牡蛎

出典: meddic

ぼれいボレイ
oyster shell
牡蛎殻 ぼれいかく


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/05/21 21:24:51」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床リポート 精神疾患を有する男性更年期障害に柴胡加竜骨牡蛎湯が奏効した1例
  • 坂本 忍,大澤 多美子,稲富 正治 [他]
  • 漢方と診療 = Kampo practice journal 6(2), 146-149, 2015-07
  • NAID 40020538972
  • 臨床リポート ベンゾジアゼピン系薬剤の減量のために柴胡加竜骨牡蛎湯を使用した経験
  • 角田 典穗
  • 漢方と診療 = Kampo practice journal 6(1), 49-51, 2015-04
  • NAID 40020438035
  • 臨床研究・症例報告 柴胡加竜骨牡蛎湯が有効であった頭部前屈発作の1例
  • 橋本 修二,山本 寿子,足立 美穂 [他]
  • 小児科臨床 68(3), 360-364, 2015-03
  • NAID 40020367850

関連リンク

「牡蛎」とは - カキ(牡蠣・牡蛎)はイタボガキ科に属する二枚貝の総称。 雌雄同体で、雄性の強いものと、雌性の強いものとがあり、条件次第で性を選ぶが外見上の生殖腺は同じ。産卵期以外は雄性を示すことが多い。
レンチンのみでヘルシーな前菜の出来上がり!牡蠣と温野菜で女子力UP(*^^*)お酒も ... ... 生のりも牡蠣も今が一番美味しい!二つを組み合わせて佃煮を作ってみました 牡蠣一粒でも ...

関連画像

牡蛎(牡蠣) ミルキーで旨味濃厚な岩牡蛎に牡蛎_图片_互动百科牡蛎_图片_互动百科新鲜牡蛎摄影图__食物原料_餐饮 牡蛎

添付文書

薬効分類名

  • 漢方製剤

販売名

テイコク柴胡加竜骨牡蛎湯エキス顆粒

組成

  • 本品9.0g中

日局サイコ     5.0g
日局ハンゲ     4.0g
日局ブクリョウ   3.0g
日局ケイヒ     3.0g
日局オウゴン    2.5g
日局タイソウ    2.5g
日局ショウキョウ  1.0g
日局ニンジン    2.5g
日局リュウコツ   2.5g
日局ボレイ     2.5g
日局ダイオウ    1.0g
上記の混合生薬より製した水製乾燥エキス4.33gを含有する。

添加物

  • 乳糖水和物、結晶セルロース、ステアリン酸マグネシウム

効能または効果

  • 精神不安があって、どうき、不眠などを伴う次の諸症:高血圧の随伴症状(どうき、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜なき
  • 通常成人1日3回、1回3.0gを食前に経口投与する。
    なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

慎重投与

  • 下痢、軟便のある患者[これらの症状が悪化するおそれがある。]
  • 著しく胃腸の虚弱な患者[食欲不振、胃部不快感、腹痛、下痢等があらわれることがある。]
  • 著しく体力の衰えている患者[副作用があらわれやすくなり、その症状が増強されるおそれがある。]

重大な副作用

間質性肺炎:

  • 発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音の異常(捻髪音)等があらわれた場合には、本剤の投与を中止し、速やかに胸部X線等の検査を実施するとともに副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。また、発熱、咳嗽、呼吸困難等があらわれた場合には、本剤の服用を中止し、ただちに連絡するよう患者に対し注意を行うこと。

肝機能障害、黄疸:

  • AST(GOT)、ALT(GPT)、Al‐P 、γ‐GTPの上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。


★リンクテーブル★
先読みボレイ」「oyster shell
拡張検索柴胡加竜骨牡蛎湯エキス」「桂枝加竜骨牡蛎湯エキス

ボレイ」

  [★]

oyster shell
牡蠣


oyster shell」

  [★]

牡蠣ボレイ


柴胡加竜骨牡蛎湯エキス」

  [★]

柴胡加龍骨牡蠣湯エキス
漢方製剤、柴胡加竜骨牡蛎湯


桂枝加竜骨牡蛎湯エキス」

  [★]

桂枝加竜骨牡蛎湯漢方製剤




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡