焼痂

出典: meddic

しょうか
eschar



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 注目の領域 重症熱傷に対する治療戦略--早期手術とスキンバンクの役割
  • 仲沢 弘明
  • 医学のあゆみ 238(12), 1143-1149, 2011-09-17
  • NAID 40018984501
  • 早期切除術と同種植皮術 (特集 熱傷治療ガイド2010) -- (局所療法)
  • 焼痂切開 (特集 アトラス ベッドサイド処置) -- (7 軟部組織・運動器系に対する手技)
  • 東 孝次,池内 尚司,吉岡 敏治
  • 救急医学 24(10), 1444-1447, 2000-09
  • NAID 40004148974

関連リンク

熱傷創の伸展不良に起因する胸郭運動制限や末梢循環障害に対して,熱傷皮膚(焼痂)を切開して圧迫を解除する方法。Ⅲ度や深達性Ⅱ度の熱傷では,焼痂となった皮膚は伸展性を失い硬くなる。このため,胸部から上腹部にかけての ...
[3位] 焼痂 [4位] 肝動脈塞栓術(TAE) [5位] 熱傷 [6位] 脳圧亢進 [7位] へム合成経路 [8位] 中鼻甲介 [9位] 小脳テント [10位] 手舟状骨骨折 この言葉が収録されている辞典 標準治療 約570の病気の情報 (症状、診断方法、標準的 な治療 ] ...

関連画像

画像 011画像 009画像 007図6 43歳、女性、日光黒子図4 炭酸ガスレーザーによる 画像 011


★リンクテーブル★
リンク元eschar

eschar」

  [★] 焼痂

WordNet   license wordnet

「a dry scab formed on the skin following a burn or cauterization of the skin」




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡