片倉元周

出典: meddic


関連リンク

世界大百科事典 第2版 片倉元周の用語解説 - 江戸後期の漢蘭折衷派医。相模国出身。字は深甫,鶴陵と号した。医を多紀元徳(藍渓),儒を井上金峨に学び江戸で開業,一時京都に上って賀川流産科を修めた。西洋産科鉗子使用の紹介 ...
黴癘新書 / 片倉元周 著 詳細は画像↑をクリックしてください(click here) タイトル 黴癘新書 / 片倉元周 著 バイライ シンショ bairai shinsho このタイトルで早稲田大学蔵書目録を検索 著者/作者 片倉 鶴陵, 1751-1822 カタクラ, カクリョウ

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡