産しました。 私の通っている病院では、当日入院の為、前日は自宅にて夜9時以降絶食、0時以降絶 ...
狭骨盤とは。意味や解説。 どんな病気か お母さんの身長が低い(一般には145cm以下)場合や、予定日近くなっても胎児(たいじ)が骨盤の中に降りてこない場合、陣痛(じんつう)があるのにお産が進まない場合などに、骨盤の大きさ ...

関連画像

変形した骨盤治療 ]狭骨盤・巨大児の場合には イラストが入ります


★リンクテーブル★
国試過去問107G036
リンク元子宮破裂」「児頭骨盤不均衡
拡張検索関節強直横狭骨盤
関連記事骨盤

107G036」

  [★]

  • 児頭の固定を妨げるのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 107G035]←[国試_107]→[107G037

子宮破裂」

  [★]

uterine rupture, spontaneous uterine rupture
ruptura uteri

分類

  • 全子宮破裂:子宮壁全層が断裂して子宮腔と腹腔とが交通するもの。
  • 不全子宮破裂:裂傷が子宮筋層のみにとどまり漿膜に及ばないものをいう。

原因

  • 1. 自然破裂
  • 胎児因子
  • 母体因子
  • 2. 外傷性子宮破裂
  • 産科手術(鉗子分娩、過度の子宮内掻爬術)、陣痛促進剤の誤用、外傷
  • 3. 瘢痕性子宮破裂

症候・身体所見

参考1
  • 切迫子宮破裂:Bandl収縮輪の上昇、過強陣痛、激しい腹痛、不穏状態、胎児機能不全
  • 完全子宮破裂:内出血と腹膜刺激症状によりショック症状。外診上、子宮と胎児を振れる
  • 不全子宮破裂:広間膜内から広がる広範な血腫が形成される。

診断

参考1

完全子宮破裂は瘢痕子宮や過強靭痛などで診断が容易であるが、自然子宮破裂は診断が困難で、胎児分娩後に診断されることが多い。子宮収縮良好で外出血が少ないにもかかわらずショック症状が見られたら不全子宮破裂が疑われる。このため、超音波検査やCR,MRIを施行する。

治療

参考1
  • 切迫子宮破裂:帝王切開による急速遂娩
  • 完全子宮破裂:ショックに対して補液・輸液を行い、迅速に開腹手術を行う。子宮全摘、あるいは破裂部の縫合を行う。
  • 不全子宮破裂:血腫除去手術

予後

参考1
  • 母体死亡率:約1-2%
  • 胎児死亡率:80%

参考

  • 1. D.産科疾患の診断・治療・管理 10.異常分娩の管理と処置 - 日産婦誌60巻4号
http://www.jsog.or.jp/PDF/60/6004-065.pdf



児頭骨盤不均衡」

  [★]

cephalopelvic disproportion, CPD
児頭骨盤不適合
狭骨盤

検査

触診

X線写真

  • グスマン法 Guthmann法(骨盤側面撮影法):産科的真結合線 - 児頭大横径 > 1.5cm ならok <1cmならCPD。産科的真結合線<9.5cmなら狭骨盤
  • マルチウス法 Martius法(骨盤入口撮影法):入口横径<10.5cmなら狭骨盤



関節強直横狭骨盤」

  [★]

ankylotic transversely contracted pelvis
ロバート骨盤


骨盤」

  [★]

pelvis (Z)
小骨盤


  • N.340-341,342(性差) KA.435(性差, 上面)

血管分布

動脈

  1. 内腸骨動脈
  2. 卵巣動脈
  3. 正中仙骨動脈
  4. 上直腸動脈

静脈

  1. 内腸骨静脈
  2. 卵巣静脈精巣静脈
  3. 正中仙骨静脈
  4. 上直腸静脈
  5. 内椎骨静脈叢





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡