爆創

出典: meddic


和文文献

  • 打ち上げ花火による手掌爆創の1例
  • 小坂 正明,磯貝 典孝,夏目 恵治,上石 弘
  • 熱傷 23(2), 119-122, 1997-06-15
  • NAID 10013854766

関連リンク

2 鼓膜の次にやられやすいのは肺である。肺胞-血管境界での圧格差の為、ここが破壊され 出血、肺挫傷(bihilar batterfly pattern)、気胸、血胸、気縦郭、皮下気腫を起す。 Air embolism で脳、脊髄損傷を起こすこともある。鎧を着ることで ...
爆発事故 重傷は後から来る! 爆創は国内の教科書で取り上げられることは皆無である.1980年,筆者がまだ研修医の頃,静岡駅前ゴールデン地下街で大規模なガス爆発事故があった.ビルの窓から降り落ちてきたガラスや道路に散乱する ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元損傷

損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡