無痛性横痃

出典: meddic


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 梅毒--診断のポイントと盲点 (特大号 すべての医師に必要な皮膚科知識) -- (常に盲点として考えておくべき疾患)
  • 山内 渉,照井 正
  • 診断と治療 95(9), 1597-1601, 2007-09
  • NAID 40015635356

関連リンク

世界大百科事典 第2版 - 無痛性横痃の用語解説 - 潰瘍の表面をこすって刺激したあとに出てくる分泌液には多数の梅毒トレポネマが含まれていて,梅毒の感染源となる。硬いしこりの発生後1~2週間経過すると,鼠径部リンパ節が痛みも ...
よこね【bubo】 性病に感染したために鼠径部(そけいぶ)リンパ節がはれることをいう。便毒,横痃(おうげん)ともいう。無痛性のよこねは梅毒によるもので,感染3週以降外陰部の硬性下疳に引き続いて発生する。有痛性のよこねは ...
やがて、鼠径部[そけいぶ]リンパ節[せつ]が痛みもないまま大きく腫れてきます。これを無痛性横痃[むつうせいおうげん]といいます。 しながら、血管やリンパ管を通過して全身に広がり、皮膚や粘膜にいろいろの症状が出没して第1 に ...

関連画像

ばら 疹 3 期 感染 から 3 年 10


★リンクテーブル★
リンク元梅毒
関連記事無痛」「横痃

梅毒」

  [★]

syphilis
ワッセルマン反応
  • first aid step1 2006 p.145,163,173

定義


症状

検査




無痛」

  [★]

analgesiaanalgesic
鎮痛鎮痛性鎮痛薬鎮痛剤痛覚消失

横痃」

  [★]

おうげん
bubo
よこね





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡