熊本赤十字病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

目次

病院名

  • 熊本赤十字病院

url

理念

  • ◇基本理念「人道・博愛・奉仕の実践」人道・博愛・奉仕の精神をもって医療を実践します。◇理念に基づく基本方針1.救急医療 救急医療を医療の原点としてとらえ、最善の医療を提供します。2.高度医療 がん診療を中心に診療の専門性を高め、心の通い合う医療を実現します。3.教育研修 研修、研鑽を積み、次代を担う医療従事者の育成に努めます。4.地域連携 赤十字の輪を広げ、誰もが安心して暮らせる社会づくりに貢献します。5.医療連携 地球的視野で災禍を見つめ、積極的に医療救援活動に参加します。

住所

  • 861-8520 熊本市長嶺南二丁目1番1号

診療の特徴、実績

  • (主な施設認定)・救命救急センター・小児救急医療拠点病院・災害拠点病院(基幹災害医療センター)・DPC対象病院・がん診療拠点病院 当院の診療は救急医療に主軸をおき、1次-3次までの患者を24時間体制で受入れるER型救命救急センターとして年間約56,000人の患者を受入れている。 また、がん診療、移植医療などの高度な先端医療を提供し、平成20年2月にはがん診療連携拠点病院として指定を受けている。 さらに、基幹災害医療センターとして、大小規模災害に備え、本館屋上と外来駐車場の2か所に緊急用へリポートを整備、特殊医療救護車輌(手術室なみの医療機器、機械を装備)を整備するなど、県下の災害時の拠点病院として中心的な役割を担っている。 国際医療救援活動においても、国際医療救援部を設置し、医師、看護師をはじめ多くのスタッフを世界各国へ派遣するなど、積極的な活動を展開している。

電子カルテ

  • 有り

一日平均入院患者数

  • 440.0人

一日平均外来患者数

  • 1,156.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 11.0日/0.0日

年間分娩件数

  • 477件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 18件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/3回

当院の救急医療の特徴

  • 一次/二次/三次の機能をもつ24時間体制

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 全科

一日平均救急外来患者数

  • 155.6人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 17.6人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 159人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 6回

当直手当

  • 有り

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 4人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 2人

勤務体制

  • 患者数の多い準夜帯に重点を置いている。2年次と1年次がペアを組み、準夜帯(17時-24時)勤務。指導医として内科系1名、外科系1名、小児科系1名、ICU1名。その他にシフトにより勤務として救急専門医1名。救急研修時は昼間・夜間の二交代制勤務。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 救急部/奥本 克己「虎の穴にこないか!-救急とジェネラルをきわめるために- 」 臨床研修必須化の目的は「患者から逃げない医者をつくる」ことです。何科の医師になろうともまずはどんな患者も診る。そのうえで自分にできることを最大限やる。なおかつ自分の限界をしっかり見極め、遅滞なく他科の専門医に相談する。これが2年間の最大目標と考えます。 当院では年間約5万6000人の救急患者の初期診療から入院治療に積極的にかかわることで、その目標を達成することができると考えています。 熱いうちに打たれたいとお考えの「鉄」を求めます!

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 2年次初期研修医/日高 悠嗣 「初期研修するにはすごく良い病院だから、一度見学に来れば。」 大学時代の先輩方からのアドバイスで、当院の雰囲気を味わいに実習に訪れた学生時代。期待と緊張が入り混じった状態でERを実習した初日の最初の症例がCPAでした。あまりにも唐突で、ACLSを行っている光景を遠目に眺めるしかなかったのを今でもはっきりと覚えています。内科のカンファレンスでは、かすかに聞き覚えのあるような疾患名が平然と飛び交い、口が半開きのままぼんやり。外科の実習では、予定手術が終わったかと思えば即座に下部消化管穿孔の緊急オペが入室していました。 期待通りというか想像以上というか、自分が今まで経験したこともないような状況に対しても、当然と言わんばかりに診療を行っていた諸先生方を目の前にし、自分もここで初期研修をしたいという気持ちが次第に強くなっていました。 その後、晴れて当院での研修をスタートすることができ期待に胸膨らませていましたが、やはり理想と現実にはギャップがありました。研修開始した4月から、すぐに準夜台の救急1次外来を担当するのですが、そこでは自分の無力さをこれでもかという程に痛感させられました。学生時代にトレーニングしたはずである問診ですら緊張で危うい状況なのに、主訴から鑑別を考えながら、open-ended questionからclosed questionに質問の幅を絞っていくことなどできるはずもなく・・・。診察するのにも緊張で手も声も震える始末。病歴聴取から診察の流れが終われば、しどろもどろになりながら当直の上級医へプレゼンし、アセスメントとプランを発表。このような状況でも、上級医による優しく、時には厳しい指導の下で日々成長していくのを実感できました。 また当院では救急での初期対応だけでなく、診断から治療に至るまでの一連の過程を、実際に多数の受け持ち症例として経験することもでき、日々の業務においても一人ひとりの患者様の状態に頭を悩ませ、真摯に向き合い研鑽を積む環境が整っていると思います。最後になりましたが、当院では医師、看護師をはじめとした医療従事者だけでなく、事務、その他すべての職種の方々との風通しが良く、コミュニケーションを取りやすい職場環境であり、皆が笑顔でイキイキと仕事をしています。自分自身はまだまだ医師として未熟な所ばかりで、これからも今まで以上に研鑽を積む必要がありますが、当院での初期研修を選択したことは間違いでなかったと思っております。初期研修で救急とジェネラルをしっかりトレーニングしたいと思っている方には当院は最適の病院だと思いますので、一度実習に来て頂き、実際に現場の雰囲気を味わってください。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/06/25 10:19:28」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 熊本型脳卒中連携クリティカルパスを用いた当院の動脈瘤性くも膜下出血患者の予後と在宅復帰率の現状
  • 鈍的外傷による心室中隔穿孔に対して手術を行った一例

関連リンク

病院情報 当院の基本理念・方針や病院の概要、院長あいさつ、各種行事のご案内など。 施設紹介 院内のフロアマップや、総合救命救急センターなど、関連施設について。 救援活動 当院で行なっている国内外での医療救援活動 ...
日本赤十字社は、紛争・災害・病気などで苦しむ人を救うためあらゆる支援をしています。皆様の寄付・献血・ボランティアをお待ちしております。 ... 2013.03.29 東日本大震災義援金の受付期間再延長について(H26.3.... 2013.01.08 H24 ...

関連画像

 熊本赤十字病院 に来ています熊本赤十字病院熊本赤十字病院熊本 赤十字 病院 病院 熊本 県



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡