熊本市民病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 熊本市民病院

url

理念

  • 熊本市民病院は、健康を願う市民を支援するため市民と協力し、仁愛と奉仕の心を込めて最善の医療を行います。

住所

  • 〒862-8505 熊本市湖東1-1-60

診療の特徴、実績

  • 1.県内屈指の急性期型総合病院。各科の協力が得られ、それぞれの専門家からのアドバイスがあり、幅広い症例検討が可能です。(多くの救急症例をスタッフとともに経験、同時に高度な専門医療も経験できます。)2.救急センター(救急車受け入れ実績平成20年4005件)においてはさまざまな救急疾患の初期診断、治療を救急専任医師の指導のもとで、経験することが出来ます。 3.総合周産期母子医療(NICU、MFICU)の研修が出来ます。4.月1回の臨床病理検討会では徹底した症例分析を行います。 5.最も重要な内科研修では、(血液内科、代謝内科、腎臓科を1グループ)、(神経内科、呼吸器科を1グループ)、(消化器科を1グループとして)(循環器科を1グループとして)これらの科を2ヶ月間隔でローテートするため、より幅広い分野の 多彩な症例を経験できます。6.平成17年1月熊本県第1号のがん拠点病院指定を受け、今後がん診療の充実がなされます。7.感染症第1種病床を有し、法定伝染病、感染力の強い細菌、ウイルス疾患の予防対策、診断、治療を研修することが出来ます。

電子カルテ

  • オーダリングのみ

一日平均入院患者数

  • 443.7人

一日平均外来患者数

  • 1,001.4人

平均在院日数(一般/精神)

  • 15.2日/0.0日

年間分娩件数

  • 473件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 13件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/15回

当院の救急医療の特徴

  • 救急外来で取り扱う救急疾患は内因性疾患が約80%、外傷疾患20%です。救急外来は専任医師1名と研修医1-2名で、休日夜間勤務体制は病院全体で6名の医師(救急3名、ICU、新生児センター、産婦人科各1名)が当直して、それに見習として1年目研修医が(月2回)当直します。一次医療は小児も内科が担当しています。必要に応じて当番医師を呼び出し救急診療に当たるシステムが構築されています。午後11時以降は救急外来担当医師は2名になります。(研修医は2名-3名の医師の指導を受け研修当直をします。)

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 救急専任医と全科

一日平均救急外来患者数

  • 37.2人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 11.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 64人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 2回

当直手当

  • 有り(一年次月2回、二年次月3回、手当ては1回20000円)

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 6人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 一年次(見習い)当直は、24時まであとは待機(泊)。2年次はウォークイン担当で日直は午前9時より午後5時15分まで、当直は午後5時15分より午後11時まで。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 経験豊富で優秀な指導医がそろっており、満足度の高い研修が実施されています。当病院内で22-23ヶ月間研修、精神科(選択必修)研修は近くの精神病院にて1ヶ月間院外研修、2年目のいずれかの時期に地域、僻地医療研修(必修)として1ヶ月間山都町立蘇陽病院研修を予定しています。研修が終了した後は専門医を目指して後期研修制度(レジデント)があります。充実した後期研修プログラムのもとで更なる修練が可能です。当院は地域医療に根ざした救急医療に力をいれています。高度な医学的知識を目指す医師より、人間的で丁寧な医療を目指す医師(臨床医)の研修の場として最適と思います。 赴任されたら責任をもって指導、助言を行い、有意義で楽しい研修医生活が送れるように配慮します。 平成22年度募集より、厚生労働省基本研修カリキュラムを採用し、内科系は診療科4グループをローテートするため7ヶ月研修です。救急研修を3ヶ月必修(当院では1ヶ月間は麻酔科ICUへ出向)加えて麻酔科研修1ヶ月を必修とし、麻酔科は実質2ヶ月研修としました。また、外科は選択必修ですが、1年次全員に2ヶ月研修を組み込みました。研修2年次の11ヶ月間は当院各診療科を自由に選択研修が可能です。(担当:首席診療部長 外村洋一)

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  •  こんにちは、私は熊本市民病院で2年間卒後研修しました。私が市民病院を研修病院に選んだ理由は、見学に行った際の印象がよかったことと、全ての診療科が揃っていることでした。全ての診療科が揃う病院は県内では大学病院と市民病院しかありません。研修医になった時点では、将来専門とする科は全く決めておらず、2年間の研修で1番自分にあった科を選ぼうと思っていました。そして、2年目の選択期間の時期に1ヶ月ずつ、様々な科で研修させていただき、自分に1番あっていると感じた泌尿器科に入局しました。また、市民病院はほとんどの科において、疾患が偏ることはなく、診療科ごとの重要な疾患をまんべんなく経験できると思います。1年目の内科、外科ローテート中は夜遅くなり、きつかった時期もありましたが、時々先生方に食事に連れて行ってもらったり、同期でボーリング大会や飲み会をしたりして、お互い愚痴を言い合ったりしたのは、今となっては楽しい思い出です。研修医の数も同期8人とちょうどよかったと思います。夜間の救急当直については、最近大幅に改善がなされ、研修医の負担が少なくなりました。学生の時点で将来の進路を明確にしている方もおられると思いますが、多くの方は私同様、2年間の研修で決められると思います。そのような方に幅広く学ぶことのできる市民病院はお勧めできると思います。(2009年3月研修終了 佐藤 誠)

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/08/20 10:21:09」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 2016年熊本地震と熊本市民病院 : 産科医の立場から (注目のTopics 熊本地震時の周産期医療)
  • 熊本市民病院の医療機能停止時の対応 : 周産期を中心に (特集 熊本地震における看護) -- (急性期病院)
  • 看護 = Journal of the Japanese Nursing Association : 日本看護協会機関誌 68(15), 84-86, 2016-12
  • NAID 40021010729

関連リンク

862-8505 熊本県熊本市湖東1丁目1-60 TEL 096-365-1711 FAX 096-365-1712 熊本市民病院は、健康を願う市民を支援するため市民と協力し、仁愛と奉仕の心を込め て最善の医療を行います.

関連画像

医療関係の皆様へ市民病院の概要熊本市健軍2丁目の新築分譲  概要 熊本市立熊本市民病院.jpg


★リンクテーブル★
関連記事市民

市民」

  [★]

citizencivil
一般人国民




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡