焼灼止血法

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2012/11/14 07:19:34」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

焼灼止血法(しょうしゃくしけつほう)とは出血面を焼くことで蛋白質の熱凝固作用によって止血する方法である。英語ではCauterizationと言う。 近代以前に、四肢切断などの重傷の場合に有効な止血法として世界各地で用いられた。
25歳以上のビジネスマンを応援&サポートする『R25』が焼灼止血法をズバリ解説。R25ならではのわかりやすい焼灼止血法解説の他、焼灼止血法関連情報や焼灼止血法関連コラムも充実。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事止血」「焼灼」「」「止血法

止血」

  [★]

hemostasis
  • 血管が損傷した場所にplatelet plugを作る
plate plugを強固にするために、凝固カスケードを働かせて血栓を作る



焼灼」

  [★]

しょうしゃく
ablationcauterycauterizationcauterize
消失切除切断麻痺アブレーション焼灼術焼灼法


法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


止血法」

  [★]

hemostasis
止血機序





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡