片側舞踏運動

出典: meddic

hemichorea


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 対側線条体にT1 強調画像高信号および穿通枝梗塞を認めた非糖尿病性片側舞踏病の1 例
  • 道傳 整,橋本 隆男
  • 脳卒中 35(6), 453-456, 2013
  • … なかった.舞踏運動はハロペリドール内服にて改善した.高血糖に線条体のT1 強調画像高信号を伴って片側舞踏病を生じる病態は糖尿病性片側舞踏病として知られているが,本症例は糖尿病非合併例で,片側舞踏運動の発現より遅れて対側被殻・放線冠のMRI信号変化が出現した.線条体のT1 強調画像高信号は外側レンズ核線条体動脈領域の不完全な虚血によって生じたと考えられ,高信号の程度とその大きさは舞踏運動 …
  • NAID 130004873594
  • 症例報告 初老期に片側舞踏運動で発症したもやもや病の1例
  • 金星 匡人,井上 学,小島 康祐 [他]
  • 臨床神経学 52(1), 25-29, 2012-01
  • NAID 40019173948
  • 初老期に片側舞踏運動で発症したもやもや病の1例
  • 金星 匡人,井上 学,小島 康祐,中川 朋一,神田 益太郎,柴崎 浩
  • 臨床神経学 52(1), 25-29, 2012
  • 症例は61歳女性である.右上下肢の舞踏運動が突然出現したため当院に入院した.頭部MRIで急性期病変はなかったが,脳血管造影で両側中大脳動脈起始部に高度狭窄をみとめ,同部位にもやもや血管をみとめた.ハロペリドール(0.75mg/日)内服で症状は軽快した.発症1カ月後の脳血流SPECTで左基底核に血流増加をみとめた.舞踏運動で発症するもやもや病は高齢者ではまれである.本症例では脳血流SPECTで患側基 …
  • NAID 130004505021

関連リンク

舞踏病は、唐突におこり、速く、不規則に繰り返す不随意運動を主体とする錐体外路系 の病気の一つで、不随意運動によって踊るような歩き方をするので舞踏病とよ ... 尾状核 の腫瘍または梗塞が原因で,急性一側性舞踏病(片側舞踏病)が生じることがある。

関連画像

ジャンプが成功するまでに、何 スパイラルシークエンスでは、その練習量は並み大抵では無い パーキンソン病と鍼灸 介護の日々。患者と共に戦う 僅か数ミリの片側エッジに全体


★リンクテーブル★
関連記事片側」「舞踏

片側」

  [★]

(n.)one side, (adj.)unilateral, (adj.) one-tailed
両側


舞踏」

  [★]

dance
ダンス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡