焼津市立総合病院

出典: meddic


ご注意下さい。最新の情報ではありません。
誤った情報がございましたらメールにてご連絡下さい。

病院名

  • 焼津市立総合病院

url

理念

  • 地域の信頼に応えるためにより良い医療の提供を行います。地域に根ざした自治体病院としての基本方針1.患者様や家族の方の意志と権利を尊重し、信頼される最良の医療サービスを提供します。 2.地域の基幹病院として、常に医療水準の向上を目指し、高度・先進医療を積極的に取り入れ、地域の皆様に適正な医療を提供します。 3.安心して治療に専念できるよう快適で人にやさしい医療環境の提供を目指します。 4.患者様の個人情報とプライバシーの保護に努めます。 5.地域の医療機関との連携を進め、連携機能と機能分担を明確にし、地域医療の向上に努めます。 6.医療の質、患者様へのサービスをさらに向上させるために、弛みない研究と幅広い教育・研修に励みます。 7.全職員の経営への参画意識を高め、職員が一体となり病院経営の健全化に努め、また、働きやすい環境、業務体制を確立します。

住所

  • 〒425-8505 焼津市道原1000番地

診療の特徴、実績

  • 焼津市及び周辺の診療圏人口15万人の地域における唯一の基幹病院として、また近隣4市のうちの唯一の地域母子周産期医療センターとして重要な役割を担っております。中でも特に、第二次救急医療機関として、救急医療に重点を置いております。

電子カルテ

  • 無し

一日平均入院患者数

  • 391.0人

一日平均外来患者数

  • 1,041.0人

平均在院日数(一般/精神)

  • 14.8日/0.0日

年間分娩件数

  • 632件(平成21年1月-21年12月実績)

年間剖検件数

  • 13件(平成21年1月-21年12月実績)

年間臨床病理研究会(CPC)の実施状況

  • 回数/4回

当院の救急医療の特徴

  • 当院での初期臨床研修の特徴は静岡県内でもトップクラスの豊富な救急症例を経験できることです。症例の内容はいわゆる common diseaseから真に救急チームを必要とする重症症例まで様々であり、数多い救急症例の中からインテンシブケアーを要する症例を見抜く力を養うことができます。救急での研修医のバックアップ体制は万全で、内科系・外科系・小児科の当直医が研修医の指導に当たります。また、パラメディカルスタッフの救急支援体制も万全で、救急に必要なCT, MRI などあらゆる放射線検査の緊急呼び出し体制が整えられています。当院のもう一つの特徴は1年目の研修医には深夜の救急診療をさせないことです。その目的は指導医の揃っている日勤帯に全力で研修を行えるようにすることで、これにより、より有効な研修と判断ミス、うっかり事故の削減を図り安全で充実した研修生活を送るように配慮しています。

救急専用診療室の有無

  • 有り

救急医療を行う診療科

  • 内科/外科/小児科

一日平均救急外来患者数

  • 51.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

一日平均救急車搬送患者数

  • 10.0人(平成21年1月-平成21年12月実績・1日平均)

年間心肺停止状態搬送患者数

  • 214人(平成21年1月-平成21年12月実績)

当直回数(月平均)

  • 3回

当直手当

  • 有り(1回につき35,000円(2年次のみ))

当直時の勤務体制(研修医以外の当直医数)

  • 3人

当直時の勤務体制(当直研修医数)

  • 1人

勤務体制

  • 日直は8時30分から17時15分まで、当直は17時15分から翌8時30分まで(1年次は22時30分まで)行う。

公的年金保険

  • 有り

国家・地方公務員災害補償法の適応

  • 有り

労働災害補償保険

  • 無し

医師賠償責任保険の扱い

  • 有り

個人加入

  • 有り

指導医から一言

  • 当院での初期臨床研修の目的は、初期診療技能の獲得にあります。将来、いずれの専門科を選択しようとも困ることのない技能を、病棟診療、救急診療、そして年間計画に基いた講義・実習を通して養います。人口15万人の地域で1次、2次救急をカバーする地域基幹病院であるからこそ、バランスの取れた症例の経験が可能です。また、当院では、多忙な指導医、先輩医師だけが指導者ではありません。院内の様々な業種のコメディカルスタッフが病棟や救急室の診療のみならず、研修医を育てるために講義・実習に参加、協力しています。当院のホームページをご覧の上、見学においで下さい。

先輩研修医からの病院紹介と、この病院を選んだ理由

  • 当院の初期研修の特徴は何と言っても救急外来診療にあると思います。ファーストタッチはすべて研修医が行うため、多岐にわたる疾患をみることができます。また、指導医のフォローもしっかりしており、診療しながら疾患に対する知識も得ることができ、多数の手技を行うことができます。病棟診療においても同様で、内科ローテーションでは偏りのなく豊富な症例を経験でき、また、外科では、研修医も術者として手術に参加する機会がたびたびあります。指導体制もしっかりしており、この病院を選択して非常に良かったと思います。 どの科を回っても自分のペースで仕事ができることも特徴です。他の病院の研修医と比べ、雑用が極端に少なく、日常診療に関する勉強や、自分の積極性次第では手技等をたくさん学ぶことができます。また、私がこの病院を選んだ理由の一つとして、病院全体の雰囲気があります。病院全体が明るく、コメディカルとの関係も非常に良いと思います。私は、病院のサッカーチームに所属しており、大会などにも参加させて頂いています。病院外の活動も積極的に参加できる点などもこの病院の良い点の一つであると思います。

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/06/02 14:33:19」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • PS-193-5 外科的胃瘻造設における合併症,予後の検討(PS-193 ポスターセッション(193)胃:良性,第111回日本外科学会定期学術集会)
  • 神谷 千明,舘川 裕一,山口 教宗,近藤 良一,高橋 剛史,高橋 雄,大谷 研介,田中 敏明,石原 行雄,高林 直記,小林 亮,平松 毅幸
  • 日本外科学会雑誌 112(臨時増刊号_1・2), 841, 2011-05-25
  • NAID 110008685660

関連リンク

焼津市立総合病院のホームページです。静岡県焼津市.
焼津市立総合病院のホームページです。静岡県焼津市.

関連画像

焼津市本町五丁目6番1号 焼津 焼津市立総合病院2000年代に起きた医療事故 焼津市立総合病院にて♪ 焼津


★リンクテーブル★
関連記事総合

総合」

  [★]

comprehensiveoverall
全体全体的包括的全体的に見て網羅的




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡