牛角胃

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 牛角胃に対する前壁撮影手技の工夫 : フトンの適切な使用方法の検討
  • 水町 寿伸,中原 慶太,前川 進,副島 満,高木 優,荒木 祐美子,米湊 健,芹川 習,田宮 芳孝,渡辺 靖友,鶴田 修,佐田 通夫
  • 日本消化器がん検診学会雑誌 45(5), 506-513, 2007-09-15
  • NAID 10019984698

関連リンク

トップ > 画像精度と読影精度向上のために「変形胃に対する撮影法の工夫(ルーチン検査 精密検査)」 ... 牛角胃:充盈像部の最上縁と最下縁を結んだ長さが 3椎体以下と短いもの 瀑状胃:穹窿部の最下縁が分水嶺より 1椎体以上 足側に ...
「牛角胃」といわれる牛の角のようにすらりとした形の胃。食べ物がスムーズに流れ、もたれることはあまりありません。 特徴 : とくに欧米人に多い形状 鉤のように曲がった「鉤状胃」は日本人に多い形状。中央部が出口より低い位置に ...
日本人に多いのは鉤状胃(こうじょうい)、欧米人に多いのは牛角胃(ぎゅうかくい)といわれており、食生活の違いなどが胃の形に関係しているとも考えられています。 Copyright (c) 2004 Takeda ...

関連画像

 順著電梯到十三樓吃牛角酥胃的分型gyuukaku1.jpg股票 高级团 合作回答者: 1人


★リンクテーブル★
関連記事

胃」

  [★]

stomach (Z)
gaster, ventriculus
消化器系#上皮の移行
  • 図:KL.346(動脈)

解剖

  • 胃は以下の間膜によって連結されている。
    • 横隔膜の下面との間は胃横隔間膜
    • 脾臓との間は胃脾間膜

胃の位置

  • 噴門口:第7肋軟骨の胸骨付着部より約2cm左(T11の高さ) (KL.342)
  • 胃底:胃底の上端は左第5肋骨の高さ (KL.342)
  • 幽門:L1の高さ (KL.342)

胃の動脈


生理

胃腺の分布

2007年後期生理学授業プリント

粘膜上皮細胞 主細胞 壁細胞 副細胞
(頚粘液細胞)
腸クロム親和様細胞 D細胞 G細胞
噴門腺            
固有胃腺  
幽門腺          

HIS

部位 胃小窩 胃表面上皮細胞 主細胞 頚粘液細胞
(副細胞)
壁細胞 幹細胞 内分泌細胞
噴門部 噴門腺 浅い  
胃体部 固有胃腺 中間
幽門部 幽門腺 深い  

胃腺の移動

  • 胃底腺幽門腺の境界は移動する。
  • 年齢に伴って上昇する?らしく、これにともない胃酸の分泌が低下する。

胃液のホルモンによる分泌調節

消化管ホルモン 分泌細胞 分泌調節(+) 分泌調節(-) 作用
ヒスタミン 腸クロム親和様細胞 アセチルコリン
ガストリン
  胃酸分泌
ソマトスタチン D細胞     胃酸分泌抑制
ガストリン G細胞   胃pH低下 胃酸分泌

生理

神経支配

  • 内在神経系
  • 1.粘膜下神経叢
  • 2.筋層間神経叢
  • 外来神経系
  • 1.交感神経系
T6,7の側柱→大内臓神経(節前線維)→腹腔神経叢(節後線維)→内在神経叢内でシナプス前抑制、一部直接作用
  • 2.副交感神経系
迷走神経(節前線維)→内在神経系(アセチルコリン作動性ニューロン(興奮性)、VIP,NO作動性ニューロン(抑制性))

役割

  • 1. タンパク質の消化
  • 2. 食物の貯蔵
  • 3. 殺菌

機能

  • 1. 食物貯蔵
受け入れ弛緩(胃近位部弛緩)
  • 2. 食物混和
蠕動運動、逆移送
  • 3. 糜粥排出

受け入れ弛緩

  • 迷走神経反射。胃近位部伸展受容器→迷走神経→脳幹→迷走神経

臨床関連






★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡