無菌性化膿

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 限局性の無菌性皮下脂肪織炎を併発した若年性無菌性肉芽腫性皮膚炎の犬の1例
  • 所謂漿液性髄膜炎の統計的観察,殊にその年齢的差異及び無菌性化膿性髄膜炎との異同に就いて

関連リンク

いつでも愛犬愛猫が元気にいてほしいからここからコラム「ペットライフ」をお届けします ... 犬の無菌性化膿性肉芽腫/肉芽腫症候群の治療としてのテトラサイクリンとナイアシンアミド
【ベストアンサー】普通は無菌性が多いです。化膿性はめったにありませんが、その場合は非常に危険です。 補足について おそらくですが、菌の培養が確定されるまで1週間程度かかるため ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事無菌」「無菌性」「化膿

無菌」

  [★]

sterilitysterileasepticgerm-free
生殖不能繁殖不能不妊不稔性無菌性無菌的不稔防腐不毛

無菌性」

  [★]

sterilityaseptic
生殖不能繁殖不能不妊不稔性無菌無菌的防腐

化膿」

  [★]

purulence, suppuration
purulenta
化膿性炎 purulent inflammation




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡