熱帯性巨脾症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

非熱帯性特発性巨脾症の一症例 菅原 勇 東京大学医学部病理学教室 糸山 進次 東京大学医学部病理学教室 島峰 徹郎 東京大学医学部病理学教室 この論文にアクセスする J-STAGE CrossRef 著者 菅原 勇 東京大学医学部病理学教室 ...
脾腫 (巨脾症) 脾腫とは? 脾臓が腫大し、重量が正常値(80~120g)のほぼ2倍になる。 脾臓はリンパ組織及び網内系組織として生体内最大の臓器であり、血液の貯留・造血の調節・赤血球の破壊・感染防御作用などを有する

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「熱帯」「熱帯性

症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態

熱帯」

  [★]

tropical
熱帯性

熱帯性」

  [★]

tropical
熱帯




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡